ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AR、ロボット、IoTに海のドローンまで、個性派スタートアップが集ったSlush Tokyo 2018現地取材レポート


世界中のスタートアップ企業が集まり、新しいアイディアを投資家やメディアに向けてアピールするピッチ大会やデモブースの展示が行われるイベント『スラッシュ(Slush)』。北欧の国フィンランドで2008年にスタートしたこのイベントは、10年を経てヘルシンキ、上海、シンガポール、東京などで開催される国際的な催しとなり、“スタートアップの祭典”として、世界中の起業家と投資家をつなぐ一大イベントに成長しました。

Slush Tokyo 2018 – Slush Tokyo 公式サイト(英語)
http://tokyo.slush.org/

スタイリッシュな映像にまとめられた、イベントの公式予告ムービーは以下の通り。
Slush Tokyo 2018 Trailer

今回は、3月28、29日開催にかけて東京ビッグサイト開催された『スラッシュ・トーキョー(Slush Tokyo)』の会場に潜入することができたので、その現場からフォトレポートをお届けします。

Slush Tokyo 2018 フォトレポート by Mr.TATE

イベントパートナーにはリクルートやPwC、エイベックスパナソニック、ソフトバンク、ノキアなどの企業に加えてジェトロ(日本貿易振興機構)やヘルシンキ市、福岡市、仙台市などもその名を連ねています。

ARホットドッグがつまめる

それではMr.TATEが気になったブースを紹介していきましょう!株式会社アイエンターのブースでは、Microsoftのホロレンズを使用したAR体験のデモが行なわれています。

被写体(ホットドッグ)を周囲360度から撮影したデータをクラウドにアップロードし、インターネットを経由してホロレンズでARデータが閲覧可能。

傍目から見ると何をしているか謎ですが、彼はARゴーグルの中に映ったホットドッグをつまんでいます。

ゴーグルの中に見える映像はこんな感じ。なお、実用例としては「フィンランドからデザイナーがアップロードした家具のデザインを、東京オフィスでARを使って確認する」といった使い方が想定されているそうです。

実際に体験している様子はこちらの動画でご覧いただけます。
ホロレンズで「巨大ARホットドッグ」体験 #Slush Tokyo 2018

遠隔操作で動く巨大ロボット

会場でひときわ目を引くのは株式会社人機一体が開発した人型ロボット。

ロボットの少し後ろにある「コックピット」から、VRゴーグルを装着して操縦する仕組み。人の操作をロボットへスムーズに伝達する技術が同社の強みとのことです。

AIが営業トーク指導

コグニティ株式会社が展開するサービスは営業トークをAIで分析するシステム。成約率が高い「デキる営業担当」の会話データを元に話の展開の仕方を分析し「売れる話し方」を見つけるというもの。

ポイントは単語の出現率や量ではなく「ロジック展開の仕方」を分析する点。一例として「単価の安い商品の営業の場合は、とにかくメリットをたくさん並べて説明すると良い」「医療関係の製品の場合は、リスクについての説明を増やすと良い」といったデータが得られたそうです。

海のドローンは過酷な養殖漁業の救世主か?

養殖漁業の現場にはボートに乗ってのエサやりや巡回による鳥の追い払いなど、手間と時間がかかる作業があります。さらに、魚の盗難対策や設備の修繕などで夜間の見回りが必要になった場合は真っ暗闇の海に漕ぎ出さざるを得ず、万が一海に転落した場合は助けを呼ぶことが困難という危険と隣り合わせの状況です。

1 2次のページ
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。