体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三省堂の書店員&月刊KELLyの編集部員が推薦! 名古屋がもっと好きになる本・8選

この街にきっと住みたくなる! 書店員&街情報誌編集部が推薦する街本とは?

街の情報を知り尽くした街情報誌の編集部と、その街の書店員に、読んだらその街に住みたくなる本を紹介してもらうこの企画。

今回は名古屋にくわしい三省堂書店の書店員と、名古屋の女性雑誌『月刊KELLy』編集部に、読んだら名古屋がもっと好きになる、オススメの街本を教えてもらった。書店員が推薦する街が好きになるこの1冊教えてくれたのは?

三省堂書店 名古屋本店 本間さん
名古屋のタカシマヤ ゲートタワーモールにあるJR直結の大型書店。東海地区最大級のスペースを誇り、児童書から専門書まで幅広く扱う。書店員歴9年になる本間さんは文芸・文庫棚のコーナーを担当している。三省堂書店名古屋本店 本間さんの推薦本①:劇団42歳♂(著・田中兆子)

劇団42歳♂40代、不惑の歳。迷える男たちの奮闘劇!

大学で劇団を組んでいた5人の仲間。今は違う道を歩む彼らだが、卒業後21年の節目に「劇団42歳♂」を再結成した。1日限りの公演に向けて「オセロー」に挑むが、各自の抱える事情もあり、稽古はなかなか捗らない。果たして無事に幕は上がるのか? そして彼らが直面する問題の行く末は? 迷える不惑の男たちにエールを贈る、連作短編集。

名古屋のオアシス21にある芸術文化センターでの公演を目指す、5人のおじさんたち。それぞれ事情もあるけれど、それでも今を懸命に生きている。そんな登場人物たちのストーリーに、元気をもらえる中年青春小説! ちょっぴり落ち込んだ時にぜひ読んでみてほしい。(本間さん)
劇団42歳♂三省堂書店名古屋本店 本間さんの推薦本②:すべてがFになる(著・森博嗣)

すべてがFになる (講談社文庫)人気作家・森博嗣伝説のデビュー作

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川と女子学生・西之園が、この不可思議な密室殺人に挑む。

20年以上前に出版された作品だが、2015年にアニメ化されるなど今でも絶大な人気を誇るサイエンスミステリの金字塔。理系の知識目白押しでちょっと難しそうに感じるが、魅力のあるキャラクターと衝撃の展開の連続に、文系脳でもしっかり楽しめる。

原作の舞台である愛知県の那古野市は名古屋の古い表記で、モデルは名古屋市。実在のスポットも多数登場する。(本間さん)
すべてがFになる (講談社文庫)三省堂書店名古屋本店 本間さんの推薦本③:電車で行こう!超難解!? 名古屋トレインラリー(著・豊田巧)

電車で行こう! 超難解!?名古屋トレインラリー (集英社みらい文庫)鉄道好きよ、集まれ!大人気児童書シリーズ

電車大好き小学生の集う「トレイン・トラベル・チーム」がついに名古屋に集結! トレインラリーのゴールにたどり着いたら賞金1億円!? 怪しいと思いながらも、鉄道が好きじゃないと解けないと聞き、鉄道魂に火がついた! 時刻表や路線図をフル活用して謎を解く、大人気シリーズの名古屋篇。

4年ほど児童書棚を担当していたので、この「電車で行こう!シリーズ」にはかなり思い入れがある。あおなみ線・名古屋駅、リニモ・藤が丘駅、ゆとりーとライン・大曽根駅などなど……、子鉄(鉄道マニアの子ども)はもちろん、大人でもワクワクする名古屋の鉄道スポットが目白押し。

鉄道という特殊な趣味を通し、街を知ることのできるおもしろい一冊。(本間さん)
電車で行こう! 超難解!?名古屋トレインラリー (集英社みらい文庫)三省堂書店名古屋本店 本間さんの推薦本④:名古屋駅西 喫茶ユトリロ(著・太田忠司)

名古屋駅西 喫茶ユトリロ (ハルキ文庫)事件の鍵は、名古屋メシ!?ほのぼのおいしいミステリー

東京生まれの鏡味龍は、春から名古屋大医学部に通う大学生。喫茶店を営む祖父母宅に下宿した龍は、祖父母から、店の常連客から家にピンポンダッシュをされ、外に出ると家の前に手羽先の骨が置かれ困っている……と相談を受ける。龍は友人と先輩の助けを借りて、謎に挑む。

手羽先唐揚げ、寿がき屋ラーメン、味噌おでん―名古屋のソウルフードが満載の連作ミステリー。地元民なら誰しもが頷く名店が各話ごとに登場するので、グルメガイドとしての側面もあわせ持っている。

「うみゃー」な名古屋の味を思い浮かべながらの謎解きは、読書が楽しい!と心から思える一冊だ。この本片手に、名古屋うまいもんめぐりなんていかがだろうか。きっと名古屋メシの虜になるはず!(本間さん)
名古屋駅西 喫茶ユトリロ (ハルキ文庫)編集部が推薦する街が好きになるこの1冊教えてくれたのは?

月刊KELLy 編集部 下川裕子さん
名古屋の女性雑誌『月刊KELLy』。“ナゴヤの女磨きマガジン”として、名古屋女子の支持を集めている。今年で創刊30周年を迎えた。
web:http://kelly-net.jp/月刊KELLy編集部 下川さんの推薦本①:やっとかめ探偵団(著・清水義範)

やっとかめ探偵団 (光文社文庫)パワフル婆チャン探偵団がどえりゃー事件の謎を解く!

名古屋で駄菓子屋「ことぶき屋」を営む波川まつ尾・74歳。まつ尾のさっぱりとした性格と頭の良さを慕って婆チャンたちが訪れ、連日大賑わい。そんなある日、近所の寝たきり爺さんが何者かに殺された! まつ尾を中心に、婆チャン連中の探偵団が立ち上がる!?

「やっとかめ」とは、名古屋の方言で「久しぶり」という意味。殺人事件を扱う本作だが、おばあちゃん・おじいちゃんたちのにぎやかな名古屋弁のおかげか、どこかユーモアがあり、身構えず気楽に読むことができる。ときどき文中に入る筆者の補足コメントも、お気楽ながらもクスッと笑いを誘う。

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。