ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幼稚園の選び方に悩んで本で勉強!1歳10ヶ月からモンテッソーリ園に

f:id:akasuguope01:20170926142544j:plain

双子が1歳になり歩けるようになると、外遊びをする機会が増えました。ですが、公園ですと1人を見ているうちに、1人が公園の外に逃走してしまいそうになることが多々あり、この頃から脱走の危険性のない保育園、幼稚園の園庭開放で遊ぶようになりました。

そこで気づいたのが、幼稚園によって特色、教育方針も雰囲気も全く違うということ。この頃から、双子を入れるならどの園がいいだろうかと考えるようになったのです。 関連記事:初めての幼稚園選びは何を重視したらいいの?保育料月3万円に大いに悩む

ある日、遊びにいった近所の幼稚園に「モンテッソーリ教育を取り入れています」という看板があるのに気が付きました。モンテッソーリってなんだろう?そう思って帰宅後インターネットで調べると、20世紀初頭にイタリアの女医モンテッソーリ氏が作ったもので、子供の自立のため、子供がやりたいということをサポートし最大限に伸ばすことに力を入れている教育法とのことでした。

そういうものもあるのかと思い、他にも教育法があるのか調べていくと、まず幼稚園を作ったドイツのフレーベル教育。ほとんどの幼稚園は、このフレーベル教育を元にしています。

それ以外にはシュタイナー教育、そして最近多くなってきている自然派育児に分類される「森の幼稚園」など様々。

色々ありすぎてわからなかった私は、育児の合間に図書館で専門の本を借りては読むようになりました。そして、色々な園を見学、最終的に40園程見学に行きました。正直、時間に余裕があったからこそやれたことだと思います…。

そして、最終的に私が気になったのはモンテッソーリ教育。子供がしたいことを集中してやらせてあげられるという環境に惹かれたのです。我が家は双子だったので、1人がなにか集中して遊んでいても、もう1人が確実にそれを邪魔しにいきます。1人で集中する時間を作ってあげたい、それができる園がいいなと思ったのです。

本によるとモンテッソーリ教育は2歳から始めるのがいいといわれることが多くあるようでした。そこで、近所の幼稚園に聞いてみると、1歳10ヶ月から未就園児教室をご案内しますとのこと。そこで少し早いかなと思いつつ、1歳10ヶ月からモンテッソーリ教育の幼稚園の未就園児教室に通い出しました。

現在双子は年少さんですが、楽しく通ってのびのびと過ごしています。自然いっぱいの園庭を駆け回り、虫取りに夢中です。そんな姿を微笑ましくみています。

ちょっと早めから開始した幼稚園選びでしたが、その分じっくり吟味ができたので、早めに探し出してよかったと思っています。 関連記事:私立・公立でこんなに違う幼稚園。費用・設備・通園手段…何を重視して選ぶ?

f:id:akasuguope01:20170926135223j:plain

著者:シオモミ

年齢:37歳

子どもの年齢:3歳の双子

夫の転勤を機に出版社を退職、引っ越したが即双子を妊娠し、一卵性双子男児の育児にあたふた。それも幼稚園に入り、少し余裕ができました。好きなものはマンガ、映画、本、アニメ、お酒。この一杯のために生きている系で、双子はいきつけの酒屋さんにすごくかわいがってもらっています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤ちゃんに英語のアニメを見せ続けること1年。その成果は…「にほんごでみせて!」
音楽って楽しい!と思ってほしい。兄妹でニコニコ笑顔になれるリトミック
9歳、6歳、2歳の年の差兄弟。小学生の習い事や授業参観のとき、下の子は?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy