ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【エイプリルフール】ポルシェが最新技術を取り入れた電気トラクターを開発!?

ドイツ車を代表するブランド、ポルシェ。車に詳しくない人でも、高級スポーツカーとしての認識はあるだろう。

そのポルシェが4月1日、電気駆動システム搭載コンセプト「Mission E」のラインナップにトラクターを加えると発表した。これはエイプリルフールにちなんだポルシェの洗練された嘘なのだが、トラクターのイメージそのものがかなり完成度が高く魅力的だ。

・実際トラクターを製造していた

ポルシェがトラクターの製造を手がけていたという事実はあまり知られていない。しかし、知っている人の中には、タイトルだけ見て真面目に受け取った人もいたかもしれない。

ただ、プレスリリースをよく読むと、「ポルシェはこの電気トラックで、さらなるオフロードを目指します」などと茶目っ気が。最新デジタル接続性と急速充電を搭載するとしていて、「こんなハイテクなトラクター、誰が乗るの?」と思わせる。

・農家向け専用アプリも

さらには、専用アプリ「FastFarm」も用意し、これを使うことで農家が衛星からリアルタイムに気象情報を入手することができるとしている。アプリ内には農家フォーラムも設ける、という力の入れようだ。

これはあくまでも“お遊び”発表で、プレスリリースの最後は「エイプリルフールに合わせたもので、もちろん電気トラクターはつくられません」と締めくくっている。

常に最高級のものを追求し、職人気質をうかがわせるポルシェだけに、今回の“お茶目な嘘”は意外だが、こうした遊び心からいいアイデアが生まれるのかもしれない。

Porsche

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。