ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちょっとお茶してく?話題のミッドタウン日比谷で‟紅ほっぺ”づくしの苺スイーツを堪能♡

ちょっとお茶してく?話題のミッドタウン日比谷で‟紅ほっぺ”づくしの苺スイーツを堪能♡

先日オープンしたばかりの東京ミッドタウン日比谷にある「DRAWING HOUSE OF HIBIYA」は、開放的な大きな窓とおしゃれなインテリアが女子受け抜群のレストラン&ティールーム。

ショッピングや映画の後、ひと息つくには最高のスペースです。

ちょっとお茶してく?話題のミッドタウン日比谷で‟紅ほっぺ”づくしの苺スイーツを堪能♡

大粒の‟紅ほっぺ“を使った春限定スイーツ

そんな同店がフィーチャーする季節のフルーツは、淡路島菜園で採れた大粒イチゴ“紅ほっぺ”。

大粒で甘酸っぱい、この“紅ほっぺ”をたっぷり使用した春スイーツがお目見えしています。

“紅ほっぺ”のパフェ(1600円)

ちょっとお茶してく?話題のミッドタウン日比谷で‟紅ほっぺ”づくしの苺スイーツを堪能♡

“紅ほっぺ”を敷き詰めたパフェは、タイベリーの濃厚なソース、自家製の“紅ほっぺ”のイチゴアイス、カスタードクリーム、バニラアイスを2層にサンドし、さくさくのクレープ生地を加えて。

“紅ほっぺ”のクラシカルショートケーキ(950円)

ちょっとお茶してく?話題のミッドタウン日比谷で‟紅ほっぺ”づくしの苺スイーツを堪能♡

王道のショートケーキは、ジャージー牛のクリームとホワイトチョコレートのガナッシュを加えた生クリームに、“紅ほっぺ”を贅沢に7粒も使用。

季節のフルーツタルト(980円)

ちょっとお茶してく?話題のミッドタウン日比谷で‟紅ほっぺ”づくしの苺スイーツを堪能♡

こちらは、風味づけにピスタチオを練りこんだタルト生地に、“紅ほっぺ”をすりつぶしたイチゴジャムとカスタードクリームを絞り、大粒の“紅ほっぺ”をかざったイチゴのタルト。

ほっこりする甘味に癒される定番スイーツも♪

このほか、北坂農場の“さくら卵”を使ったこだわりの「焼きプリン」(800円)や、「キャラメルバナナとマスカルポーネアイスの焼き立てダッチパンケーキ」(1180円)など、1ランク上の極上スイーツをいただくことが出来ますよ♪

ちょっとお茶してく?話題のミッドタウン日比谷で‟紅ほっぺ”づくしの苺スイーツを堪能♡

都会の真ん中でアウトドア気分のテラスシート♡

なお、この時期はやはりテラス席がおすすめですが、屋内で素敵なインテリアに囲まれるのも同店の醍醐味なので、ぜひお好きな方をチョイスしてくださいね。

ちょっとお茶してく?話題のミッドタウン日比谷で‟紅ほっぺ”づくしの苺スイーツを堪能♡

この春大注目の最新スポットで春スイーツを食べながら、優雅なひと時を過ごしてみては?

DRAWING HOUSE OF HIBIYA

http://drawing.restaurant/

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy