ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仮面女子・立花あんながDIYに挑戦! コーヒードリップスタンドを作ってみた

人気地下アイドルグループ「仮面女子」の立花あんながDIYに挑戦!

人気地下アイドルグループ「仮面女子」のメンバーが毎回登場し、賃貸物件でも楽しめるDIYにガチンコで挑戦する本企画。無事完成させることができるのか!?

今回は立花あんなさんがDIYに挑戦! 朝はおいしいコーヒーを飲んで目を覚ましたい、休日はゆったりとしたコーヒータイムを楽しみたい、なんて人はぜひチャレンジを。
今回のDIYの挑戦者 立花あんなさん|仮面女子・立花あんながDIYに挑戦! コーヒードリップスタンドを作ってみた

今回のDIYの挑戦者 立花あんなさん立花あんなさんが所属する仮面女子

立花あんなさんが所属する仮面女子

ホッケーマスクをかぶったアイドル集団。インディーズ女性アイドルとして日本初のオリコン1位、さいたまスーパーアリーナ単独ライブ15,000人動員を達成。名実ともに「最強の地下アイドル」として注目を集めている。
web:http://www.alice-project.biz/kamenjoshi/jp立花あんながコーヒードリップスタンド作りにチャレンジ!

今回は、賃貸物件の小さなキッチンでも場所を取らないコンパクトなコーヒードリップスタンド作りに挑戦! 金属パイプを使うことで洗練された雰囲気に仕上げる。

「ダボ継ぎ」というテクニックで頑丈かつきれいに接合する方法も要チェック! ちなみに所要時間は約150分だ。
狭いキッチンでも場所を取らないコンパクトサイズがうれしい! コーヒードリップスタンド

狭いキッチンでも場所を取らないコンパクトサイズがうれしい! コーヒードリップスタンド材料

・SPF材(幅:140mm×厚さ:19mm×長さ:890mm)=1枚
・金属パイプ(500mm)=1本

【材料選びのポイント】
木材は、正面・横から見てまっすぐなものを選ぶとより仕上がりがきれいになる。ねじや釘の長さは、取り付ける木材の長さ+20mm程度を目安に選ぼう。道具

・のこぎり
・とんかち
・電動のこぎり
・電動ドライバー
・電動ジグソー
・電動やすり
・パイプカッター
・ダボマーカー
・蜜蝋ワックス
・タオル
・木ダボ(30mm)
・ステンシルシート
・木工用ボンド
・軍手
・シート(養生用)
・ペン
・定規
のこぎり、とんかち、電動のこぎり、電動ドライバーなどを使ってコーヒードリップスタンドを作ろう|仮面女子・立花あんながDIYに挑戦! コーヒードリップスタンドを作ってみた

のこぎり、とんかち、電動のこぎり、電動ドライバーなどを使ってコーヒードリップスタンドを作ろうコーヒードリップスタンドの作り方「ちゃんと作れるか不安……みんな、応援してね!」と立花あんなさん

「ちゃんと作れるか不安……みんな、応援してね!」と立花あんなさんSTEP.1 木材の切り出し

右下の「切り出しサイズ」を参考に木材に印を付ける。印の上からのこぎりの先を使って跡を付けたら、一気に切ろう。

カットする木材が短い場合は、「クランプ」という固定用の工具を使用するとスムーズだ。

【SPF材の切り出しサイズ】
底板用:297mm×1枚
コーヒーペーパーホルダー用:100mm×1枚
側板用:160mm×2枚
SPF材の切り出し図面|仮面女子・立花あんながDIYに挑戦! コーヒードリップスタンドを作ってみた

SPF材の切り出し図面「力使う!木って強いなぁ~(?)」と立花あんなさん|仮面女子・立花あんながDIYに挑戦! コーヒードリップスタンドを作ってみた

「力使う!木って強いなぁ~(?)」と立花あんなさん

コーヒーペーパーホルダーとなる木材は、お好みの形にカットしてみよう。切る時は小回りがきく電動ジグソーを使うのがオススメ。
まずは切り出したSPF材にペンなどで切りたい形を描く。今回はふんわり弧を描いた装飾にしてみた|仮面女子・立花あんながDIYに挑戦! コーヒードリップスタンドを作ってみた

まずは切り出したSPF材にペンなどで切りたい形を描く。今回はふんわり弧を描いた装飾にしてみた電動のこぎりでSPF材をカットしていく|仮面女子・立花あんながDIYに挑戦! コーヒードリップスタンドを作ってみた
1 2 3 4次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。