体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Tech系スタートアップCEO/CTO/創業メンバーが語る起業理由、一緒に働きたいエンジニアとは?

起業・ジョインしたタイミング、きっかけは?

2月23日、CodeIQは「農業IoT/チャットbot/ビッグデータ――スタートアップのCTOが語るITエンジニアのキャリア」と題したイベントを開催した。

トレタ創業からCTOを務める増井雄一郎氏をモデレーターに、hachidori創業時のメンバー坂口峻平氏、笑農和CEO下村豪徳氏、PaykeのCTO花城昂平氏、BitStarのCTO山下雄太氏が登壇し、パネルディスカッション形式で語り合った。

増井:まずは自己紹介をお願いします。

坂口:hachidoriの坂口です。WEBブラウザ上で、LINE/Facebook用のチャットボットを作成できるサービス「hachidori」を開発・運用しています。

ちなみに社名は、私たちのサービスが自動で返してくれるチャットボットなので、オウムのように人間の言葉を返してくれるハチドリ (蜂鳥)に由来しています。

hachidori株式会社 坂口峻平氏
1992年京都生まれ、奈良育ち。2013年に奈良工業高等専門学校を卒業後、大手SIerに就職。在職中に、現hachidori代表の伴と出会い、スタートアップ企業の初期メンバーとしての参画を決意。転職後、WEBブラウザ上で、LINE/Facebook用のチャットボットを作成できるサービスである「hachidori」の初期設計、インフラ、サーバーサイドプログラミングを担当。

下村:笑農和(えのわ)のCEO下村です。IoTで農業を変革するサービスを開発する富山の会社で、最近いろいろなメディアに取り上げていただいています。

一番最近作ったサービスは、水田の水位調整をするスマート水田サービス「paditch(パディッチ)」です。

株式会社笑農和 代表取締役 下村豪徳氏
富山県の農家生まれ。システム会社に入社後、主に組立加工向けの生産管理、購買業務のシステム開発にSEとして従事。メインフレームでの業務システム運用、インターネットを介したSCMの構築などの経験を経て2013年に株式会社笑農和 設立。日本農業情報システム協会の理事も務める。農業を変革するために日々奮闘中。現在は様々なメディアに出演し、注目を集めている。

花城:PaykeのCTO花城です。商品のバーコードを読み取って、多言語で商品情報を案内するサービス「Payke」を開発しています。

バーコードやGPSでとったユーザー属性や位置情報もとれるので、その情報を分析してメーカーに提供したり、タブレット型の端末も提供しているのでスキャン情報に応じた広告のターゲット配信もしています。

株式会社Payke CTO 花城 昂平氏
沖縄県出身。大学在学中からサービス開発を初め、卒業後は会社経営にも参画。 メインはサーバーサイドだが、フロント~バックエンドまで豊富な経験と安定したスキルを持つマルチエンジニア。Paykeサービスの開発に初期からかかわりサーバー構築からシステム開発、UI・UX設計まで幅広く担当。 2015年10月PaykeのCTOとして参画。

山下:BitStarCTOの山下です。YouTuberをはじめとするインフルエンサー・プラットフォーム「BitStar」など、インフルエンサー向けのマーケティング事業を展開しています。

企業とYouTuberをつなぐタイアップ広告事業では、取引先企業250社超え年間成長率4倍という実績を挙げています。マスとデジタルを融合したソリューションを提供するテクノロジードリブンな会社です。

株式会社 BitStar CTO 山下雄太氏
慶應NY高を卒業後、慶應義塾大学理工学部電子工学科に進学。在学中より、楽天株式会社、株式会社ナノ・メディア、株式会社マクロミルの各社において、インターンながら各社の大規模開発案件をリード。その後、ラクスル株式会社の創業に携わる。大学卒業後、グリー株式会社に入社し、SNSや海外のプラットフォームの立ち上げに従事。また並行して国内外の新卒採用も関わり、同社のグローバルを担う人材採用にも貢献。2013年からラクスルにCTOとして参画し同社のサービスを牽引。2016年よりBitStarにCTOとして参画。

増井:飲食店向けの予約/顧客台帳管理サービスを開発しているトレタのCTO増井です。まずは皆さんが、なぜCEO/CTOになったのか、その経緯から伺っていきたいと思います。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。