体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【九州】500円以下で入れる日帰り温泉14選!格安で貸切風呂や絶景露天も

咸生閣

九州の観光で欠かせないものといえば「温泉」ですよね!

そこで今回は、九州でワンコインで入れる温泉をご紹介します。

アマゾン気分が味わえるおもしろ「ジャングル風呂」や、貸切とは思えないほど広い「家族風呂」、有明海を一望出来るオーシャンビューの「絶景露天風呂」など気になるスポット満載です。

ぜひ参考にして、九州の温泉を楽しんで下さいね♪

<目次>

福岡県の「日帰り温泉」はこちら →

■佐賀県の「日帰り温泉」はこちら →

■長崎県の「日帰り温泉」はこちら →

■熊本県の「日帰り温泉」はこちら →

■大分県の「日帰り温泉」はこちら →

■宮崎県の「日帰り温泉」はこちら →

■鹿児島県の「日帰り温泉」はこちら →

記事配信:じゃらんニュース

1.咸生閣【福岡県うきは市】

ココはどこ?森の中?正解はジャングル風呂。

咸生閣ジャングル風呂大人400円、3歳~小学生200円。子どもも大人も大興奮。写真は男湯

ガジュマルにバナナ!?亜熱帯植物が生い茂る「ジャングル風呂」。浴槽は男女計400畳と広々。美肌湯特有のトロトロの浴感に浸かりながら、アマゾン気分を堪能しよう。 咸生閣(かんせいかく)

TEL/0943-75-2121

住所/福岡県うきは市吉井町千年14-1

営業時間/10時~20時

定休日/不定

アクセス/大分道杷木ICより10分

駐車場/35台

※シャンプー・リンス/有、ボディソープ/有、ドライヤー/有、フェイスタオル/100円

「咸生閣」の詳細はこちら

2.博多湯【福岡県筑紫野市】

歴史を刻む良泉が湧く湯処、硫黄の香りで浴感しっとり。

博多湯大人300円、小学生以下150円。古来から絶えることなく湧く良泉。

二日市温泉街の一角に佇む創業157年の湯処。地下260mから湧く湯は、源泉から浴槽へ直送!つまり、空気に触れさせず、新鮮なまま加温・加水なしの天然温泉100%の湯を存分に楽しめる。 博多湯

TEL/092-922-2119

住所/福岡県筑紫野市湯町1-14-5

営業時間/9時~21時(最終受付20時30分)

定休日/なし

アクセス/九州道筑紫野ICより5分

駐車場/周辺に有料駐車場あり

※シャンプー・リンス/有、ボディソープ/有、ドライヤー/有、フェイスタオル/100円、バスタオル/レンタル150円

「博多湯」の詳細はこちら

3.国民宿舎いろは島【佐賀県唐津市】

目の前はいろは島!開放感バツグンの絶景湯。

国民宿舎いろは島大人480円、3歳~小学生240円。内湯ながらもこの絶景。写真は男湯 国民宿舎いろは島ドライブデートにぴったり♪海岸沿いの温泉施設

伊万里湾に浮かぶ48もの島々が織りなす美しきいろは島。日帰り入浴では、展望大浴場から圧巻の景色を堪能できる。湯はpH値8.6、つるつるした肌触りだ。 国民宿舎いろは島

TEL/0955-53-2111

住所/佐賀県唐津市肥前町満越886-1

営業時間/10時~19時(最終受付18時30分)

定休日/なし

アクセス/西九州道北波多ICより20分

駐車場/66台 ※入浴は宿泊者優先のため、日帰り入浴は混雑時お断りする場合あり

※シャンプー・リンス/有、ボディソープ/有、ドライヤー/有、フェイスタオル/150円、バスタオル/レンタル200円

「国民宿舎いろは島」の詳細はこちら

4.嬉野温泉公衆浴場「シーボルトの湯」【佐賀県嬉野市】

レトロな洋館の公衆浴場でトロトロ美肌湯を堪能。

嬉野温泉公衆浴場「シーボルトの湯」大人400円、小学生200円。写真は大浴場の女湯。貸切湯(50分2000円)もある 嬉野温泉公衆浴場「シーボルトの湯」オレンジのとんがり屋根が目印

1995年に歴史を閉じた公衆浴場「古湯」が2010年に市営公衆浴場として復活。建物は当時を再現し、ゴシック調建築の洋館。吹き抜けの開放的な空間で、嬉野特有のトロトロ湯を満喫しよう。 嬉野温泉公衆浴場「シーボルトの湯」

TEL/0954-43-1426

住所/佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙818-2

営業時間/6時~22時(最終受付21時30分)

定休日/第3水(祝日の場合翌日)

アクセス/長崎道嬉野ICより5分

駐車場/30台

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。