ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣

 新年度になり新社会人に向けた言葉がネット上にたくさん飛び交うここ最近、ブラック企業に入ってしまったら逃げて!という声もあちこちで飛び交っています。それだけ現代の労働環境は深刻な状態。そんなブラックな労働環境に身を置いてしまったある「社畜」の様子が1冊のノートに描かれており、その動画がSNSで話題になっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 作者はNHK-Eテレの「Rの法則」で紙コップアーティストとして出演したこともある、しんらしんげさん。しんらしんげさんの作品は過去にもネットを賑わせており、2016年に発表した紙コップ3個を工作して作ったドラえもんの漫画を動画にしたものは、27万回以上のリツーイトを記録するなど大変な反響となりました。しかし、今回は一つのノートをつかって、立体紙芝居形式で一人の社会人の苦悩を描いています。
1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣物語が描かれたノート

 その紙芝居の中に描かれている主人公は、毎日疲れた顔して通勤電車に揺られているサラリーマン。オフィスのホワイトボードには「死ぬまで働け」の文字。出社した主人公は、朝礼と思しき風景の中で、上司がホワイトボードの「死ぬまで働け」文字に大きくバツを付け、「死んでも働け」にする姿を眺めています。

1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣主人公は毎日疲れた顔して通勤電車に揺られているサラリーマン
1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣ホワイトボードの「死ぬまで働け」文字に大きくバツを付け、「死んでも働け」にする上司

 浮かない顔で必死に働く主人公たち。すっかり暗くなった頃、一人またひとりと退社していく中、最後にただ一人残業となる主人公。遅い帰りの電車の中、居眠りしながら自宅へ帰り、そのまま眠りまた翌朝。

1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣すっかり日も暮れてただ一人残業
1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣帰りの電車ではぐったり

 いつものように疲れた顔で出勤すると、この日の朝礼のホワイトボードには、「激務を誇れ」「社畜を誇れ」「有給休暇は都市伝説」と書かれています。その前に立つ偉そうな上司の話に付き合わされる主人公たちは黙々と仕事を続け、日が暮れるといつも通り残業となる主人公。


 一人残る主人公の元に現れた救世主の同僚は、主人公の仕事を半分持っていき手伝ってくれますが同僚の仕事のスピードの速さにびっくり。しかし……お先に、と帰る同僚は疲れから会社を出たところで車に轢かれてしまいます。


1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣同僚が仕事を手伝ってくれた
1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣しかし、同僚は会社を出たところで事故に……

 そして翌朝……疲れた顔で出勤したその隣はやはり空いており、ホワイトボードには「1日は24時間 3日分働け(8時間×3)」「サービス残業は社会貢献」と。隣のいない状態で働く主人公……その日も暗くなって帰宅した先に見えてきたのは……「楽になれる」誘惑。

1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣翌日も普通に仕事は続く……
1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣その日も暗くなって帰宅
1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣一人帰った家で見たのは「楽になれる」誘惑

 天井から吊るされた紐でできた輪の中に見える、一面の花の楽園。この輪に首を掛ければ、楽園に行ける……誘惑のまま主人公は首に輪を掛けます。これで楽になれる……。しかし、花の楽園を見たのはほんの僅かな時間だけでした。首吊りに失敗し尻もちをついて青ざめ息を切らす主人公のスマホにかかってきた電話は、事故に遭った同僚からでした。

1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣一瞬で我に返る主人公
1冊のノートに描かれた「社畜紙芝居」がリアル過ぎてネット民号泣そこにかかってきた同僚からの電話

「つらいだろうけど、がんばって 私もがんばるから」

 号泣する主人公に、電話の向こうから笑いかける傷だらけの同僚の笑顔。そして壁にもたれている主人公の姿でこのお話は終わります。

社畜ノート

ストーリーは適当です pic.twitter.com/J4erDnFF0H

— しんらしんげ (@shin___geki) April 3, 2018

 2分18秒の中に収められた物語は、現代の救いのなさをそのまま描いているような感じもあり、作者のしんらしんげさん自身も、続くツイートで「もうちょっとハッピーな展開にすれば良かった…」とツイートしていますが、何の解決もない、救いのなさに現実を感じる人も多くセリフのないこの物語からは海外からも含め様々な反響が寄せられています。筆者も書き起こしながらちょっと涙が抑えきれない……。

 無理に頑張らなくていい、辛ければ逃げてもいい。そう思える人が今の社会を変えてくれると個人的には思います。

 このお話はノートを90度の直角に見開いた状態で立体的に見えるよう描かれ、場面の動きなどが描かれた他の紙を所々に挿入して作られています。これを制作した切っ掛けを作者のしんらしんげさんに聞いてみたところ、今回初めてノートの角度や立体を生かした作品を作られたそうで「立体アートでストーリーを展開した作品などは見たことないので作ってみようとおもったのがきっかけ」という事です。

 また、ストーリーについては「仕事が忙しいときに思いついて考えた感じ」とリアリティが感じられますが、実際の勤務先はここまで酷くなくいい会社だったそうです。

 ツイッターの動画は最大2分20秒まで投稿できますが、「その尺に合わせて最後の展開を作ったところ、結果救いのない感じになってしまいました。自分ではもっと救いのあるいい感じの終わり方にすれば良かったなぁと少し後悔しています。」とも。逆にこの救いのなさが現実味を感じられる様な気がするので個人的にはアリだと思いますが……。

 最後にこの動画を見て共感した人へコメントをお願いしたところ「ツラい仕事を続けるのも辞めるのも度胸がいると思うのでそう意味で「がんばって」です。(動画ではそういう感じでは伝わらなかったですが。)」とメッセージを頂きました。

 首を吊るまで追い詰められている人に「頑張って」は逆効果ですが、そこまで行ってしまう前に、逃げる勇気を持って欲しい。ちょっと方向転換して自分の身を守れるようになって欲しい、そんな願いを感じました。

<記事化協力>
しんらしんげさん(@shin___geki)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

ピンポンダッシュは犯罪の下見かも?インターホンに映らない人物にご用心
可愛い花は実も可愛い?ナガミヒナゲシの実鞘でスタンプ遊びしながら雑草対策
母が作ったムーミン屋敷のクオリティがものすごい!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。