ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ライアン・レイノルズ、「『グリーン・ランタン』に出ていなければ、愚か者になっていた」
  • 映画『散歩する侵略者』黒沢清監督&前川知大(イキウメ)が語る「恐怖と笑いのさじ加減」
  • 映画館にひとりも観客が来なかったら上映するの? 映画館に聞いてみた
  • 【今週のDVD&BD】『猿の惑星』『ジャージー・ボーイズ』から戦慄の実話ホラーまで大充実!
  • 声の演技でも圧倒!堺雅人の狂人ぶりを松山ケンイチや声優陣も大絶賛! 今石洋之×中島かずき新作アニメ映画『プロメア』AJ2019トークレポ
  • 【閲覧注意】クモ嫌いにクモを与え続けるドS実験ホラー映画『ラプチャー 破裂』[ホラー通信]
  • ディズニーとピクサーによる映画『Cars 3(原題)』、初トレーラーを公開
  • 『ファインディング・ニモ』続編の予告編を公開、ドリーが家族を探す物語に
  • 独占:『インクレディブル・ファミリー』家事と子育てに悪戦苦闘! ボブ(Mr.インクレディブル)特典映像
  • ジャレッド・レトー、マルティン・サンフィリート監督のアクションスリラー映画『The Outsider(原題)』に主演
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『トイ・ストーリー4(原題)』がまさかの製作決定! ピクサーはこれ以上どんなストーリーを描くと言うんだ!
  • アクセル全開フルスピード!  この夏の暑さを吹き飛ばす車映画4選
  • 『ジグソウ:ソウ・レガシー』 ホラー映画界新鋭・スピエリッグ兄弟が語る映画制作の原点とは?[ホラー通信]
  • 映画『デッドプール』続編、ドミノが登場するファースト・ルックをライアン・レイノルズが公開
  • 『RANMARU 神の舌を持つ男』向井理・木村文乃・佐藤二朗インタビュー「無謀で無茶ぶりまさかの映画化」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FRUiTSの別冊 新世代ファッション×カルチャーマガジン「NIL」の2号目が発売

昨年10月にストリート編集室から新発刊され話題を呼んだ新世代ファッション&カルチャーマガジン「NIL」の最新号が、4月16日(月)より全国の書店および各オンラインショップにて発売!

本誌は、次世代のヒーロー・ヒロインになることを予感させてくれる表現者たちとストリートで輝く若者が主役の雑誌。雑誌名の「ニル」=ゼロの意。今はまだ有名ではなくても、夢や目標に向かって一歩踏み出し、100にも1000にもなる可能性を秘めている。そんな彼らのパーソナルや活動を掘り下げ、誰かの一歩目を踏み出す勇気になればという思いが込められている。

2号目となる今号のテーマは「私だけの教科書」。巻頭は音楽シーンに大きなインパクトを与えているミクスチャーバンド・King Gnuをはじめ、仁村紗和(女優)、大下ヒロト(俳優)、Rei(シンガーソングライター)、山田葵(ダンサー)、清水文太(スタイリスト)、塩塚モエカ(ミュージシャン/羊文学)、森田想(女優)が登場し、“自分だけの教科書”となった人やモノを紹介。それぞれのシーンで唯一無二の存在感を放つ彼らが活動する上で力をもらえるものとは? 本誌でしか見られないスペシャルな対談もお見逃しなく。その他、職種や知名度に縛られず、それぞれのフィールドで活動するジャンルレスなヒーロー・ヒロインを一冊にまとめて紹介。

また、本誌のコンセプトに共感したナプラ社とのコラボレーション企画として、SHIBUYA TSUTAYAをはじめとするTSUTAYA 4店舗限定で人気のヘアスタイリング剤「N. ナチュラルバーム」の現品が付いてくるスペシャル版も販売される。

新世代ファッション×カルチャーマガジン「NIL」をチェックしよう!

■STREET 5月号 別冊「NIL」002
発売日:2018年4月16日(月)
発行:ASOBISYSTEM
出版:ストリート編集室
通常盤:680円(税込)
TSUTAYA限定店舗スペシャル版:880円(税込)N. ナチュラルバーム(18g)付き
販売店舗:TSUTAYA(SHIBUYA/横浜みなとみらい店/EBISUBASHI/天神駅前福岡ビル店)

NIL Official Website
http://nil-mag.com

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。