ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雑魚あつかいの魚が、おいしい主役になる岡山「ままかり」

雑魚あつかいの魚が、おいしい主役になる岡山「ままかり」

料理の基本の「さしすせそ」のなかでも、お酢ってイマイチ影が薄い気がしませんか?「そんなことはない」と思ったアナタ、ひょっとして岡山県出身? じつは全国でも酢の消費量がトップクラスだったほど、岡山県民はお酢が大好き。

そんな岡山には、すいー(酸っぱい)ものがぎょうさん(たくさん)あるんです。

豊かな瀬戸内が生んだ
“すいー” 海の幸

雑魚あつかいの魚が、おいしい主役になる岡山「ままかり」

瀬戸内海は潮の流れが速く、プランクトンが豊富。さらに内海なので、古くから海路として使われてきたほど、波もおだやかで漁業も盛んです。そんな豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」でしょう。

サッパとは、汽水域に生息するニシン科の魚で、見た目はコハダとそっくりな魚。では江戸前鮨のネタとして一般的かというと、そうではありません。他の地域でもキイワシ(石川)、ハラカタ(大阪)、ハダラ(福岡)など、地域によって違う呼び名を持っていますが、どちらかというと雑魚扱い。

いっぽう岡山では「家のご飯(まま)を食べきって、隣の家からご飯を借りてしまうほどおいしい」という意味で「ままかり」と呼ばれ、愛されているんです。

サッパをサッパリ食べる
瀬戸内の知恵

雑魚あつかいの魚が、おいしい主役になる岡山「ままかり」

この「ままかり」、岡山県では酢漬けにして食べるのが一般的。

というのも、サッパは青魚の例にもれず、足の早い魚。酢で締めることで保存性を高めつつ、旨味も増し、小骨も柔らかくなって、青魚独特の臭みを抜くこともできます。

そして実は、ままかりことサッパの名前の由来は「さっぱりした味わいだから」だそう。初夏に旬を迎えたサッパを酢で締めて一層サッパリさせれば、食欲の落ちる夏場だろうがなんだろうが、ままを借りてでも食べたくなるのもうなづけます。

岡山の人たちのお酢を愛してやまない心が、サッパをままかりへと進化させたのかもしれません。雑魚あつかいの魚が、おいしい主役になる岡山「ままかり」

購入は、志ほやより。Photo by Makoto Kujiraoka

関連記事リンク(外部サイト)

ネバトロプチプチ。海と山の幸がひとつになった「味よし」
イカの塩辛とはまったく違う「するめ糀漬け」が万能だった
歴史も色も深い。富山の「黒作り」はレジェンド級

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。