体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

ビンの中に美しさを閉じ込める。流行のハーバリウムを作ってみよう

少しでも居心地のよい部屋を作りたいと思ったら、まず試してほしいのが「インテリアに植物を取り入れること」。花屋で花を買ったり、インテリアショップでグリーンを買ってもすぐに枯らしてしまう……、なんて人は枯れない花「ハーバリウム」を取り入れてみては?

今回紹介するハーバリウム(Herbarium)とは、「植物標本」という意味。透明の液体の中でふわりと浮くように咲く草花がなんとも幻想的。かわいいけれど甘すぎず、大人の女性の部屋にもぴったりマッチする。

実はこれ、誰でも簡単に作ることができるのだ。作業時間はたったの10分! 四季折々の花を摘むような気分で、ハーバリウムを作ってみよう。
草花の美しさを閉じ込めた、自分だけの植物標本|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

草花の美しさを閉じ込めた、自分だけの植物標本ハーバリウムの主な道具ビンもしくはボトル|100円ショップなど

まず、花材を入れる入れ物はビンやボトルなど、透明なものなら何でもOK。入れたい素材が決まっているなら、その形に合わせて選ぶと良い。今回は100円ショップで売っているボトルやビンをセレクト。

電球型のちょっと変わったフォルムのものは100円ショップのセリアでゲットした。
ハーバリウムを入れるビン。今回は100均のアイテムをセレクト。おうちにある空き瓶でもOK|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

ハーバリウムを入れるビン。今回は100均のアイテムをセレクト。おうちにある空き瓶でもOKドライフラワー|花屋もしくは手芸店

ハーバリウムの花材にはドライフラワーを用いる。造花も安くて手軽だが、ハーバリウムの主役になる素材なのでここにはこだわりたい。

今回は部屋に春を取り入れるため、春らしい花をチョイス。バラや千日紅、スターチスやミモザ、ユーカリなんかを使ってみた。

長さのある入れ物を用いるなら、花材も長いものを選ぶとバランスよく仕上がる。やさしい風合いにしたいならパステルカラーやくすみカラーを。元気な雰囲気にしたいなら、ビビッドカラーの花材を選ぶなど、仕上がりをイメージして花材を集めよう。
ハーバリウムの主役となる花材。ドライフラワーは花屋だけでなく、手芸店でも手に入る|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

ハーバリウムの主役となる花材。ドライフラワーは花屋だけでなく、手芸店でも手に入る

背の低い入れ物を使うなら、こんな花材も。ドライの実や、花弁、ドライフルーツ。八角などのスパイスも素敵なアクセントに。
実やスパイス、ドライフルーツなど、自由なアイデアでハーバリウムを楽しもう|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

実やスパイス、ドライフルーツなど、自由なアイデアでハーバリウムを楽しもうエタノール、流動パラフィン|ネットショップハーバリウムの美しさを長く保つために欠かせないのが無水エタノールと流動パラフィン|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

ハーバリウムの美しさを長く保つために欠かせないのが無水エタノールと流動パラフィン

そして、その花材たちの姿を長く保たせてくれるのがエタノールと流動パラフィン。ハーバリウムの保存液には専用のハーバリウムオイルという商品も販売されているが、手軽に楽しむなら流動パラフィンがオススメ。透明度が高く、カビも生えにくく、価格も1,000円前後と手に入りやすいのも魅力。エタノールは容器の消毒に用る。

では早速、あなただけのハーバリウムを作ってみよう!ハーバリウムの作り方①.無水エタノールで容器を消毒する

カビの発生を防ぐため、容器の消毒は必須。使うのは無水エタノール。ドラッグストアや、Amazonでも購入できる。

まず容器に無水エタノールを適量入れてフタを締め、容器全体に行き渡るようによく振る。余分なエタノールを出したら、容器の口(上部)を下にして置き、十分に乾燥させよう。
ハーバリウムの容器は完全に乾燥させよう。水気が残るとカビの原因に|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

ハーバリウムの容器は完全に乾燥させよう。水気が残るとカビの原因に②.花材を容器の高さに合わせてカットする

容器の高さに合うように、花材の茎をカットしよう。実際に中に入れてみて、見え方を確認しながら少しずつカットすると◎。
全ての花材の長さをそろえず、花の位置がバランスよくなるようにカット|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

全ての花材の長さをそろえず、花の位置がバランスよくなるようにカット③.花材を容器にセットする

ピンセットを用い、容器の中に花材を入れ込もう。ここで、花の見え方や茎の角度などある程度バランスを調整しておくと良い。
ピンセットを使えば、花材の細かい調整もラクラク|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

ピンセットを使えば、花材の細かい調整もラクラク④.流動パラフィンを注ぐ。

容器のふちのくびれまで、流動パラフィンをそっと静かに注ぐ。
勢いよく注ぐとせっかくセットした花材が崩れてしまうので注意|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

勢いよく注ぐとせっかくセットした花材が崩れてしまうので注意できあがり!

しっかりフタを閉めて、ハーバリウムのできあがり!
キラキラ光る、おしゃれなハーバリウムのできあがり|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

キラキラ光る、おしゃれなハーバリウムのできあがり

花材の長さを活かして茎ごと入れたり、花だけを入れたり。グリーンだけのハーバリウムは大人っぽくて、男性の部屋に置いても良さそう。
ハーバリウムは瓶の中に入れる花材で表情が変わる|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

ハーバリウムは瓶の中に入れる花材で表情が変わるアレンジしてみよう

中に入れる花材だけでなく、入れ物を変えたり、花材の切り方を変えるだけで印象が大きく変わる。
電球型のビンには、花材をギュッと押し込んで|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

電球型のビンには、花材をギュッと押し込んで

花材をギュッと詰め込むと、お花がいっぱいの華やかな雰囲気に。逆に花材の量を少なくすると、液体の面積が増えて透明感のある雰囲気に。

置く場所は窓辺がオススメ。光の当たる面積が増えてキラキラ感が一層増す。
ハーバリウムはプレゼントにも喜ばれそう!|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

ハーバリウムはプレゼントにも喜ばれそう!花材にスパイスを合わせても素敵|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

花材にスパイスを合わせても素敵

花材を選ぶポイントは、入れる素材の色合いを合わせること。パステルカラー、スモーキーカラー、ビビッドカラーなど、好きなテイストや置く場所に合わせて色味を選ぼう。手作りハーバリウムを飾って、花のある生活を

消毒、乾燥にさえ気をつければ、手作りのハーバリウムも半年~1年ほどきれいな状態を保ってくれる。一度作れば長く楽しめるので、おうちのインテリアにはもちろん、プレゼントにもぴったり。

花材を入れて、保存液を注ぐだけ。これなら自然の美しさをインテリアに手軽に取り込める。今度の週末は、温かいお茶を飲みながら、ハンドメイドの「季節のしつらえ」を楽しんでみてはいかが。
ハーバリウムは一度作れば、長い間楽しめる|簡単おしゃれなハーバリウムの作り方。部屋のインテリアに枯れない花を取り入れよう

ハーバリウムは一度作れば、長い間楽しめる

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

監修・写真=木村遥
文=吉本小雪

※雑誌「CHINTAI」2018年3月24日発売号の特集は「家賃・食費・光熱費 まるっと節約ガイド」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。