ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ゴジラとキングコングが共演する新作『Godzilla vs. Kong(原題)』が2020年に公開
  • Netflix、ジョン・ウェルズのプロデュースでパナマ文書を映画化へ
  • 40年前、映画『スター・ウォーズ』がはるか彼方の銀河系で生まれた
  • 【動画】映画『LOGAN/ローガン』、ローラ役を演じたダフネ・キーンのオーディション映像を公開
  • 【動画】死者の国を舞台とするピクサー最新映画『リメンバー・ミー』、新トレーラーが公開
  • ジョニデが“ちょびヒゲ”のインチキ美術商に 『チャーリー・モルデカイ』の日本版予告&ポスター解禁
  • ハリウッド版『君の名は。』監督に『(500)日のサマー』『アメスパ』のマーク・ウェブが決定
  • 映画『13日の金曜日』のリブート版、パラマウントが製作を断念
  • アカデミー賞受賞監督は定番パニックものをどう魅せるのか? 感染パニックホラー『ザ・ベイ』予告編解禁
  • 『ミッション:インポッシブル』、6作目の公開は2018年夏に決定
  • 平成の終焉とともにアベンジャーズが完結……! 最後の希望を託された“キャプテン・マーベル”とは
  • 解離性同一性障害ストリッパー役で渾身の演技! 『フランキー&アリス』主演ハル・ベリーの力の入れようがハンパない
  • 『バイオハザードIV』夫婦映画は駄作に終わるジンクスを完全打破! 4作目にして超絶好調!!
  • 大ヒット中の『アクアマン』日本語吹替声優・安元洋貴&田中理恵に聞く! 「印象的なシーン」「好きな海洋生物」
  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、続編はないことが明らかに
  • 【生放送予告】映画『新宿スワン』公開直前放送! 見所から“夜のスカウト事情”までまったりトーク

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

くしゃみが出そうな3秒前、あなたならどうする!?その行為はマナー違反かも!

鼻がむずがゆくてヒクヒクっとした瞬間。まさにくしゃみが出る直前にこそ、その人の細やかな心配りが表れる。俗にいう、“くしゃみエチケット”だ。花粉症シーズンだから仕方ないとはいえ、ところかまわず出てしまうくしゃみに対して、どんな注意をすべきだろうか。

「手で受け止める」、じつははた迷惑!?その理由とは

くしゃみが出そうなとき、たいていの人は手で受け止めるはずだ。反射的に両手を口の前に持ってきてしまう。だが、これ、エチケットとしては正しくない。なぜなら、くしゃみを受け止めた手には飛沫感染の病原体がべったり付いたまま。その状態でドアノブやパソコン、つり革などに触れてしまうと、病原体があちこちに移ってしまう。つまり、手で受け止めるのは好ましくない行為なのだ。

ハンカチやティッシュは非効率

こう指摘すると「いやいや、ハンカチかティッシュで受け止めればいいでしょ」という声が聞こえてきそうだが、じつはあまり現実的ではない。というのも、ポケットやカバンの中から“それら”を取り出そうとする間に、大半の人はくしゃみの衝動を抑えきれないからだ。

運よく取り出せればいいが、十中八九、失敗する。探し物に手を取られているので、口を覆うものがない分、そのままくしゃみをしてしまって周りから顰蹙(ひんしゅく)を買う可能性が高い。

効果的かつ実用的な受け止めは「袖」だった

では、いったいどうすればいいのか?最近の流れだと、服の「袖」でくしゃみを受け止めるのがエチケットになりつつある。昨年末には、厚生労働省が飛沫感染の予防啓蒙策として人気漫画『進撃の巨人』とコラボ。「進撃の咳エチケット」なるリーフレットを作成してSNSなどで情報発信している。少し前までは服の袖で受け止めるのは、「汚い」「カッコ悪い」避けられてきたが、いまではエチケットとして推奨されているのだ。

絵面は微妙でも、それを主流にしていけるのか?

心とからだの健康 2010-09-15 発売号
Fujisan.co.jpより

とはいえ、この“袖エチケット”。はたして受け入れられるだろうか。すごく感覚的な話になってしまうが、袖でくしゃみを受け止める行為自体があまり美しくない。鼻水や唾など汚いものが袖にこびりつくイメージもあって、生理的に受け入れ難いのではないか。それならいっそ手で受け止めてしまったときはアルコール除菌する、万が一、袖で受け止めてしまっても、それはエチケットとして“あり”と呼びかけたほうがいい。

まずは「袖でくしゃみを受け止めよう」と推奨するより、「袖でくしゃみを受け止めるのは汚くない」とイメージアップの向上に努めたほうがいい気がするのは自分だけだろうか。

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。