ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタバ新作は「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」 代官山でイチゴビニールハウス店も展開

 スターバックスが4月12日より、イチゴがもつあらゆる美味しさを詰め込み「イチゴ過ぎる、イチゴ感」を体験できるイチゴのフラペチーノ、#STRAWBERRYVERYMUCHFRAPPUCCINO (#ストロベリーベリーマッチフラペチーノ) を全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)にて販売すると発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 このフラペチーノはスターバックスのサマーシーズン第1弾として「ワクワクする特別なご褒美感」を盛り上げるものとして登場。

 「全身イチゴ」と紹介されるとおり、ベース、ソース、ホイップクリーム、パウダーなど、すべての素材にイチゴをたっぷり使っているので、みずみずしいジューシーさ、甘酸っぱさ、果実感など、イチゴのあらゆる美味しさが口いっぱいに広がります。

 ベースには、ミルクを使わずみずみずしいストロベリーを楽しめます。また、ゴロゴロした果実感も楽しめるように熱を加えていないストロベリーをそのまま使っています。

 そして優しいクリーミーな味わいのストロベリーパウダーを使ったストロベリーホイップは甘酸っぱいストロベリーの味わいにベストマッチ。最後にストロベリーパウダーをトッピングするので、まるでイチゴ畑にいるような香りに。
 イチゴらしい真っ赤な色合いに仕上げ見た目からもを存分に堪能できます。

 ミルクなしのイチゴのベースに生イチゴ、ホイップクリームもイチゴでトッピングもイチゴ。確かにどこから見ても「イチゴ過ぎる、イチゴ感」。キャッチコピーに納得。

 サイズは Tall サイズ一種類のみ、630円で5月29日(火)までの期間限定販売。
 #ストロベリーベリーマッチフラペチーノ のハッシュタグ付けてSNSにアップしたら映える事間違いなしですね。ただし、オーダーで噛まずに言えるようにするにはちょっと練習が必要かも?!

 また、4月12日から4月15日までの4日間、イチゴビニールハウス農園みたいな「スターバックス コーヒー イチゴビニールハウス店」が代官山 T-SITE内特設エリアに期間限定オープン。こちらはフォトスポットみたいな感じですが、#ストロベリーベリーマッチフラペチーノの販売が15日(日)11:00~18:00 (予定)限定で行われます。

 スタバの看板ももちろん、店内もスタバなのですがまるでイチゴ農園を思わせるイチゴのレーンや正面に位置するバーカウンターの壁面には大量の真っ赤なイチゴでできたイチゴウォールが。「イチゴ農園でスタバの#ストロベリーベリーマッチフラペチーノなう」ってやりたくなっちゃいますね。

画像提供・スターバックスコーヒージャパンPR事務局

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

エイプリルフールネタから商品化!暗闇で光る「夜食りんごヨーグルト」限定発売
パパブブレの「能面キャンディ」がリアル過ぎる
江崎グリコから糖質50%オフのビスケットなど新商品続々登場 「働く女性を応援する食のスタイル」を提案 

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy