体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
図鑑や映像などでは、目にしたことがある潜水艦。その圧倒的な巨大さを誇る実物の潜水艦が陸上で展示されている、日本唯一の施設が広島県の呉にあります。さらに、これも国内唯一という、海上自衛隊が現在使用している潜水艦を間近に望むことができるということで、その希少なスポットを訪ねました。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】

日本海軍の本拠地「鎮守府」として日本遺産にも登録!

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
広島県・呉市でイメージするものは? 「・・・・・・」。広島なら原爆ドームやもみじ饅頭、宮島などと、イメージできるものも多いですが、突然「呉」といわれても難しいですよね。実はこの呉市、戦艦「大和」などが建造され、明治時代には、日本全国4カ所に設置された海軍の本拠地「鎮守府」としての役割を担った歴史があり、文化庁が認定する日本遺産にも登録されている、日本近代化を担う魅力的な施設やスポットが点在しているんです。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
呉駅から港に向かって徒歩5分、突如現れるのが黒と赤の「てつのくじら」。“てつのくじら”とは、潜水艦のこと。見るものに威圧感さえ与える巨大な鉄の塊は、まさに陸に上がったクジラのような圧倒的存在感。全長約76m、幅約10m、重さ約2250t。2004年まで、海上自衛隊で数々の任務を果たしてきた実物で、潜水艦の名前は「あきしお」。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
日本で唯一、実物の潜水艦を展示している「海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)」の展示物のひとつで、艦内に入って操縦席や潜望鏡、乗員室などを見学することができ、その広さや生活ぶりなどを実感! “見て・触れて・体感できる”ココでしかできない希少な体験が魅力的です。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
史料館では、今も呉に基地を置く海上自衛隊の歴史のほか、潜水艦・掃海艇の活動や変遷などについて模型などを用いてわかりやすく解説。本物の魚雷の展示や海上自衛隊グッズのショップも併設されています。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】

◆海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)◆
【住所】広島県呉市宝町5-32
【開館時間】9:00~17:00(入館は16:30まで)
【定休日】火曜
【料金】無料
【アクセス】JR「呉駅」より徒歩5分
【HP】海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)

設計図や写真を分析して細部にまでこだわりぬいた戦艦「大和」

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
この“てつのくじら館”の通りを挟んだところにあるのが、呉で建造され1/10に再現された戦艦「大和」の展示がある「大和ミュージアム」。週末ともなると、この戦艦「大和」の雄姿を一目見ようと全国から多くのファンが訪れます。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
世界最大の戦艦として建造された「大和」の全長は約263m、最大幅は約39m。1/10スケールといえども全長が約26.3mもあり、剛健さとともにその姿には美しさを感じるほど壮麗。設計図や写真、潜水調査映像などをもとに細部に渡り作り込まれ、かかった制作費が約2億円というから驚き! 館内の3階から下をのぞけば、上空100mから見たときと同じ「大和」の姿を体感できます。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
東洋一の軍港として発展してきた呉の歴史に加え、当時の最新技術を駆使して呉で建造された133隻の艦艇や特殊兵器のパネル紹介、零式艦上戦闘機六二型、人間魚雷「回天」、特殊潜航艇「海龍」などの実物資料の展示と、目を見はる内容になっています。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】

◆大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)◆
【住所】広島県呉市宝町5-20
【開館時間】9:00~18:00(入館は17:30まで)
【定休日】火曜
【料金】500円
【アクセス】JR「呉駅」より徒歩5分
【HP】大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)

海上自衛隊の本物の艦船や超ド級のタンカーが眼前に迫る

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
中央桟橋からは、呉港の潮風を感じながらクルージング! 海上自衛隊呉基地に所属する艦艇を間近に望むことができるのです。海上自衛隊の自衛官OBによるガイドにも大注目! 所要30分間ずっとしゃべりっぱなしで、次々に近づいてくる艦船に合わせ、「これは〇×護衛艦。〇×mmの連射砲をもち、哨戒ヘリも搭載」などと、目にも留まらぬ早さの詳細ガイドが連射されます!

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
海上から見る灰色をした大きな艦船の姿は大迫力!! 潜水艦はもちろんのこと、戦艦「大和」が建造された現存するドックや、造船中・修理中の巨大な民間タンカーなど、非日常的な光景が広がっています。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
潜水艦をもっと間近に、ゆっくり見るのにおすすめなのが「アレイからすこじま」。国内で唯一、海上自衛隊が実際に使用している潜水艦を、至近距離で望める海沿いの公園です。その距離数十メートル。現役で活躍している潜水艦をこれほどの距離で眺めることができるスポットは、世界的に珍しいとのこと。日本が平和だからこそ眺めることができる光景なのかもしれません。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
この付近は、明治時代に呉海軍工廠(軍直属の軍需工場)が設置されたエリアで、大砲や弾薬、各種軍需品が保管されていたであろう、堅牢なレンガ造りの倉庫群なども残っています。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
呉港を見下ろす「歴史の見える丘」からは、戦艦「大和」が建造されたドックの大屋根をはじめ、海上自衛隊の艦艇、造船工場、クレーンなどが建ち並ぶ光景が眼下に広がり、海軍の本拠地「鎮守府」が置かれた、往時の呉の姿を垣間見ることができます。1907(明治40)年に竣工されたレンガと御影石を組み合わせた鎮守府庁舎も残り、現在では海上自衛隊呉地方総監部庁舎として使用されており、事前申し込みが必要ですが、毎週日曜日には一般公開されています。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】

◆呉艦船めぐり◆
【住所】広島県呉市宝町4-44(呉中央桟橋ターミナル1F)
【営業時間】10:00・11:00・13:00・14:00発(土・日曜・祝日は12:00発もあり)
【定休日】火曜
【料金】1300円
【アクセス】JR「呉駅」より徒歩5分
【HP】呉艦船めぐり

◆アレイからすこじま◆
【住所】広島県呉市昭和町
【開園時間】見学自由
【アクセス】JR「呉駅」より広島電鉄バスで「潜水隊前」下車、徒歩1分
【HP】呉市

◆歴史の見える丘◆
【住所】広島県呉市宮原5
【開園時間】見学自由
【アクセス】JR「呉駅」より広島電鉄バスで「子規句碑前」下車、徒歩1分
【HP】呉市

[All Photos by tawawa] 
国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。