ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KC-46、空中給油に関する補足証明を取得

KC-46、空中給油に関する補足証明を取得

 2018年4月4日(現地時間)、ボーイングは開発中の空中給油機KC-46ペガサスの空中給油試験が終了し、空中給油に関するアメリカ連邦航空局(FAA)の補足型式証明を取得したと発表しました。KC-46は日本の航空自衛隊でも導入予定です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この補足証明は、原型機である旅客機のボーイング767-200を、空中給油機として種別を変更するために追加した機能について、安全に設計され、運用ができるかということを確認するもの。アメリカのワシントン州シアトル近郊にあるボーイングの飛行場、ボーイングフィールドを離陸した2機のKC-46は、3時間48分の飛行中、もう一方のKC-46に対し、フライングブーム方式で合計で14万6000ポンドの燃料を給油することに成功しました。給油速度は毎分1200ガロン(約4542リットル)。

 KC-46空中給油試験は全体で2700時間に及び、これまでKC-46のほか、F-16、F/A-18、AV-8B、C-17、A-10、KC-10といった多種多様な飛行機に対し、合計2500回の給油を成功させてきました。KC-46は機体後部に取り付けられた給油ブーム(フライングブーム)だけでなく、両主翼に1本ずつプローブ&ドローグ方式(アメリカ海軍機やヨーロッパ製の戦闘機、ヘリコプターやV-22オスプレイが採用)の給油システムを装備しており、3ヶ所からそれぞれ最大で毎分400ガロン(約1514リットル)の速度で同時に給油することが可能となっています。

 ボーイングとアメリカ空軍は、現在もこのほかの機能に関する補足型式証明取得のための試験を続けており、全ての補足証明を取得した時点で、最初のユーザーであるアメリカ空軍に引き渡される予定です。アメリカ空軍では2050年にかけて179機のKC-46を導入し、老朽化しているKC-135を更新します。日本の航空自衛隊ではKC-46を4機、その他のロジスティック支援費用を含めて総額2億7900万ドル(約299億5700万円)で、対外有償軍事援助(FMS)プログラムで導入予定です。

Image:Boeing

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ホンダジェット製造会社が全米航空宇宙学会の賞を受賞
NASAの低ソニックブーム実験機、ロッキード・マーティン「スカンクワークス」が受注
イギリス空軍創設100周年・記念イベントがスタート

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。