ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おしゃれな「波佐見焼」が買えるお店10選!可愛いうつわを探しに行こう♪【長崎】

おしゃれな「波佐見焼」が買えるお店10選!可愛いうつわを探しに行こう♪【長崎】

おしゃれなカフェで使われていたり、雑貨店で取り扱いされていたりと、人気の波佐見焼。のんびりとした時間が流れる波佐見で、かわいいうつわを探してみませんか?

記事配信:じゃらんニュース

波佐見焼って?

波佐見焼(はさみやき)とは、長崎県東彼杵郡波佐見町で焼かれる磁器のことです。

約400年前、庶民のうつわとして誕生した波佐見焼は、長い歴史の流れの中で独自の伝統美を培ってきました。

今、波佐見焼はおしゃれでかわいい普段使いのうつわとして、とても人気なのです!

おしゃれな波佐見焼が買えるお店

波佐見焼は、それぞれに個性的なデザインも魅力のひとつです。町内には、気軽に立ち寄れるお店が多いから、波佐見の町をめぐって、お気に入りを探しましょう!

【マルヒロ直営店】

人気の「HASAMI」シリーズが勢揃い!ここでしか手に入らない限定カラーも♪

マルヒロ直営店「HASAMI」season1シリーズのブロックマグ/1,500円(税抜)

おしゃれな空間と個性あるうつわ。

オープン当初から話題を呼び、波佐見の人気スポットのひとつになっているお店です。

お店の中に足を踏み入れると、マグカップなどがびっしりと積まれた床に目を奪われます。これは波佐見焼の廃品やB品を再利用してつくられたもの。うつわにセメントをつめたブロック25,000ピース以上を積み重ねた風景は圧巻です!

そんなフロアに所せましと並ぶのは、たくさんのマルヒロの商品。

シンプルで機能的な「HASAMI」シリーズや、ユニークなアイデアが光る「BARBAR」、和のテイストをモチーフにした「ものはら」など、マルヒロが展開する波佐見焼の全ブランドが揃っています。

「波佐見有田IC」からすぐというロケーションなので、波佐見めぐりの行き帰りにぜひ寄っておきたいスポットです。マルヒロ直営店入口前の大きなカップと、たくさんのうつわを積み重ねた床が印象的!マルヒロ直営店「BARBAR」蕎麦猪口大事典シリーズのそばちょこ/1,000円~(税抜)マルヒロ直営店「HASAMI」「BARBAR」「ものはら」など、マルヒロの人気シリーズが揃います マルヒロ直営店

住所/佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙775-7

営業時間/10:00~17:00

定休日/水曜、第3土、日曜

アクセス/車:西九州自動車道「波佐見有田IC」から約1分

電車:JR「有田駅」から車で約15分

駐車場/あり(無料駐車場8台)

「マルヒロ直営店」の詳細はこちら

【南創庫】

人気スポット「西の原」にあるお店。切り絵付け体験も挑戦できますよ♪

南創庫「The Porcelains」めでたい箸置きシリーズ(だるま、富士、竹、サーモンなど)/600円(税別)

波佐見焼の製陶所跡を再利用した「西の原」。

約1,500坪の敷地に、カフェや生活雑貨屋、グローサリーショップなど、おしゃれなお店が集まっています。

「南創庫」は、その一角にある波佐見焼のセレクトショップです。

元は製陶所の出荷事務所として使われていた倉庫を改装したこのお店。

落ち着きのある店内には、西海陶器の6つのオリジナルブランドを展示・販売しています。

どれもちょっとした遊び心のあるデザインのうつわや、手作業ならではのあたたかみを感じるうつわです。

また、お皿に転写紙を自分好みに切り貼りして、オリジナルの絵付けができる「切り絵付け体験」も開催中。

波佐見を訪れた記念に、ぜひ挑戦してみましょう!(事前予約制)南創庫「essence torsoシリーズ」のしょうゆさし80ml(左)/1,200円(税別)、しょうゆさし160ml(右)/1,400円(税別)南創庫西海陶器のオリジナルブランド「essence」などのうつわが並びます 南創庫

住所/東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4

営業時間/11:00~18:00

定休日/水曜

アクセス/車:西九州自動車道「波佐見有田IC」から5分、「嬉野IC」から15分

電車:JR「有田駅」から車で約15分

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy