ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラランス × クスミティーの紅茶でリフレッシュ&リラックス!


フランスのスキンケアブランド「クラランス」が、コラボレーションで紅茶を発売した。

専属の植物民俗学者が世界中の土地から植物を探し、研究し、植物の可能性を製品として提案している「クラランス」がコラボの相手として選んだのは、サンクトペテルブルクで1867年に創業しパリの文化に育まれた紅茶ブランド「KUSMI TEA(クスミティー)」。


今回のコラボで生まれたオリジナルのブレンドティー「テ クラランス」は、“refreshing & relaxing”をテーマに、クラランスとクスミティーに共通する世界観を表現。グリーンティーをベースとし、ミネラルを豊富に含むといわれている海藻を数種類用いた独創的なティーは、レッドカラントとパウダリーローズの華やかな香りがアクセント。まるで「クラランス スキン スパ」でのトリートメントを受けたかのように、身体の巡りを良くし、幸福感あふれる気分へと誘ってくれる。「クラランス」のレッド&ホワイトのカラーリングが目を引くオリジナルパッケージ缶もかわいい。


「テ クラランス」は、ホリスティックビューティを体感できる限定キット「テ クラランス オリジナル キット」6500円(税抜)として販売。「ボディ オイル “トニック”」DSCサイズ、「スムージング ボディ スクラブ」トライアルサイズと、ティーバッグ20個入りの「クスミティー テ クラランス」1缶のセットとなっており、「クラランス GINZA SIX店」およびオンラインショップにて数量限定で発売中。

植物の可能性を“化粧品”と“紅茶”というそれぞれの形で製品化する2つのエキスパートブランドによるこのオリジナルティーを、ぜひ味わってみて。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy