体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大自然が生んだ美しい水景色!感動の絶景6選【中国・四国】

鷲羽山第二展望台

少しずつ日差しが暖かく感じられる季節になってきましたね。今回は、どこかにおでかけしたいな、と思っている方にぜひおすすめしたい「絶景スポット6選」をご紹介いたします。360度のパノラマ眺望や、美しすぎる世界で唯一の庭園、日本最後の清流に、開通30周年を迎える瀬戸大橋が堪能できる展望台など…。眺めて楽しみ、写真に撮って堪能する。絵になる景色がいっぱいです。この週末は、みんなに伝えたくなるような絶景を探しに出かけてみてはいかがでしょうか。

記事配信:じゃらんニュース

1. 鷲羽山第二展望台【岡山県倉敷市】

圧巻の瀬戸大橋が堪能できる人気のビューポイント。

鷲羽山第二展望台鷲羽山第一展望台は、第二展望台の駐車場から歩いて約10分

駐車場からほど近く、観光客に人気の鷲羽山第二展望台。目の前に広がる瀬戸大橋と、海や空とのコントラストが美しいロケーションは絶好の記念撮影ポイント。展望台のすぐそばにはレストハウスがあるので、食事やお土産選びも楽しむことができる。 鷲羽山第二展望台

TEL/086-426-3411(倉敷市観光課)

住所/倉敷市下津井田之浦

営業時間/終日

定休日/なし

料金/無料

駐車場/362台、障がい者専用4台、バス45台

「鷲羽山第二展望台」の詳細はこちら

2. 鷲羽山第一展望台【岡山県倉敷市】

夕陽×ライトアップが多島美をより鮮やかに彩る。

鷲羽山第一展望台「日本の夕陽百選」にも選ばれた景勝地

鷲羽山第一展望台(鷲羽山ビジターセンター)は地元の俳人、難波天童(なんばてんどう)の歌碑が目印。ここからは瀬戸内海に点在する島々と瀬戸大橋の全景を見渡すことができる。海に沈んでいく夕陽やきらめくライトアップなど、時間帯ごとに楽しみ方もさまざま。 鷲羽山第一展望台

TEL/086-426-3411(倉敷市観光課)

住所/倉敷市下津井田之浦

営業時間/終日

定休日/なし

料金/無料

駐車場/鷲羽山第二展望台駐車場利用

3. 亀老山展望公園【愛媛県今治市】

眼下に広がる大パノラマ!瀬戸内の島々が箱庭のよう。

亀老山展望公園大島の南端に位置。世界初の三連吊橋「来島海峡大橋」も眼下に

山頂の展望台は有名な建築家が設計した近未来的なデザイン。瀬戸内海国立公園の美しい景色が360度のパノラマで眺望でき、晴れた日には石鎚山までも。 亀老山(きろうさん)展望公園

TEL/0897-84-2111(今治市吉海支所 住民サービス課)

住所/今治市吉海町南浦487-4

営業時間/24時間自由

定休日/なし

料金/入園無料

アクセス/西瀬戸道(瀬戸内しまなみ海道)大島北ICより15分(今治方面からは大島南ICより10分)

駐車場/18台

「亀老山展望公園」の詳細はこちら

4. 下灘駅【愛媛県伊予市】

海がこんなに近いなんてまるで映画のワンシーン!

下灘駅ホームにぽつんとベンチがあるだけの無人駅。これが絵になりすぎ下灘駅双海町は「しずむ夕日が立ちどまる町」と呼ばれ、こんな絶景も

ホームに立てば、すぐ目の前に広がる真っ青な瀬戸内海。JRのポスターや映画のロケなどにも使われた絶景は、カメラ女子ならきっとキュンとなるはず。 下灘(しもなだ)駅

TEL/089-994-5852(伊予市観光協会)

住所/伊予市双海町

アクセス/電車:JR松山駅より列車で1時間

車:松山道伊予ICよりR378経由で20分

駐車場/なし

5. 北川村「モネの庭」マルモッタン【高知県北川村】

巨匠の自宅の庭を再現した美しすぎる色彩にうっとり。

北川村「モネの庭」マルモッタン見頃は4月下旬から10月上旬。6月下旬には青い熱帯性スイレンも

印象派の巨匠・モネの名称を譲り受けた世界で唯一の庭園。チューリップやバラなど春の花が自然のキャンバスに描かれ、多くの名作を生んだスイレンも。 北川村「モネの庭」マルモッタン

TEL/0887-32-1233

住所/安芸郡北川村野友甲1100

営業時間/9時~17時(最終入園16時30分)

定休日/火(祝日の場合は開園)

料金/入園料一般700円、小中学生300円

アクセス/高知道南国ICよりR32・55・493経由で1時間

駐車場/100台

「北川村「モネの庭」マルモッタン」の詳細はこちら

6. 佐田沈下橋【高知県四万十市】

自然と暮らしに溶け込んで清流を演出する名物橋。

佐田沈下橋全長は291.6m。四万十の風景に溶けこみ、自然も満喫できる

欄干がなく増水時は川に沈む沈下橋は「日本最後の清流」と呼ばれる四万十川の象徴的存在。本流、支流48本の中でも最長で、歩行はもちろん車も通行できる。 佐田沈下橋(さだちんかばし)

TEL/0880-35-4171(四万十市観光協会)

住所/四万十市佐田

営業時間/24時間自由

定休日/なし

料金/観賞・通行無料

アクセス/高知道四万十町中央ICよりR56経由で1時間15分

駐車場/あり

「佐田沈下橋」の詳細はこちら

※この記事は2018年3月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

今が見頃!中目黒での花見を盛り上げる、目黒川沿いのおしゃれなお店3選
【関東近郊】春夏こそ泊まりたい!非日常を味わえる大人の癒し宿8選
【大分】春限定!絶品パンが味わえる♪おしゃれベーカリーカフェ10選

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。