体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メントス日本上陸40周年記念ゲーム「メントスロケット」で世界を目指せ!

メントス日本上陸40周年記念ゲーム「メントスロケット」で世界を目指せ!

 春といえば、新年度を迎えて新たな出会いに満ちた季節。交友関係を広げるチャンスです。それを後押しするようなゲームが、メントス日本上陸40周年を記念したキャンペーンの一環で登場しました。運が良ければ、豪華なプレゼントももらえますよ。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 2018年4月9日から公開された「mentos ROCKET JOURNEY」というこのゲームは、スマホで遊ぶ、Twitterと連動したブラウザゲーム。Twitter上で仲間を誘って、グループで楽しむものです。

 プレイヤーはメントスロケットのキャプテンとして、Twitterおよびブラウザ上で3人のクルー(ロケットの搭乗者)を募ります。そして揃ったメンバーで、ランダムに決まる目的地を目指すという仕組み。選んだクルーによってロケットの性能パラメータが変化したり、目的地に到着しやすくなるボーナスがもらえたりと、いろいろな人を誘って何度でも楽しめます。

 ゲームの参加方法は、キャプテンとして参加するか、他のプレイヤーのクルーになるかの2通り。まず、キャプテンとして参加する場合は、メニュー画面で「キャプテンになる」を選択。すると目的地がランダムで決定されます。クルーを3人集めるとチームの完成。選んだクルーの顔ぶれによって、ロケットの性能パラメータの値が変化します。では、目的地を目指して出発しましょう。画面を連打してパワーゲージをためたら、方角を決定してメントスロケットを発射。フライトの結果はオリジナルのアニメーションの後に表示され、世界のどこかの国に着陸します。

 次にクルーとして参加する場合です。メニュー画面で「クルーになる」を選んでクルーリストにエントリー。もしくは、他のキャプテンがTwitterに投稿している「クルー募集」のURLリンクをタップすることで、運良く搭乗に成功すればクルーになることができます。

 そして、他のキャプテンのクルーになったり、クルー募集時の応援、フライト結果のシェア、新しいクルーの選択など、知らない人とつながることで、目的地に到達しやすくなる以下のボーナス特典も用意されています。

 ■参加ボーナス:クルーとして搭乗するともらえる
 ■応援ボーナス:クルー募集URLが4人以上からクリックされるともらえる
 ■シェアボーナス:打ち上げ結果をSNSでシェアするともらえる
 ■NEWボーナス:まだ一緒に飛んだことのない新しいクルーを選択するともらえる

 メントスロケットが打ち上がるとオリジナルアニメーションが生成され、フライト結果が発表されます。アニメーション内のクルーの顔には、自分のTwitterプロフィールアイコンが合成され、まるで本当にロケットで世界中を飛び回る気分が味わえます。

 ロケットの性能は、キャプテンとクルーの組み合わせてパラメータの値が変化します。自分の好きなクルーを乗せて最強のチームを作り、目的地を目指しましょう。組み合わせは自由ですよ。



 メントスロケットは、世界各国の有名な観光地や意外な場所など、あらゆる場所へ飛んでいきます。時には地球を離れて宇宙へ行くことも。着陸する場所は約100カ所。コンプリートを目指して遊ぶのもいいですね。




 このゲームは4月9日から5月14日まで、期間限定で提供されます。そしてキャプテンとしてゲームをプレイすると、次の豪華賞品が当たるチャンスが。

 ■ベストキャプテン賞「メントス発祥の地、オランダ周遊旅行」1組4名
  ※キャンペーン終了後、目的地に到達したキャプテンの中から抽選

 ■デイリーチャンス賞「Amazonギフト券500円分」毎日10名
  ※キャプテンとして目的地に到達後、即時発表

 ベストキャプテン賞抽選結果発表:2018年5月16日
  ※当選者にはTwitterのダイレクトメッセージ(DM)で通知

 ゲームのルールなど、キャンペーンに関する詳細は「mentos ROCKET JOURNEY」特設サイトで確認してください。

画像提供:クラシエフーズ株式会社

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

うどん県はヤドン県に進化した?香川県がポケモンキャラの「ヤドン」とコラボ
「恋愛幕末カレシ」TVアニメ化決定 アニメ制作はスタジオディーン
アプリゲーム「千銃士」TVアニメ化決定

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。