ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅人におすすめの紋別の観光スポット17選

旅人におすすめの紋別の観光スポット17選

流氷と大地の恵みを活かし、人が輝き続ける街・紋別。北海道の中でも特に海の幸に恵まれている場所であり、毎年冬になると流氷を見ることができるのも魅力的です。なかなか行きにくい場所であることは確かなのですが、ここ紋別でしか体験できないスポットも多く、非常におすすめの街です。

そこで今回は、そんな紋別へ旅行に行った際に訪れるべきおすすめ観光スポットをご紹介します。

 

鴻之舞鉱山跡

goshinさん(@prelude1994)がシェアした投稿 – 9月 8, 2017 at 4:17午後 PDT

こちらは、紋別市にかつて存在していた鉱山の跡地です。かつて「東洋一」の金山と呼ばれた場所でしたが、金産出量は1954年にピークを迎え、その後減少していき、現在は坑口がすべて閉じられ、石碑と慰霊碑が残るのみとなっています。
■詳細情報
・名称:鴻之舞鉱山跡
・住所:北海道紋別市鴻ノ舞

 

鴻紋軌道跡

goshinさん(@prelude1994)がシェアした投稿 – 9月 7, 2017 at 3:06午後 PDT

こちらはかつて、鴻之舞鉱山と紋別市を結んでいた軽便鉄道路線の跡です。紋別市内においては、この路線跡は「軌道跡線」という名前がつけられ、市道として利用されています。
■詳細情報
・名称:鴻紋軌道跡
・住所:北海道紋別市鴻之舞

 

オムサロ遺跡公園

toshiさん(@toshikazu_hashimoto)がシェアした投稿 – 6月 18, 2017 at 8:04午前 PDT

縄文時代早期から、続縄文時代、オホーツク文化時代、擦文時代、アイヌ時代と、なんと一万年もの期間の各時代の生活の痕跡が残されている公園です。入口には二艘の廃船があり、こちらも迫力満点だと注目を集めています。
■詳細情報
・名称:オムサロ遺跡公園
・住所:北海道紋別市渚滑町川向153番地
・公式サイトURL:https://inspot.jp/mombetsu/spots/120

 

コムケ湖

Masashi Wagatsumaさん(@ryos_k_papa)がシェアした投稿 – 10月 3, 2013 at 11:55午後 PDT

北西端に三日月状に曲がった部分があり、そこがアイヌ語で「コムケ・トー」(曲がっている・沼)と呼ばれていたことから、コムケ湖という名がついた湖です。紋別市の南東の外れにあり、湖畔のオホーツク海側には、美しいコムケ原生花園が広がっています。
■詳細情報
・名称:コムケ湖
・住所:北海道紋別市小間

 

オホーツク庭園

@nami_hokkaidoがシェアした投稿 – 8月 3, 2017 at 4:43午後 PDT

ここは、紋別公園内にある日本情緒あふれる庭園です。岩肌には人工滝が3本作られており、非常に涼しげ。紋別市民の夏の憩いの場として人気なので、ぜひ一度足を運んでみてください。
■詳細情報
・名称:オホーツク庭園
・住所:北海道紋別市花園町8丁目
・公式サイトURL:http://inspot.jp/mombetsu/spots/129

 

もんべつ流氷まつり

Masashi Wagatsumaさん(@ryos_k_papa)がシェアした投稿 – 2月 8, 2015 at 2:34午前 PST

もんべつ流氷まつりは、北海道では、さっぽろ雪まつり、旭川冬まつりに次いで歴史のあるお祭りです。例年2月の祝日を含む週末に行われ、天然氷で作られたメインステージのほか、大小様々な氷像や巨大な氷の滑り台などが設置されます。
■詳細情報
・名称:もんべつ流氷まつり
・住所:北海道紋別市海洋公園イベント広場
・公式サイトURL:http://mombetsu.net/?s=流氷祭り+

 

上藻別駅逓所(鴻之舞金山資料館)

Casochiさん(@wakuwakucasochi)がシェアした投稿 – 5月 18, 2017 at 3:06午前 PDT

ここは、先にご紹介した鴻之舞金山で採掘された金を運ぶために作られた建物です。鴻之舞金山の記憶を残すために「駅逓保存会」により復元されたもので、かつて使用されていた生活用品から畑作の道具まで、貴重な資料が展示されています。
■詳細情報
・名称:上藻別駅逓所(鴻之舞金山資料館)
・住所:北海道紋別市上藻別297-1

 

オホーツク スカイタワー

Hirofumi Suenagaさん(@rzdz1)がシェアした投稿 – 10月 9, 2013 at 6:55午後 PDT

標高300メートルを超す山の上にある、オホーツク スカイタワー。車で行くことができるのでアクセスも良く、紋別の街を一望できるのでおすすめです。また徒歩で行きたいという方は、遊歩道があるので、そちらを通ればバードウォッチングや森林浴、植物観察などが楽しめます。
■詳細情報
・名称:オホーツク スカイタワー
・住所:北海道紋別市大山町4丁目
・公式サイトURL:http://mombetsu.net/tourist-facilities/オホーツクスカイタワー

 

紋別市立博物館

masa727さん(@masatamo727)がシェアした投稿 – 2月 25, 2017 at 2:33午前 PST

紋別の人々の歴史や文化を、映像、模型、ジオラマ、実物資料などで分かりやすく展示した博物館です。入場料無料で入れるので、気軽に立ち寄ってみてください!
■詳細情報
・名称:紋別市立博物館
・住所:北海道紋別市幸町3丁目1-4
・公式サイトURL:http://mombetsu.jp/sisetu/bunkasisetu/hakubutukan/

 

オホーツクとっかりセンター

Sanappleさん(@7penguin_girl929)がシェアした投稿 – 8月 15, 2017 at 9:14午後 PDT

オホーツクとっかりセンターは、日本最北のあざらしの保護施設です。怪我をしたり網にからまったりして保護されたアザラシを治療し、自然の海へ返す目的で作られました。その治療過程で、アザラシの観察・観賞などができます。
■詳細情報
・名称:オホーツクとっかりセンター
・住所:北海道紋別市海洋公園2
・公式サイトURL:https://mombetsu.jp/sisetu/other/goma/

北海道オホーツク流氷科学センターGIZA

TakyuaKlvさん(@funi9280)がシェアした投稿 – 12月 21, 2017 at 7:27午後 PST

北海道オホーツク流氷科学センターGIZAでは、流氷が生まれる仕組みやオホーツク海の環境を学べるだけではなく、-20度の極寒の空間で本物の流氷に触れたり、流氷の天使・クリオネも見ることができます。
■詳細情報
・名称:北海道オホーツク流氷科学センターGIZA
・住所:北海道紋別市元紋別11−6
・公式サイトURL:http://giza-ryuhyo.com

 

氷海展望塔オホーツクタワー

yohさん(@yoh9000)がシェアした投稿 – 5月 12, 2017 at 10:46午後 PDT

氷海展望塔オホーツクタワーは、紋別の海岸線から沖に約1,000m、水深10mに建設された、洋上部4階、水中部1階の海中展望塔です。流氷観察はもちろん、四季を通して様々な海の生き物たちの生態観察が楽しめます。
■詳細情報
・名称:氷海展望塔オホーツクタワー
・住所:北海道紋別市海洋公園1
・公式サイトURL:http://www.o-tower.jp

 

オホーツク流氷公園

yumiharu44さん(@yumiharu44)がシェアした投稿 – 5月 6, 2017 at 5:07午前 PDT

流氷で有名な紋別市にある北海道立オホーツク流氷公園は、遊具が充実しており、夏は水遊び、冬は雪遊びを楽しめます。また屋内には広々とした無料の遊び場もあり、家族で楽しめる観光スポットです。
■詳細情報
・名称:オホーツク流氷公園
・住所:北海道紋別市元紋別101
・公式サイトURL:http://seaicepark.jp

 

童話村たきのうえ芝ざくらまつり

RYOさん(@lime19)がシェアした投稿 – 5月 23, 2014 at 10:21午後 PDT

滝上町の芝ざくら滝上公園では、毎年「童話村たきのうえ 芝ざくらまつり」が開催されています。公園は、毎年5月~6月にかけて、芝ざくらで一面ピンク色に染まります。
■詳細情報
・名称:童話村たきのうえ芝ざくらまつり
・住所:北海道紋別郡滝上町元町
・公式サイトURL:http://takinoue.com/?shiba

 

かみゆうべつチューリップフェア

Masaki Kaiyaさん(@msk_kaiya)がシェアした投稿 – 5月 8, 2015 at 3:03午前 PDT

毎年5月から開催される「かみゆうべつチューリップフェア」。広大な公園の中に、本場オランダから直輸入された珍しい品種など、約200品種の色鮮やかなチューリップを咲き乱れます。
■詳細情報
・名称:かみゆうべつチューリップフェア
・住所:北海道紋別郡湧別町上湧別屯田市街地
・公式サイトURL:http://www.town.yubetsu.lg.jp/tulippark/

 

オムサロ原生花園

hideo ikedaさん(@hideike3)がシェアした投稿 – 8月 3, 2017 at 3:23午前 PDT

オムサロ原生花園は、オホーツク海に面した砂丘地帯に約1kmに渡って続く海岸と、渚滑川の河口にある湿原が融合した海岸性原生植物の群落です。ハマナスやエゾスカシユリなど、50種類もの美しい草花が咲き誇っています。
■詳細情報
・名称:オムサロ原生花園
・住所:北海道紋別市渚滑町川向
・公式サイトURL:http://mombetsu.net/tourist-facilities/オムサロ原生花園

 

紋別公園

正木 庸子さん(@youko.masaki)がシェアした投稿 – 6月 19, 2016 at 7:41午後 PDT

紋別公園は、市街地のほぼ中央に位置し、人工的に整備された部分と手つかずの自然を併せもつ、昭和26年から開設されている公園です。高台にあるため、紋別の町並みと港が見渡せて非常に気持ちが良く、特に朝日に輝くオホーツク海が美しいです。
■詳細情報
・名称:紋別公園
・住所:北海道紋別市花園町8丁目2-1
・公式サイトURL:http://mombetsu.jp/park/toshi/toshikikan/mombetsu_park.html

 

知られざる紋別の魅力に迫る旅

いかがでしたか?北海道内でも、アクセスがあまり良いとはいえない場所にある紋別。旅行に行ったことがあるという方は少ないかもしれませんが、ここでしか体験できない貴重なスポットが数多くあるのでぜひ足を運んで欲しい場所です。

かわいいアザラシや、自然豊かな原生花園、流氷に関する科学センターなど、紋別ならではの遊びがたくさんありますよ!今回ご紹介した場所はどれもおすすめのものばかりですので、ぜひ、皆さんの旅の参考にしてください。

関連記事リンク(外部サイト)

息をのむほど美しい世界の紅葉10選
【春の花祭り開催中】四季の花々が咲き誇る、なばなの里
危険なイメージが180°くつがえる!アフリカの約6分間の映像が“生命力”に溢れていた
釧路のオススメ観光スポット54選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy