体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋のディープなパワースポット「チャンバリン」を徹底取材!浄化されてきた

名古屋のディープなパワースポット「チャンバリン」を徹底取材!浄化されてきた

 霊験あらたかなパワースポットは全国各地に点在していますが、チベット仏教そのままの建築様式の寺院は全国探してもここくらいしか見つからない、というくらいの珍しいお寺が名古屋に存在しています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 市内でも秘境扱いされる事の多い名古屋市守山区。隣接する春日井市を一望できる見晴らしの良い場所にある、日本離れしたきらびやかな装飾などが施されている不思議な雰囲気の建物。……ここは「名古屋のチベット」と言われる、名古屋市民なら誰でも知っているという有名なスポット。普通のお寺ではなく、チベットの仏教をそのまま伝えているところなのです。


 このチベット寺院「チャンバリン(強巴林)」は、守山区のとある山を切り開いて造られた広い境内に4年の歳月をかけて建立され、その装飾やお祀りされているご本尊のお釈迦さま、十二体の菩薩様は、チベットの寺院と寸分違わないものをチベットで作り上げ、名古屋へ運んでお祀りしているとの事。寺院の門両側には、内部に経文が収められた黄金に輝くマニ車があり、ご真言を唱えながら回すと功徳を積むことができるといいます。もちろん筆者、両方とも回してきました。


 寺院の入り口でお線香代200円を納め、靴を脱いで中へ。堂内は撮影禁止なのでご紹介できないのですが、今回筆者は13時から行われる法要「強巴林祭」に参列しました。法要の前に経典が配られ、それを読経する住職の後に読み上げていきます。法要後はご本尊「釈迦牟尼仏十二歳像」と、その周りに安置されている十二菩薩、そして成人した姿を模したお釈迦様の像を拝観。こちらは、法要の時にしか拝む事ができないという貴重なお姿です。

 今回取材を兼ねた参拝のご縁を頂いた事の感謝と個人的な願い事をお釈迦様にお伝えして、寺院2階へ。こちらには、この寺院を建立した大住職である森下永敏大住職が厳しい修行を行った際に使われた法具や写真などが展示されており、なかでも左手の部屋の天井に描かれた大宇宙マンダラは、絵ではなくチベットの言葉で書かれた不思議なもの。この下で瞑想をすると不思議な体験をされる方が多いそうです。

 寺院2階の応接間の様なお部屋「日光殿」に吸い込まれるように足が向いた筆者。案内をして下さった方によると、「このお部屋は悩みがある人が居心地がいいと感じる事が多いようです」。……確かに悩みだらけの筆者、ここがとても居心地よく感じるし、同行した筆者娘は「ここでならいくらでもくつろげる」と……。

 また、チャンバリンは人の縁を結ぶお力がとても強いので良縁祈願に来る人も多く、恋愛や結婚のみならず、友人や学校の先生とのご縁、また仕事での良縁を求めての参拝者が多くいらっしゃるとの事です。

 このチャンバリンは、世界的な有名歌手やスポーツ界、政治家などからの信頼も篤く、日本はもとより世界各国からも参拝に訪れる人がいるといい、そのご利益は知る人ぞ知るところとなっています。

 元々は普通の主婦だったという森下永敏大住職、幾多の人生の苦難を乗り越えていくうちに修行に目覚め「八日間石室断食行」や「八千枚大護摩供」など、生きるか死ぬかのぎりぎりのところでの修行を重ね、最後の修業の場として訪れたチベット、そこでのボミ高僧との運命的な出会いによりチャンバリンを建立する事となったそうです。

 チャンバリンの大きな法要としての「春大祭」は今年は4月8日に開催。この春大祭では手持ちの財布を浄化して頂けるご祈祷「財布供養」が行われるそうで、供養をしてもらったお財布を使っていると余計な出費が不思議と減るのだそう。境内の桜も見ごろになる時期、財布供養以外にも楽しいイベントを行うという事もあり早速申し込んできました。

 このチャンバリンには観光目的で来る人も多いようですが、ふもとにある倶利伽羅不動寺へも足を運ぶ人は多く、心迷える人にとっての目印の様でもあると感じました。こちらの倶利伽羅不動寺のご本尊「倶利伽羅不動明王」は、大住職が夢のお告げにより福井県からお迎えになったそうで、福井で元々お不動様をお祀りしていた所にも「名古屋から我を迎えに来るものがある」というお不動様のお告げがやはりあった……という不思議な話。こちらの本堂では護摩木を焚いて供養・祈願を行います。境内には滝行ができる場所があり、多くの人が滝行を行われているとの事。この滝行は雑誌などでも紹介され、1回6000円で体験できます(要予約)。年間を通して滝行は行われており、取材した当日も夕方からの冷え込みが強くなる時間も関わらず予約が入っているとの事。この滝行により仕事や学業への結果に繋がる事も多くリピーターも多いそうです。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。