体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone は64Gか256Gのどちらを買うべき? 失敗しないストレージ容量の選び方

季節は春。このタイミングでスマホも心機一転、気になっていたiPhone 8やiPhone Xに機種変更を検討中の人も多いだろう。

しかし、iPhoneの購入時に迷うのはストレージ容量の違い。自分にベストな容量を選択しないと、好きな写真や音楽を満足に保存できなかったり、動作の重さに悩まされたりすることになる。今回は、iPhone最新モデルのストレージ容量の選び方を紹介しよう。

iPhoneのストレージ容量の種類は?

まずはiPhone最新モデルのストレージ容量のラインナップから見ていこう。最新モデルであるiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xでは、64Gと256Gという2つのモデルを用意している。

iPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plusの写真
左/iPhone 8 中央/iPhone X 右/iPhone 8 Plus

当然ながら高額なのは256Gモデル。しかし、256Gは大容量のため、iPhoneの使い方次第で料金以上の価値を感じられるだろう。いまいちピンとこないかもしれないが、詳しくは後述したい。

iPhoneの容量選びが重要な理由

そもそもiPhoneの容量選びはどうして重要なのか。

理由のひとつは、iPhoneではAndroidのようにSDカードを外部ストレージとして使えないことだ。写真や音楽、動画といったファイルをオフラインで手元に置きたければ、iPhoneに内蔵されたストレージに保存するしか方法はない。

選択したストレージ容量によって今後の使い方も左右されるため、しっかりと先を見据えた容量選びが大切なのだ。

容量の上限に達してしまうと、撮り溜めた写真やお気に入りのアプリを渋々削除したり、クラウドネットワーク上にファイルを移動したりなど空き容量不足と格闘する羽目になる。それを避けるためにも、あらかじめ自分の不自由しない容量を選択したい。

iPhoneの大容量モデルがおすすめの人は?

では、64Gと256Gはそれぞれどんな人におすすめなのだろう。

まずは256Gから見ていきたい。大容量モデルに向いているのは、当然ながら以下のような人になる。

●写真や動画をたくさん撮影する人
●大量の音楽や映画をiPhoneにストックし、外出先での余暇を楽しみたい人
●さまざまなアプリを使い分けるビジネスマンやスマホヘビーユーザー

とはいえ、ひと口に“大量の写真”と言われても、自分の保存数が多いかは判断しかねる。「写真を1,000枚保存しているけど、これって多いの?」と首を傾げてしまう人もいるはずだ。そこでここでは、メジャーなアプリで使用するデータ量を算出してみた。あくまでも「計算上」だが、おおまかな目安となるだろう。

■写真は最大で何枚撮れる?

写真の保存形式といえば、馴染み深いのは「JPEG」や「PNG」だろう。しかし、iPhone 8とiPhone Xでは、高画質且つ軽量な「HEIF(ヒーフ)」という新形式を採用している。

HEIFの写真は、たとえ同じ画質でもサイズはJPEGの約1/2に圧縮される。iPhoneの標準的な解像度である4,032×3,024の写真なら1枚につき1〜1.5MBといったところだ。仮に1枚の写真を平均1.25MB、iPhoneの全容量を費やすとした場合、64Gだと51,200枚、256Gだと20万4,800枚の写真を撮りためられる計算になる。

256GBのiPhoneで保存できる写真の枚数の表(あくまで計算上) iPhone 8のカメラで撮影

■動画なら何本保存できる?

「H.265/MPEG-H HEVC」とも呼ばれるが、従来のiPhoneカメラに採用されていた「H.264/MPEG-4 AVC」と比べると、画質を犠牲にすることなく約1/2のサイズに圧縮される。

保存時の容量は、デフォルト画質のフルHD動画「1,080p HD/30 fps」設定なら1分間あたり約60MB、iPhone最新モデル独自の超高画質4K動画「4K/60 fps」なら1分間あたり約400MBだ。つまり、仮に1本あたり1分、iPhoneの全容量を費やした場合、保存可能な数は計算では以下の通りになる。

256GBのiPhoneで保存できる動画の容量の表(あくまで計算上)
※1動画1分の場合

こちらの記事もあわせてどうぞ
「HEIF」とは?(HEVCも解説有り)

■アプリに必要な容量は?

正直なところ、アプリのサイズはピンキリだ。1MB未満のミニマルなものから1GB以上の大容量のものまである。ここではストレージを占有しがちな2大ジャンルを紹介しよう。

もっともデータ容量を要求されるのはゲームアプリ。特にシステムを凝らしたビッグタイトルほど大容量になる傾向で、たとえば「ポケモンGO」は約300MB、「シャドウバース」に至っては約1GBもある。通勤電車などでゲームをするのが日課の人は、64Gモデルだと少々心許ないかもしれない。

iPhoneのホーム画面
1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。