体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋の新名所「レゴランド」を大人でも120%楽しむ方法、教えます!

名古屋の新名所「レゴランド」を大人でも120%楽しむ方法、教えます! レゴランド

記事配信:じゃらんニュース

名古屋の新たな観光スポットとして、2017年に誕生したレゴランド(R)・ジャパン(以下レゴランド)。世界で愛され、誰しもが子どもの頃に遊んだことのある「レゴ(R)ブロック」の世界観を体現した日本初のテーマパークで、園内では40を超えるアトラクションやショーが楽しめるんだそうです。

レゴもテーマパークも愛してやまない筆者にとっては気になるスポットではありますが、公式サイトを見るとどうやら対象年齢は「2~12歳」。大人になってしまった筆者は楽しめないのかと思いきや、レゴランドPR担当の小栗さんによれば「メインターゲットは子どもですが、レゴランドは子ども連れのファミリーの方、若い方のグループでも、楽しめるポイントが沢山ありますよ」とのこと。

というわけで、今回は実際にレゴランドに潜入し、「大人ならではの楽しみ方」を探ってきました。

<目次>

■大人な楽しみ方1:フォトスポットで写真を撮る

■大人な楽しみ方2:懐かしのレゴキャラに逢う

■大人な楽しみ方3:リアルに再現した日本の街並み楽しむ

■大人な楽しみ方4:レゴの城内で名古屋めしを堪能

■大人な楽しみ方5:世界のアドベンチャーへ出発

■大人な楽しみ方6:レゴ・ブロックができるまでを見学

大人な楽しみ方1

あれもこれもレゴ・ブロック?写真を撮りまくる!

レゴランド

レゴランドはテーマの異なる7つのエリアで構成された屋外型のテーマパーク。それぞれ、レゴの歴代人気シリーズを再現したものになっており、自分が子どもの頃に遊んでいた世界観の中へ没入することができます。これは懐かしいし、楽しい!

なお、順路は特に決まっていないとのことなので、好きなように巡りましょう。

レゴランド

さっそく園内へ。カラフルなオブジェがあちこちに並んでいますが…。

レゴランド

よくよく目を凝らすと、これらすべててレゴ・ブロックで作られていました。すごい器用だし、その根気たるや!

レゴランド

こちら、支柱やフレームを除くディテールはすべてレゴ・ブロックというから驚きです。クオリティ高すぎじゃないですか?

あまりの感動に、この時点で撮影した写真は100枚超え。撮りすぎだ!

園内をアテンドしてくれた小栗さんによると、「パーク内には、1700万個のレゴ・ブロックと10000体のレゴ(R)モデルを使用しています」とのこと。

1700万個??ええっと…つまり、1万が1700個あるってことですよね!数が多すぎて一瞬混乱しましたが、それはすごい!

大人な楽しみ方2

「パイレーツ・ショア」で懐かしのレゴキャラに逢う!

レゴランド

最初に訪れたのは、海賊シリーズをモチーフにした「パイレーツ・ショア」。海賊船に乗り込んで水大砲で敵を狙い撃つスリル満点のアトラクションや、海賊船の形をした遊具で思いっきり遊べるプレイ・エリアが人気を博しています。

エリア内にはレゴ・ブロックのキャラクターたちも登場するので、僕らがかつて遊んだ懐かしのキャラクターと2ショット撮影なんかもできてしまいます。

レゴランド

こちらは海賊シリーズに出てきたガイコツ。彼が屍なのをいいことに財宝をふんだくろうとしたところ…

レゴランド

赤ひげ船長に見つかり土下座謝罪…、なんて一人コントもやり放題。

大人な楽しみ方3

日本の街並みを超リアルに再現した「ミニランド」を楽しむ!

レゴランド

続いてやってきたのは「ミニランド」。こちらでは、日本全国の名所をレゴ・ブロックで再現しています。

レゴランド
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。