ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SSD「GNARBOX 2.0」さえあれば、旅先での写真編集にPCは不要!

写真やビデオを撮影することが多い人の中には、すぐに撮影データのバックアップをとったり、編集したりしたい、という人もいるだろう。しかし、そのためにPCを携帯するのは、正直辛いものだ。

そこで、このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した小型SSD「GNARBOX 2.0」を紹介しよう。

バックアップがワンタッチでとれる上、データの転送スピードも最速450MB/sと速い。そして、用意されている写真やビデオのスマホ用編集アプリでその場で編集してSNSなどに投稿できる。

・USB-Cケーブルで高速転送

使い方は簡単。撮影データが入ったSDカードをGNARBOX 2.0のスロットに入れるか、USB-Cケーブルでつなぐだけ。

転送スピードはスロット経由の場合が75 MB/s、USB-Cケーブルを使えば450MB/sとなる。バックアップの操作はワンタッチとかなりシンプルだ。

・スマホアプリで編集

また、バックアップしたデータを整頓したり、編集したりするための専用アプリ(Android、iOS)が用意されているのも便利。写真編集アプリではRAW画像のプレビューや、色調整などの機能がある。

ビデオ編集アプリでは高解像度でレビューできるのはもちろん、クリップをトリムしたり、カットしたピースをまとめたりということも可能だ。

また、マイクロHDMIポートを使って、モニターやテレビなどの大画面で閲覧できるのも便利だろう。

GNARBOX 2.0は現在、Kickstarterでストレージ128GBタイプが299ドル(約3万2000円)、256 GBタイプは379ドル(約4万円)となっている。すでに資金調達の目標額は達成し、出資は6月2日まで受け付ける。

GNARBOX 2.0/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy