ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人のおしゃれは「さりげなさ」?上級テクニック「隠れブランド」をチェック!

「隠れミッキー」ならぬ「隠れブランド」がおしゃれだと話題になっています。ロゴやモノグラムでブランド感をゴリゴリに前面に出すよりも、さりげなくて気づいた時に楽しいのです。

隠れブランドは楽しい!

実は私自身も、隠れブランドを仕掛けるのが好きです。例えば今だとメモパッドがCOACHです。誰かに書類を送る時に使うのですが、右下にさりげなく「COACH」と入っていますが、派手すぎず、言われなければ気づかないくらいの存在感です。

隠れブランドは、気づいてほしくてしているわけではありません。自分自身がそのブランドを愛用していて、小物も持っていたいから自然とそうなっただけなのです。最近は女性雑誌の付録でブランドのポーチなどの小物が付いてきますが、あまりロゴを主張していないさりげないものは欲しくなってしまいます。

ヴィトンの鉛筆という意外性

GINGER(ジンジャー) 2018年1月号 (2017年11月22日発売)
Fujisan.co.jpより

『GINGER』2018年1月号では、隠れブランドと言えるような可愛いブランド小物を特集しています。特に、エルメス、ヴィトン、ティファニーのグッズにページを割いていて、見ているだけてワクワクしてきます。さりげなく「H」と入ったエルメスのマグネットは書類も挟めて小粋だし、ティファニーの水色を用いたブタの貯金箱も意外性があって素敵です。

私が一番ときめいたのは、ルイ・ヴィトンの鉛筆です。黒い鉛筆にそっと刻まれたブランドネームを見なければ、ちょっとオシャレな鉛筆だなとしか思われないはずです。そして2本の鉛筆を束ねるペンストッパーは金色で、LVのロゴがドーンと入っているのがポイントなのです。それにしてもボールペンや万年筆ならわかりますが、まさか鉛筆を出しているとは。知っている人もあまりいないのではないでしょうか。

ブランドエコバッグは豊富

ヴィトンのエコバッグ
昨夜届いたー
(* >ω

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。