体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本再登場が囁かれるトヨタ RAV4の新型も登場!!【ニューヨークモーターショー2018】

日本再登場が囁かれるトヨタ RAV4の新型も登場!!【ニューヨークモーターショー2018】 ▲2018年3月28日から4月8日まで、ニューヨークのジェイコブ・ジャビッツ・コンベンションセンターで開催された、正式名称ニューヨーク国際オートショー2018。注目のモデルを紹介していく。

▲2018年3月28日から4月8日まで、ニューヨークのジェイコブ・ジャビッツ・コンベンションセンターで開催された、正式名称ニューヨーク国際オートショー2018。注目のモデルを紹介していく。

ニューヨークモーターショー2018の注目車を紹介

ニューヨークモーターショーの特徴は、プレスカンファレンスにセレブが集結し、メーカーのおエライさんとあいさつをしながら会食したあと、三々五々に散っていくという、そのスタイルだ。

わりとショー会場はゆったりしていて、じっくり車が見られるところが大きなポイント。今回は、日本車、米国車、欧州車とも粒が揃っていたので、一挙紹介していく。

▲日本国内のラインナップからは外れているものの、米国では最量販SUVになっているトヨタ RAV4がワールドプレミアされた。日本国内では2019年春に復活する予定というから楽しみだ。TNGA思想に基づく新規プラットフォームの採用や、2.5Lハイブリッドが設定されるなど、注目のポイントも多い

▲日本国内のラインナップからは外れているものの、米国では最量販SUVになっているトヨタ RAV4がワールドプレミアされた。日本国内では2019年春に復活する予定というから楽しみだ。TNGA思想に基づく新規プラットフォームの採用や、2.5Lハイブリッドが設定されるなど、注目のポイントも多い

▲新型オーリスの北米版ともいえるカローラハッチバックが、ショー開催直前にデビューした。TNGAに基づいた新機軸が採用されている。搭載される2L直噴エンジンは、新開発のM20A-FKSとなり、これに新開発の6速MTが組み合わされる。トヨタセーフティセンスはバージョンアップされ、北米では初採用となる

▲新型オーリスの北米版ともいえるカローラハッチバックが、ショー開催直前にデビューした。TNGAに基づいた新機軸が採用されている。搭載される2L直噴エンジンは、新開発のM20A-FKSとなり、これに新開発の6速MTが組み合わされる。トヨタセーフティセンスはバージョンアップされ、北米では初採用となる

▲日産の北米での稼ぎ頭の1台といってもいい、ミドルサイズセダンのアルティマがフルモデルチェンジを果たした。マキシマにも通じるスポーティなエクステリアは、サイドを走る彫りの深いプレスラインが特徴的。日産が本気で取り組んだ可変圧縮比ターボ2Lエンジンと、新型2.5Lエンジンが設定される

▲日産の北米での稼ぎ頭の1台といってもいい、ミドルサイズセダンのアルティマがフルモデルチェンジを果たした。マキシマにも通じるスポーティなエクステリアは、サイドを走る彫りの深いプレスラインが特徴的。日産が本気で取り組んだ可変圧縮比ターボ2Lエンジンと、新型2.5Lエンジンが設定される

▲2018年1月のデトロイトショーでプロトタイプが発表された、新型ホンダ インサイト。市販モデルがここニューヨークでお披露目された。1.5Lアトキンソンサイクルエンジンをベースにした、第3世代の2モーターハイブリッドシステムを採用。システムトータルの最高出力は、151psを発生している

▲2018年1月のデトロイトショーでプロトタイプが発表された、新型ホンダ インサイト。市販モデルがここニューヨークでお披露目された。1.5Lアトキンソンサイクルエンジンをベースにした、第3世代の2モーターハイブリッドシステムを採用。システムトータルの最高出力は、151psを発生している

▲インサイト同様デトロイトでプロトタイプが発表された、アキュラのクロスオーバーSUV、RDXも市販モデルが披露された。アキュラの方向性を位置づけた、プレシジョンコンセプトのトレンドをフルに採用したモデルの第1弾となるモデルで、内外装ともに日本車離れした部分が目立っていた。2Lターボと10速ATの組み合わせ

▲インサイト同様デトロイトでプロトタイプが発表された、アキュラのクロスオーバーSUV、RDXも市販モデルが披露された。アキュラの方向性を位置づけた、プレシジョンコンセプトのトレンドをフルに採用したモデルの第1弾となるモデルで、内外装ともに日本車離れした部分が目立っていた。2Lターボと10速ATの組み合わせ

▲事前の予告どおり、スバル フォレスターの次期モデルが世界初公開された。スバル初となる乗員認識技術、ドライバーモニタリングシステムや、スバルグローバルプラットフォームの採用など、安全性能の向上が図られている。搭載エンジンは新開発の2.5L水平対向4気筒で、4WDシステムも強化された
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。