ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3ヶ月の赤ちゃんの生活リズムを整えたい!生活にメリハリをつけてみた

f:id:akasuguope01:20180214112817j:plain

生後3ヶ月というと、少しずつ育児にも慣れてきたお母さんも多いと思います。私も余裕が出てきた頃だったのですが、それはまとまった睡眠時間が確保できるようになってきたからでした。授乳間隔が3〜4時間になり、生活リズムができていたことがその大きな要因です。 関連記事:生後5ヶ月から始まった夜泣き。生活リズムを整えたら改善された!

息子の場合は、2ヶ月の後半には夕方お風呂に入った後はぐっすりまとめて寝てくれる日が多くなり、夜中に授乳のために起こさなければならないほどでした。夜寝ている間の授乳間隔は6時間で、空きすぎているのではないかと心配もありましたが、それでも体重が順調に増えていたので問題はなかったようです。

まとめて寝てくれる日が増えてはいましたが、まだすんなり寝てくれなかったり、何度か起きて泣く日もあったので、さらに生活リズムを整えようと決めました。

具体的に何をしていたかというと、本当に単純なことですが決まった時間に授乳、入浴をすることと、なるべく毎日昼間に外出することです。近所のスーパーへ買い物に行ったり公園まで散歩したり、短い時は15分ほどでしたがとにかく昼間は活動する時間だよ、という気持ちで接していました。

これも当たり前のことでしょうが昼間の機嫌の良い時間帯には手遊びをしたり、物をつかめるようになってきていたのでおもちゃを手元に持って行ってつかませたり、うつぶせの練習をしたりと体を動かして疲れさせるようにもしました。

いつしかケタケタと声を立てて笑ってくれるようになったので、それまでよりも時間が経つのが早く感じたものです。

あとは細かいことですが夕方のお風呂から上がったら、照明を落とした部屋で保湿や着替えなどの支度をし、そのまま授乳をして寝かせるようにしていました。その時も「もう夜だね。お部屋も暗くなったから、ねんねしようね」などと話しかけるよう心がけました。

この夜の雰囲気を作るというのは簡単ですが効果が高かったように感じます。その甲斐あってか夜に自ら起きるということは7ヶ月になる頃までほとんどなくなり、とても助かりました。 関連記事:ようやく育児が軌道に乗り始めた。生後3ヶ月の赤ちゃんはこんな感じでした

私は本当にズボラな性格で、出産前は休みの日は家から一歩も出ないなんていうことも多かったのですが、「夜に一人でゆっくりする時間が欲しい!」という切実な願いのため、頑張って乗り切ることができたと思います。

そしてお昼まで寝られるだけ寝ていた私の生活リズムを整えてくれた息子には、感謝しなければなりませんね。

f:id:akasuguope01:20180214112156j:plain

著者:minsan

年齢:30歳

子どもの年齢:9ヶ月

専業主婦なのにとってもズボラな一児の母、minsanです。週休1日でも家事を一緒にしてくれる働き者で優しい主人と、わんぱくでよく笑うまるで天使のような長男とわいわい暮らしております。基本的にはワンオペ育児な毎日を送っておりますが、ダラダラのんびりマイペースに子育て中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

男の子の年子育児。大変だけど、それ以上にうれしさや楽しさでいっぱい!
5年間通った保育園を終えた今、生まれた時からのことが走馬灯のように… by tomekko
なんにでも使えるバスタオル。背中スイッチもバスタオルおくるみで解決!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。