ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたは賛成?反対?ヘレン・ミレン が「スタントにもアカデミー賞を与えるべき」と発言

あなたは賛成?反対?ヘレン・ミレン が「スタントにもアカデミー賞を与えるべき」と発言

アカデミー賞では、音響に関しては録音賞と音響編集賞という2つの賞が用意されている。それなら、スタントの賞があっても良いのではないだろうか?

このアイデアを持ち出したのはヘレン・ミレンが最初というわけではないが、何と言っても彼女は英国からデイムの称号を与えられた大女優。その言葉には重みがある。

エンタメ情報誌『TOTAL FILM』に(『Female First』の記事内で)、オスカーの受賞があったからこそ、『ワイルド・スピード ICE BREAK』のようなアクション映画にも出られたと語った72歳のミレン。

「懇願したのよ。一生懸命頼んだ。オスカー受賞者の素晴らしい特権の1つね。だってアクション映画に出演できたんだから。みんな、自分たちのアクション映画にオスカー俳優を置いておきたがるから。傷つけようとするためにね」

女王を傷つけようだなんて、とんでもない。

ミレンはアクションシーンを演じるのが大好きで、スタント技術にも思い入れが強く、スタントのためのアカデミー賞を作ってほしいと声を上げ続けているという。

「特殊効果やスタントを行う人たちは本当にすばらしいわ。彼らの仕事ぶりを見れば、スタントの仕事を称えるオスカーがあるべきだと思う。信じられないようなスタントを、細心の注意を払って行う、専門性の高い仕事よ。彼らはアーティストでもある。本当にすばらしい仕事だわ」。これには賛成の声も多いのではないだろうか。

エンタメサイト『IndieWire』によると、『ワイルド・スピード』のスタントコーディネーターを務めたジャック・ギルは”アカデミー賞にスタントのためのカテゴリーを設けるよう、1991年から嘆願しているがうまくいっていない”という。映画俳優組合(SAG)賞は、映画部門とテレビ部門にスタントアンサンブル演技賞を設けたが、アカデミー賞ではまだ実現されていない。スタントに加え、キャスティングディレクター部門の追加を求める声も上がっている。

ここで問題になるのが授賞式の長さだ。アカデミー賞授賞式が今の4時間よりもさらに伸びるのはいかがなものかとは思う。

とは言え、やはり、ミレンの意見に賛成の声も多いのではないだろうか? ぜひ、SNS等でご意見をお聞かせ頂きたい。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ハリソン・フォードが『インディ・ジョーンズ』を第5作で卒業!将来的に女性が主人公になる可能性も
映画『ブラックパンサー』が『アナ雪』を超えて世界歴代興収10位に!
キャサリン妃とウィリアム王子の至れり尽くせりな第3子バースプランが明らかに
デッドプールはどこ?ライアン・レイノルズが『X-MEN』版『ウォーリーを探せ』の画像をシェア
ドウェイン・ジョンソンが鬱との闘いを告白!「君たちはひとりじゃない」とファンを励ます

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy