体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

頑張った自分へのご褒美「アリかナシか問題」。ついに決着か!?ーーマンガ『インベスターZ』に学ぶビジネス

頑張った自分へのご褒美「アリかナシか問題」。ついに決着か!?ーーマンガ『インベスターZ』に学ぶビジネス

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。今回は、三田紀房先生の『インベスターZ』の第12回目です。

『インベスターZ』から学ぶ!【本日の一言】

こんにちは。俣野成敏です。

名作マンガは、読むリラックスタイムですら学びの時間に変えることができます。私が強くお勧めする選りすぐりのマンガの名シーンの1コマを解説することで、より多くの方に名作の良さを知っていただけたら幸いです。

©三田紀房/コルク

【本日の一言】

「投資家として一流になりたいのなら、自分の中で絶対に価値のあるもの以外にお金を払うべきじゃない」

(『インベスターZ』第3巻credit.17より)

大人気マンガの『インベスターZ』より。創立130年の超進学校・道塾学園にトップで入学した主人公・財前孝史は、各学年の成績トップで構成される秘密の部活「投資部」に入部します。そこでは学校の資産3000億円を6名で運用し、年8%以上の利回りを上げることによって学費を無料にする、という極秘の任務が課されているのでした。

部員以外にも投資部の存在を知っている者がいた

投資部のキャプテン・神代(かみしろ)から「しっかり市場を見て、投資先を決めるように」と言われた財前。休みの日も調べ物をしに学校にやってきます。投資部に保管されている資料を見ようと部室に行ってみると、そこには見知らぬ同年代の女の子の姿が。先生すら知らない投資部の存在を知っていたその子の正体とは、道塾学園の創設者・藤田金七(かねしち)の玄孫(やしゃご)の美雪でした。

9歳の時から資金運用を始め、今では2000万円の個人資産を持つという美雪は、祖父の口から度々、財前の名前を聞き、興味を持ちます。「一体どんなすごい運用をしているのだろう」と思って会いにきたものの、財前から「年間運用益の目標は8%」だと聞いて、がっかりします。

「100億円を運用していて、たったの8%しか利益を出せないのか」と言われ、何とか見返してやろうと考える財前。美雪が高価な時計を身につけていることに気づきます。「株で儲けた自分へのご褒美に買った」と言う美雪に対して、財前が放った痛烈な言葉が「本日の一言」です。財前に1本取られた美雪は、「絶対に仕返しをしてやろう」と決心するのでした。

「これくらい良いだろう」は正しい判断か?

三田紀房先生のマンガには、必ずと言っていいほど「ベテランの助言者」と「気の強い女性」が登場します。『インベスターZ』の場合は、美雪と美雪の祖父がその役割を担います。こうした個性的なキャラクターと主人公との駆け引きも、物語の大きな見どころの一つとなっています。

さて。美雪は「たくさん稼いだのだから、これくらいいいだろう」と、中学生にして数十万円もする腕時計を買ったワケですが、こうした行動は、おそらく多くの人にとっても、身に覚えのあることではないでしょうか。人は我慢した後に、かえってその反動でムダなことをしてうさを晴らそうとするのは、よくあることです。

『スタンフォード大学の自分を変える教室』によると、人は「自分は頑張った・進歩した」と感じると気が緩み、「ここまでやったのだから、少しくらい自分を甘やかしてもいい」と考える傾向にあることがわかっています。そうなってしまうと、散財を正当化し、「努力してご褒美を手に入れた自分」を誇らしいとすら思うようになります。

このように、目先の衝動に目を奪われていると、人は本来の目標を忘れ、誘惑に負けやすくなってしまうこともあるかもしれません。

お金持ちは、「お金の使い道を決めている」

私の知り合いには、お金持ちの方も複数いらっしゃいますが、彼らには、ある共通点があります。それは「お金を出す場面と出さない場面をはっきりと区別している」ということです。

世間では、お金持ちとは豪華な家に住み、別荘やクルーザーなどを所有し、贅沢な暮らしをしていると思われているかもしれませんが、彼らは「自分のためにも自分の顧客のためにもならない」と思うことには、ビタ一文も出そうとはしません。その代わり、いざお金を出す場面になると「そんなに出すの?」と思うほど、思い切りよく使います。「たくさん持っているから、たくさん使おう」という発想にはなりません。

たとえば、あるお金持ちの友人は、奥さんから「出かける時くらい、少しは服装に気を配って欲しい」と言われるそうです。けれど、ご本人はまったく気にしていません。「自分がお金をかけておしゃれな格好をしたところで、仕事の成果にはつながらないから。人前で話をするセミナーには仕方なくお決まりのスーツを着ますけど」と言います。自分が価値を認めないものには、お金を一切使わないからこそ、お金持ちになれたのでしょう。

お金を活かせるかどうかは「使い道次第」

私は、高級ブランド品を否定するものではありません。高いものは、やはり高いだけのことはありますし、たまにはハメを外すことがあってもいいでしょう。ただし、一流になりたければ、やはり「投資家発想」は外せないと思います。投資家発想とは、お金を使う前に「投ずる以上の見返りがあるかどうか?」と考えることです。ここで見返りとは、何も金銭的なものだけでなく、人生の満足度と照らして考えるべきものです。

もともと、お金自体には良いも悪いもありません。未来の満足のために使うのが「投資」、今の楽しみや維持のために使うのが「消費」、そして、使った瞬間から後悔に向かうお金の使い方が「浪費」。この3種類にどう色をつけるかです。

俣野成敏(またの・なるとし)

大学卒業後、シチズン時計(株)入社。リストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。31歳でアウトレット流通を社内起業。年商14億円企業に育てる。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、さらに40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社)と『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』(クロスメディア・パブリッシング)のシリーズが共に12万部を超えるベストセラーに。近著では、日本経済新聞出版社からシリーズ2作品目となる『トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」』を上梓。著作累計は39万部。2012年に独立後は、ビジネスオーナーや投資家としての活動の傍ら、私塾『プロ研』を創設。マネースクール等を主宰する。メディア掲載実績多数。『ZUU online』『MONEY VOICE』『リクナビNEXTジャーナル』等のオンラインメディアにも寄稿している。『まぐまぐ大賞2016』で1位(MONEY VOICE賞)を受賞。一般社団法人日本IFP協会金融教育顧問。

俣野成敏 公式サイト

【関連記事】

→ 俣野 成敏氏の記事一覧

関連記事リンク(外部サイト)

会社のお花見って何着たらいい?大人可愛いお花見コーデ5選
印象アップ間違いなし!会社の飲み会で「おっ」と思われるコーデ4選
人はなぜ「行列に並ぶ」のか…行動から見える仕事の“傾向”とは?ーーマンガ『インベスターZ』に学ぶビジネス

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。