体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エコノミーでもラウンジ利用可能!JALのロンドン深夜便がメリット満載

JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット
ロンドンの朝の景色

ゴールデンウィーク、夏休みといよいよ旅心が躍る季節が近づいてきました。あなたは、旅行のプランを立てましたか?海外旅行へ行くなら、アクセスの良さ、時間帯の便利さ、エアラインのサービスで選びたいですね。

ヨーロッパ方面の旅を考えているあなたは、JALのロンドン深夜便なら、仕事を終えてから旅立てる上、翌朝早朝に到着して1日を有効に使えますよ。しかも、通常はファーストクラスやビジネスクラス搭乗客、JALの上級会員でなければ利用出来ない「サクララウンジ」の利用が可能。ちょっと見逃せない情報だと思いませんか。JALの深夜便はどんなメリットがあるというのでしょう。

会社が終わってから旅立てる

JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット
羽田空港 夜の様子

東京(羽田) − ロンドン線(2018年3月25日〜2018年8月31日)

JL041毎日東京(羽田) 01:55発ロンドン 06:25着

出発は羽田空港で深夜1時55分。仕事を終えて、自宅に戻ってシャワーを浴び、荷物をまとめて旅に出掛けられる時間の余裕があります。旅行休暇のために直前まで残業をする場合は、会社に荷物を持ってくるか、オフィス近くのコインロッカーに預けておいても良いかもしれません。羽田空港は、成田に比べやはりアクセスが便利。都内だと思うと、海外旅行のハードルが低く感じます。

>>>JAL 東京(羽田)→ ロンドン 深夜便

敷居が高かった「サクララウンジ」が利用可能に

JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット
サクララウンジ 本館5階
(C) Japan Airlines 写真提供 
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

通常であれば、「サクララウンジ」利用対象者はJALファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラス(Flex Y運賃)、あるいはJAL上級会員(JMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア、JALグローバルクラブ)。私たちには敷居の高い、憧れの存在でした。羽田発ロンドン行きJL041便なら、エコノミークラス利用客でも、一度は入ってみたかったラウンジ利用が可能です。 やった!

JL041便(羽田→ロンドン便)エコノミー搭乗客の利用について

■ラウンジの受け付け開始時間は23時半以降予定
サクララウンジ5階を利用(受付は4階)
■シャワールームは利用不可

場所はこちら。

JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット
(C) Japan Airlines 

JAL「サクララウンジ」の場所は、保安検査場、出国審査を抜けてすぐ近く(112ゲート前)に入り口があります。荷物を預けて、身軽にリラックス出来ますね。

【憧れのJALビーフカレー!】
JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット
JAL特製オリジナルビーフカレー 
(C) Japan Airlines 写真提供 
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

「ビーフがたっぷりで、レストランのものより美味しい」とファンの多いJALのビーフカレー。一度は食べてみたかったカレーを、今こそ食べられます!「JAL利用の海外旅行では、このカレーを食べるのが習慣」というファンもいるほど。

【メゾンカイザーの焼き立てパン】
サクララウンジでは、3つ星レストランが使っているメゾンカイザーのパンがあります。大好きなメゾンカイザーのパンがあるなんて、ポイントが高いですよね。

【パスタやスープも】
Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)のスープ、パスタもあります。シンプルな構成ですが、深夜でも食べやすい軽食と言えるのではないでしょうか。

【機内食は離陸から7時間後1回】
お夜食をラウンジで頂いて、機内ではグッスリ眠って疲れをとりましょう。ちょうど目覚めた頃(搭乗後約7時間後1回)に、機内食が提供されます。
機内食は2回ではないので、食事はラウンジでしっかり食べておきましょう。お腹が空いたら、機内でスナックをいただけますよ。

【ビール、ワイン、日本酒が飲める】
JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット
(写真はイメージです)

アルコール類は、ビール、ワイン、日本酒。ビールは、サーバーから自分で好きに注げます。ハードリカーはありませんが、贅沢は言いません。満足ですとも。コーヒーやジュースなどのソフトドリンクもあります。

夜景が楽しめる

JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット
(写真はイメージです)

深夜便ゆえ、機上から美しい夜景が楽しめます。旅の楽しみの一つですね。

行列で悪名高いヒースロー空港の入国がスムーズに

JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット
(写真はイメージです)

ヨーロッパの巨大ハブ空港である、ヒースロー空港の入国の混雑は半端ではありません。早朝ロンドン着のJAL041便なら、空港はオフピーク時間。いつもは行列の入国審査に、ほとんど並ぶことなく通過出来ますよ。

ロンドン弾丸旅行が可能

金曜日に仕事を終えてからでも余裕で出発に間に合い、土曜日早朝到着でロンドン観光が出来ます。土曜日たっぷり観光し、JAL042便に乗ると翌日曜日9時30分ヒースロー空港出発で月曜日の午前5時15分(2018年3月25日〜2018年8月31日)に羽田に到着。有給休暇を取らずに、週末の休みだけでロンドン旅行が可能です。ロンドンが近く感じますね。

到着が早いので、乗り継ぎでヨーロッパ各地へ

JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット
パリまでは1時間弱、ブリュッセル(ベルギー)やデュッセルドルフ(ドイツ)まで約2時間という近さ。ロンドンを足がかりにして、ヨーロッパ各地へ足が伸ばせます。

ハッピームードのロンドン

JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット
英王室では皇太子の次男ヘンリー王子が婚約、来春には結婚とハッピームード。ロンドンは、何か良い縁が授かれそうな旅行先。

ロンドンで観光、ショッピング、グルメを満喫するには、TABIZINEの記事も参考にしてくださいね。

【記事協力:日本航空 広報部様】
[Photos by shutterstock.com]
エコノミーでもラウンジ利用可能!JALのロンドン深夜便がメリット満載

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。