体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【関西】潮干狩りができるおすすめスポット8選!

【関西】潮干狩りができるおすすめスポット8選! 潮干狩り

宝さがし気分で子どもも大人も夢中になって探して、採った後は美味しく調理して楽しむことができる「潮干狩り」。自分で採ったアサリはまた格別!

関西地区でおすすめの潮干狩りスポットをご紹介します!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

大阪府の潮干狩りスポット

二色の浜潮干狩り場

二色の浜潮干狩り場出典:じゃらん 観光ガイド 二色の浜潮干狩り場

南海電気鉄道南海本線二色浜駅から徒歩10分、全長約1kmの広々とした、貝塚市二色の浜。毎年4~6月頃に潮干狩りが解禁され、大勢の家族連れで賑わっている。この潮干狩り場では、干潟へ入場料(大人1500円/こども750円)を払って入り、もって帰るのは拾った貝のうち大人800g/こども400gまで、というシステム。熊手などのレンタルも行ってます。

心地いい春の潮風に吹かれながら、家族総出でザクザク貝をとって海で思いきり遊び、二色の浜名物の貝めしや貝鍋も味わおう。ちなみに潮干狩りは潮の満ち引きによって最適な時間帯が異なるため、出かける前に二色の浜観光協会、または第五管区海上保安本部海洋情報部や大阪府などから発表される「潮干狩りカレンダー」をチェックすることをおすすめしたい。

\口コミ ピックアップ/

潮干狩りの時期になると沢山の家族連れで賑わいます。とても沢山の美味しいあさりが採れて持ち帰りができるのでとても楽しいです。

(行った時期:2016年10月)

毎年、海水浴に潮干狩りに行っています。子供たちを連れて行くといつも大満足しています。結構美味しいですね。

(行った時期:2017年6月) 二色の浜潮干狩り場

住所/大阪府貝塚市澤871

「二色の浜潮干狩り場」の詳細はこちら

ときめきビーチ(淡輪海水浴場)

ときめきビーチ(淡輪海水浴場)出典:じゃらん 観光ガイド ときめきビーチ(淡輪海水浴場)

大阪難波から電車で1時間、大阪の最南端に程近いときめきビーチ(淡輪海水浴場)は、広々とした白い砂浜と水がきれいなビーチ。古くは紀貫之の「土佐日記」や「万葉集」にも登場する岬町の海岸のひとつで、近隣の長松海岸やせんなん里海とともに白砂青松で有名な景勝地として親しまれてきた。現在は、3月下旬から6月上旬にかけては潮干狩り、7月1日から8月下旬までは海水浴場として大勢の人でにぎわう大阪屈指のリゾートビーチ。砂浜には、競技用を含むいくつものビーチバレーコートが設けられていて、本格的にビーチバレーを楽しめる。夏の海水浴シーズンには、「淡輪駅」からのシャトルバスも運行している。

\口コミ ピックアップ/

とてもきれいなビーチです。潮干狩りも出来るし、夏は海水浴場としても使えるし、バーベキューもできる、オールマイティなビーチです。

(行った時期:2016年8月)

夏は、潮干狩りやバーベキューなどで賑わう、海水浴場です。ビーチバレーなども行われていて楽しかったです。海も綺麗です。

(行った時期:2016年8月) ときめきビーチ(淡輪海水浴場)

住所/大阪府泉南郡岬町淡輪地先

「ときめきビーチ(淡輪海水浴場)」の詳細はこちら

せんなん里海公園

せんなん里海公園出典:じゃらん 観光ガイド せんなん里海公園

大阪府の南部、阪南市と岬町にまたがる海岸沿いにあり、箱作の「ぴちぴちビーチ」、淡輪の「ときめきビーチ」に隣接する公園。「里海」(さとうみ)とは、海と共に暮らしてきた文化を色濃く残す「里」とその「海辺(なぎさ)」を表して名付けられたものという。同園は泉州地区の真夏の祭典「大阪マリンフェスティバル」のメイン会場でもあり、3000人を収容できる国内唯一の常設ビーチバレー競技場「潮騒ビバレー」、長いローラーすべり台や2階建てのコンビネーション遊具がそろうイルカ遊園、たこをモチーフにしたすべり台やターザンロープなどの遊具があるタコ遊園、トレーニングルーム、会議室などがある。ヨットレース、コンサート、花火大会などのイベントもたびたび催されている。

\口コミ ピックアップ/

海水浴や潮干狩りできるときめきビーチがあったり、BBQが出来る場所があったり、広くてとても綺麗です。海が見えるので、景色も良かったです。

(行った時期:2017年3月)

阪南市と岬町にまたがる海岸沿いの公園で、ヨットハーバーや潮干狩りもやっています。パーべキュー施設もあります。

(行った時期:2016年10月) せんなん里海公園

住所/大阪府泉南郡岬町淡輪999

「せんなん里海公園」の詳細はこちら

二色の浜公園

二色の浜公園出典:じゃらん 観光ガイド 二色の浜公園

二色の浜公園は、白い砂と松の緑のコントラストが美しいことから、その名が付けられたと言われている。「松風広場ゾーン」「中央ゾーン」「潮騒の森ゾーン」「スポーツの森ゾーン」の4ヶ所にわかれており、子供から大人までのんびりと一日楽しめる公園となっている。

\口コミ ピックアップ/

夏の海水浴はもちろん、潮干狩りもおすすめです。また、バーベキューもできたり、近くのスーパー銭湯もおすすめです。

(行った時期:2015年3月)

潮干狩りに行きました。広い駐車場がありますが、待つこともあるほど、夏は人気のスポットです。駐車場から海までの間に公園もあります。

(行った時期:2015年7月) 二色の浜公園

住所/大阪府貝塚市澤859-1

「二色の浜公園」の詳細はこちら

ぴちぴちビーチ(箱作海水浴場)

ぴちぴちビーチ(箱作海水浴場)出典:じゃらん 観光ガイド ぴちぴちビーチ(箱作海水浴場)

大阪府の南部、南海本線箱作駅を降りて徒歩約15分。「ぴちぴちビーチ」の愛称で親しまれている箱作海水浴場は、青い海と白い砂浜が美しい人工の海水浴場。晴れた日は淡路島や関西国際空港、明石海峡大橋などが眺められる。海水浴場として運営される期間は例年7月1日~8月31日。ビーチは長さ700m、奥行き80mほどだが、バーベキューコーナーやビーチバレーコート、海の家やシャワー設備なども備えられており、家族連れやグループなどが毎年多く訪れる。8月上旬頃には、大阪(阪南)マリンフェスティバルとして、ビーチバレー高校生男子の全国大会、「全日本ビーチバレージュニア男子選手権」が開催され、全国の男子高校生たちによる熱戦が繰り広げられる。

\口コミ ピックアップ/

箱作にある海水浴場へ毎年のように泳ぎに行っています。潮干狩りなどもやっておられ、隣の鉄板で食べるスペースも設けられています。広い場所なので、気兼ねなくくつろげます。

(行った時期:2016年8月) ぴちぴちビーチ(箱作海水浴場)

住所/大阪府阪南市箱作3346

「ぴちぴちビーチ(箱作海水浴場)」の詳細はこちら

兵庫県の潮干狩りスポット

赤穂唐船サンビーチ潮干狩り場

赤穂唐船サンビーチ潮干狩り場出典:じゃらん 観光ガイド 赤穂唐船サンビーチ潮干狩り場

兵庫県立赤穂海浜公園に隣接する遠浅のビーチ「赤穂唐船サンビーチ」は、干潟も広いため、高齢者から小さな子どもまで安心して楽しむことができます。栄養豊富なアサリを探して思う存分楽しめます。

※入場料金は平成24年度分を掲載しております。年度により変更の可能性がありますので、詳しくはお問い合わせください。

\口コミ ピックアップ/

潮干狩り初体験しました!

家族連れが多く、賑わっていました!

思っていたよりたくさんとれて楽しかったです!

(行った時期:2016年5月)

初潮干狩りでした。道具がレンタルできるので身軽でいけてよかったです。子供が大はしゃぎで喜んでいました。

(行った時期:2015年6月) 赤穂唐船サンビーチ潮干狩り場

住所/兵庫県赤穂市御崎1984-2

「赤穂唐船サンビーチ潮干狩り場」の詳細はこちら

新舞子潮干狩場

新舞子潮干狩場出典:じゃらん 観光ガイド 新舞子潮干狩場

西日本随一の遠浅の海岸。ハマグリ、マテ貝、アサリ等が採れる。

\口コミ ピックアップ/

夏は海水浴場の遠浅の海です。

アサリやハマグリがたくさん取れて、小さな子供も楽しめます。休憩場所などもしっかりあります。

(行った時期:2017年6月)

潮干狩り初心者でもたくさん取れます。

子どもも夢中になってほっていたので家族で来てみんなで楽しめると思います。

(行った時期:2017年5月) 新舞子潮干狩場

住所/兵庫県たつの市御津町黒崎

「新舞子潮干狩場」の詳細はこちら

和歌山県の潮干狩りスポット

片男波公園

片男波公園出典:じゃらん 観光ガイド 片男波公園

万葉の歌人、山辺赤人が「和歌の浦に 潮みちくれば 潟を無み 葦辺をさして 鶴なきわたる」と詠んだ和歌浦。海水浴場として名高いが、噴水広場や日本庭園、歌碑が並ぶ万葉の小道と、都市の雑踏を忘れ、歴史と文化にひたることができる。木製遊具がメインの遊具広場もあるので、ファミリーにもおすすめ。

万葉の歌人の心にふれ歴史の旅人になれる場所

\口コミ ピックアップ/

細長い砂嘴に体育館、屋外ステージ、レストランがあります。周辺の海は夏は海水浴場や潮干狩り会場になるようです。潮の満ち引きが大きく、眺めていると面白いですよ。

(行った時期:2016年4月) 片男波公園

住所/和歌山県和歌山市和歌浦南3-1700-2

「片男波公園」の詳細はこちら

※この記事は2018年3月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

大人世代が行ってよかった!日本の世界遺産ランキングを発表
ブラックサンダーを詰め放題!?限定メニューも買える本社工場が穴場すぎ!【愛知】
1日中楽しめる!東京ミッドタウン日比谷おすすめのデートプラン

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。