ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

日本の成田空港からフランスのパリは、直行便でも約12時間半かかる遠い場所です。けれど、お隣の中国にパリとそっくりな場所があるのをご存知ですか?上の画像、どちらかが中国でどちらかがパリで撮影されたものなんです。一体どちらが本物のエッフェル塔なのでしょうか。とあるフランス人フォトグラファーが、その共通点を切り取った写真で話題を呼んでいるので、TABIZINEでも紹介したいと思います。

「パリ・シンドローム」シリーズ

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

舞台となるのは、中国の浙江省杭州市の郊外にある「広廈天都城」というニュータウン。右側が本物のエッフェル塔で、高さ324メートルなのに対し、左側の広廈天都城にある塔は約103mなのだとか。およそ3分の1のサイズということになりますね。

この本場パリと中国の広廈天都城の「東洋のパリ」を比較した一連の写真たちは、フランスの写真家フランソワ・プロスト氏(François Prost)の「パリ・シンドローム(症候群)」(Paris Syndrome)というシリーズです。このプロスト氏の画像はすべて左側が中国で、右がパリ。つまり、冒頭のエッフェル塔の画像も、同様に右がパリにある本物で左が中国の風景となります。

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

夜間のライトアップもお揃い。

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

けれど、お土産を売っている人はやはり違います。エッフェル塔以外の場所も、どれくらいそっくりなのか見てみましょう。

パリとそっくりな広廈天都城

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

ちなみに「東洋のパリ」の総面積は66万3千684.5平方メートル(164エーカー)。10万人の居住スペースを有する街が、パリの街並みそっくりに建造されているのです。

こちらも先ほどの画像同様、左が中国で右がパリです。

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

建物も、忠実に再現されています。中国語の看板で見分けがつきますが、気候的にエアコンの室外機があることや、洗濯物の外干しなどもパリとの違いといえそうです。

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

でもこの辺は、遠目だと一瞬見分けがつかないのではないでしょうか。

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

街灯も、雰囲気をよくつかんでいます。
次は、広廈天都城内にある公園の様子を見てみましょう。

天都公園とヴェルサイユ

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

広廈天都城内の「天都公園」は、パリの南西約25キロメートルほどの場所にあるヴェルサイユ宮殿の庭園を模しているようです。

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

これらの画像も、すべて左が中国の風景です。ここまでそっくりに再現できるとは感心しますね。

ところで実は、かつてこの広廈天都城が「ゴーストタウン」と言われていたことをご存じでしょうか。こんなに大きな街がゴーストタウンだなんて、どういうことなのでしょう。

ウェディング・フォトで大人気

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

約15年前に開発がスタートした広廈天都城は、10万人が生活できる規模にも関わらず、長らく住人が集まらず、居住者数千人の「ゴーストタウン」状態でした。けれどプロスト氏によると現在は住人は3万人ほどになり、まだまだ成長中だそうです。

住人以外にも、週末に観光客が訪れたり、ウェディング・フォトを撮影に来るカップルでもにぎわっているようです。

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

確かにこの「東洋のパリ」でなら、本場パリにも負けない最高のウェディング・フォトが撮れそうです。

【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿
(c) François Prost

プロスト氏のホームページには、ここでは紹介しきれなかった「パリ・シンドローム」の画像もまだまだ沢山あります。ぜひ驚きのそっくりぶりを覗いてみてください。

[Paris Syndrome]
[Instagram / François Prost]
[‘There is no need to go to France anymore!’ Chinese people absolutely love their knockoff version of Paris which has its own Eiffel Tower]
【元ゴーストタウン】パリにそっくりな「東洋のパリ」の驚きの姿

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。