体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本はワースト1位?世界10か国の有給取得率ランキング

日本はワースト1位?世界10か国の有給取得率ランキング

世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンが、2017年の世界の有給取得率調査の結果を発表しました。

2017年の有給休暇利用率が高かった順、有給休暇支給日数が多い順に、各国の有給休暇事情をまとめたのでご紹介します。

 

1位 ブラジル

photo by pixta

有給休暇利用率100%、有給休暇支給日数30日、有給休暇消化日数30日

ブラジルは、長期休暇を取る割合もダントツ1位の国で、中には12月に1年分を消化し、引き続き1月に翌年分を取得して、2か月も続けて休んでしまう人もいるようです。

長期休暇には旅行しているのかというとそうではなく、一生に海外旅行を1回できる人の割合は全国民の10%未満とのこと。

じゃあ休暇には何してるの?というと、他の仕事をするのだそうです。えっ、それでは休んではいないことになるのでは…?

 

2位 フランス

photo by pixabay

有給休暇利用率100%、有給休暇支給日数30日、有給休暇消化日数30日

バカンス大好き、しょっちゅうバカンスしている人が多い印象のフランス。「休暇中は、休暇に出た人の業務やサービスがストップする」ことは当然と受け止められていて、そこから不満は出ないのだそうです。

100%利用ということなので、あなたが休暇から戻ってきたら次は私の番、お互いさま、という感覚があって許せるのでしょうね。「ちゃんと休暇を取らないと、死んでしまう」という考え方さえあるようです。

 

3位 スペイン

photo by pixabay

有給休暇利用率100%、有給休暇支給日数30日、有給休暇消化日数30日

「休暇を取ることは、働く者として当然の権利」という考え方が浸透しています。

休暇だけでなく、普段の働き方においても、しっかりとシエスタの時間を取ったり、ランチ休憩は2時間とる企業も多いなど、「休む」ことの重要性が古くから理解されています。

 

4位 オーストリア

photo by pixta

有給休暇利用率100%、有給休暇支給日数25日、有給休暇消化日数25日

オーストリアでは、病気による欠勤は有給休暇から引かれません。医師の診断書があれば、病欠した日数分は後から有給休暇として戻されます。

オーストリアの人には年間25日、完全に「有給休暇」として過ごせる環境が整っているのです。

 

5位 香港

photo by pixta

有給休暇利用率100%、有給休暇支給日数14日、有給休暇消化日数14日

香港の雇用に関する法律で、年次有給休暇は「中断されない連続の期間とする」と規定されています。少なくとも7日間は連続して取らなければならない規定があります。

まとめて1回で取らなければならないというのは使いづらい気もしますが、長期休暇推奨のお国柄ということなのでしょう。

6位 シンガポール

photo by pixabay

有給休暇利用率93%、有給休暇支給日数15日、有給休暇消化日数14日

シンガポールには2種類の有給休暇制度があり、日本と同じ普通の有給休暇の他に、Medical Leaveという休暇も認められています。

医師の診断書を会社に提出すれば有給で休めるもので、この診断書は病院に行くだけで簡単に発行してもらえるため、かなり気軽に、そして大っぴらに利用されているようです。

そういうことが許されるムードが、シンガポールならではといったところでしょうか。

 

7位 メキシコ

photo by pixta

有給休暇利用率86%、有給休暇支給日数14日、有給休暇消化日数12日

メキシコの有給休暇は、休暇中、出勤する1日分の給料よりも多い、1.25倍のお給料が支給されます。

休んだ方がお給料が増えるなんて、すごい法律!それはみんな、休みたくなりますね。

 

8位 アメリカ

photo by pixabay

有給休暇利用率80%、有給休暇支給日数15日、有給休暇消化日数12日

あれだけいろいろな面で世界を牽引する先進国のイメージがあるアメリカですが、実は労働者に有給休暇を保証する法律がないと知ると驚いてしまいます。

12月にはバケーションが認められていない企業も多いという、もしかしたら日本より悪いかもしれない休暇環境です。

アメリカにも病気専用の有給休暇があり、こちらは取りやすいようで、12月には病欠の人が急に増えるそうです。

 

9位 イタリア

photo by pixabay

有給休暇利用率75%、有給休暇支給日数28日、有給休暇消化日数21日

8月が1か月丸ごと休業、という会社も多いイタリア。それは、8月15日の前後の週が日本のお盆休みのような休暇になることと、そこに合わせて前後に有給休暇を使って、長期休暇を取る人が多いからです。

社長自らがこういう休み方をするので、会社全体が休みになるそうです。8月のイタリアは、何も機能しなくなるとまで言われています。

 

10位 インド

photo by pixabay

有給休暇利用率75%、有給休暇支給日数20日、有給休暇消化日数15日

国として公式に定められている祝日が年間3日しかないインドにおいては、企業や州が自主的に年間で最低7日の休日を設定しするように規定されています。

さまざまな宗教が入り混じるインドでは、各宗教のお祭りの日を祝日と設定するところも多いようです。それと有給休暇を組み合わせて、しょっちゅう「お祭りだから休み」と有意義な休暇を過ごす人も多いようです。

 

まとめ

結果を見ると、「日本の常識は、世界の非常識」な気がしてきますね。アメリカを除くと、休暇を取るのは働く者に取って当然の権利。それが世界の常識のようです。

ちなみに日本の有給取得率は最下位で、有給休暇利用率50%、有給休暇支給日数20日、有給休暇消化日数10日との統計が出ています。個人的にはけっこう多いなと感じました。しかし、この「10日」には確実に病欠での利用も含まれています。

仕事の内容の濃さよりも、ただただ職場にその場にいることだけを求められる。上司の顔色を伺いながら、恐る恐る有給休暇申請を出し、時には却下されることもある。日本は休暇後進国です。考えさせられますね。

休暇先進国の仲間入りができるのには、もう100年ぐらいはかかるかもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

【イベントレポート】TABIPPO設立1周年感謝祭を開催致しました!
次の”プレミアムフライデー”はどこへ行く?若手社員が福岡でリア充トリップしてきた
これだけは守りたい!世界一周のための5つのマナーとは?
2017年世界のパスポートランキング発表!1位に輝いたのは憧れが詰まったあの国だった

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。