体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

島ごとテーマパーク!ディズニーが所有する無人島「キャスタウェイ・ケイ」を徹底解説!

島ごとテーマパーク!ディズニーが所有する無人島「キャスタウェイ・ケイ」を徹底解説!

ディズニーが所有する無人島があることをご存知ですか?ディズニークルーズラインでしか行けない無人島「キャスタウェイ・ケイ」は、美しいカリブ海の中でディズニーキャラクターや自然と触れ合える、まさに島ごとテーマパーク!

今回はその魅力を、体験談をもとに徹底解剖したいと思います。

 

キャスタウェイ・ケイってどんなところ?

キャスタウェイ・ケイの場所はフロリダ半島からちょっと南、国でいうとバハマ領になります。無人島といってもそこはディズニー。ただの島ではありません!

島の名前のルーツはミッキーマウスの短編アニメーション映画「ミッキーの無人島漂流」(The Castaway、1931年)といわれており、ストーリーを感じさせるような不時着した飛行機らしきオブジェが。

以前は、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」に登場していた船「フライング・ダッチマン」が実際に置いてあったこともあったそうです。

ディズニークルーズラインの寄港地として作られており、基本的には1回のクルーズで島に立ち寄るのは1度のみというクルーズがほとんど。(年によっては、2回寄港するルートのクルーズもあります)

 

朝から夕方まで約8時間ほど寄港しますが、1度の滞在では遊び尽くせないほどたくさんのイベントがあります。

初めての人にオススメなのは「エクストリーム・ゲッタウェイ・パッケージ」というプラン。内容はシュノーケルセットのレンタル、浮き輪またはフローティングマットのレンタル、レンタサイクル、そしてエイとの触れ合いです。順番にご紹介していきましょう。

 

海の中に隠れミッキー&ミニー

船を下船したらさっそくビーチに繰り出し、シュノーケルセットと無料のライフジャケットをレンタルします。(シュノーケルは持参することも可能ですが、ライフジャケット着用は必須です)

シュノーケリングエリアを泳ぐと色とりどりの魚が見られるだけでなく、海の底に宝箱や沈没船の残骸など様々なオブジェが。そこに、なんと隠れミッキーや隠れミニーの銅像まであるのです。

泳ぎに自信がなくても、シュノーケルと足ひれ、ライフジャケットがあれば水面を顔につけるだけなのでそんなに心配はいりません。もちろんライフガードもしっかり見守っています。

ぜひ水中カメラをもってキャラクター探しをしてみてはいかがでしょう?

キャスタウェイ・ケイにはこの他にも、ファミリービーチやウォータースライダーで遊べる「ペリカン・プランジ」、18歳以上の大人限定で静かに過ごせるビーチ「セレニティ・ベイ」など、あらゆるタイプのゲストが楽しめるようなビーチが用意されています。

浮き輪やフロートのレンタルできる場所もそれぞれにあり、レンタルを申し込んでいれば1日中どこで貸し借りしてもいいので自由に海を楽しめます!

セレニティ・ベイにはオリジナルのカクテルを販売しているバーもあります。海をのんびり眺めながら1杯……なんてしていたら、帰りたくなくなっちゃうかも。

 

クッキーズ・BBQでバーベキューランチ食べ放題

一通り泳いで遊んだら、お腹が空いてきました。さっそくランチに行きましょう。キャスタウェイ・ケイには2カ所にビュッフェ形式の「クッキーズ・BBQ」というランチのレストランがあります。

レストランの名前にもなっているポークリブBBQを筆頭に、ハンバーガー、野菜にフルーツやソフトクリームなど食べ放題。しかも、料金はクルーズ料金に全て含まれているので、お財布の心配はいりません。(アルコールを除く)

たっぷり体を動かしてからビーチでいただくランチはもう、格別です。

 

キャラクターと水着でダンスタイム!

お昼時になると、キャラクターたちが集まってきます。

DJが音楽をかけ始めるとキッズが集まってきてダンスタイム!水着でキャラクターと一緒に踊って楽しめる場所なんて、世界にいくつもあるディズニーパークでも他にありません。

ダンスタイムだけでなく、島のあちこちでキャラクターグリーティングが行われています。もちろんこの島にいるのはクルーズのゲストだけなので、極端に長時間並ぶということもありません。

キャラクター好きの方にとっては天国ではないでしょうか。

とっても貴重!エイとの触れ合い

午後は予約してあったエイとの触れ合い体験。集合時間に場所に行くと、まずは座ってエイの種類など基礎知識を学びます。

座学を終えたら、次はいよいよエイへの餌やりに移動。

世界でもエイとの触れ合いができる場所は、とても限られているとのこと。なぜかというと、エイは通常しっぽに毒針を持っているから。キャスタウェイ・ケイではエイに負担のかからない方法で(人間にとって爪を切るような感じ、だそうです)毒針を処理しており、安全に触れ合うことができます。

エイに餌やりをして触ってみた感想は、「ちょっとざらざらしているな」という感じ。平べったい体の下に口がついていて、餌を持って下に手を置いているとその上をエイが食べて通過していきます。

餌やりをした後は、シュノーケリングでたくさんのエイと一緒に泳ぐ時間がありました。こんな光景を見ることはなかなかできないので貴重な体験だったと思います。

 

レンタサイクルで島の全景を見渡す

パッケージには1時間のレンタサイクルが含まれています。島内のサイクリングロードを走るのですが、途中には展望台があり、島を一望することができます。

水着やTシャツ姿で、南国の日差しを浴びながら風を切って島をサイクリングするのはかなり爽快です。ところどころに置かれているオブジェなど、ディズニーらしいエッセンスを発見するのも、探検気分で楽しいかも!

その他にも、特にゲストに人気の高いアクティビティーや島の見どころをいくつかご紹介します。

5Kマラソン

無料で参加できるイベント。朝からキャスタウェイ・ケイを5Kランニングし、2時間以内に完走するとメダルがもらえます。

パラセーリング

海の上をパラシュートで飛行するパラセーリングで、キャスタウェイ・ケイを上空から眺めることができます。

他にも底が透けているグラスボートや、黄色いゴムボートに乗って引っ張られて進むバナナボートなど、キャスタウェイ・ケイを楽しむアクティビティーがたくさんあります。

 

買いすぎ注意!限定グッズ

All photo by maho

キャスタウェイ・ケイに来たらお土産が欲しくなりますよね⁉︎ 島の中にはショップがオープンしており、海で遊ぶのに必要なタオルなどのグッズを筆頭に、限定グッズが多数販売されています。

支払いはルームキーで行うので、現金やカードを持ち歩く必要はありません。

 

夢の島に行くには?

現在、キャスタウェイ・ケイに行くには最短でフロリダから3泊4日のクルーズで行くことができます。一番メジャーなのは、フロリダ州オーランド国際空港近くのポート・カナベラル発着のクルーズ。

オーランドにはウォルト・ディズニー・ワールドもあるので、そちらとセットで1〜2週間ほど滞在するのがオススメです。

他にもマイアミやジャマイカの港から発着するクルーズもありますので、詳しくは公式サイトや旅行代理店でご確認ください。ぜひ一度夢の島を体験してみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

世界のディズニーレストランで独り占め!パーク以外でキャラクターに会う方法!
カリフォルニアディズニーと一緒に行きたい!アナハイムの観光スポット10選 
ディズニーワールドで密かに開催!セレブが集まる会員制イベントに参加してきた
春のディズニー・ワールド恒例「フラワー&ガーデンフェスティバル」の魅力

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。