ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ロックの殿堂”渋谷公会堂について岸谷 香、土橋安騎夫、大友康平ら名だたるアーティストが語る!

2019年5月予定の新装オープンに向け、現在建て替え工事中の渋谷公会堂。『DI:GA ONLINE』(ディーガ・オンライン)にて展開中の『渋谷公会堂物語 〜渋公には伝説という魔物が棲んでいる〜』では、数多くの伝説的なライヴを生み出し、やがて“ロックの殿堂”とさえ言われるまでになった渋谷公会堂の軌跡とその実相について、当時を知る関係者やアーティストに話しを訊いている。
『渋谷公会堂物語 〜渋公には伝説という魔物が棲んでいる〜』 (okmusic UP's)

本企画の第1回では、1980年代のバンド・ドリームを体現した代表的な存在のひとつ、プリンセス プリンセスの岸谷 香が、“プリンセス プリンセスの活動への確信がもてた大好きな会場”と語るほどの渋谷公会堂について肉迫! さらには、初の渋谷公会堂公演(1988年4月17日)の即日ソールドアウトを知らせるFAXを手にした岸谷と富田京子の貴重な写真や、当時のディスクガレージ フリーペーパー『GAGA』(1988年5月号)の告知記事も。

日本武道館や東京ドーム公演を経た現在でも、“自分たちがやってきたことに間違いはなかったということに確信を持てた”思い入れの深い場所だと当時のエピソードを交えて語っている。また、岸谷がソロ活動を始めた時に初めてコンサートを行なったのも同会場であり、現在岸谷が活動を行なっているガールズバンド・Unlock the girlsでも渋谷公会堂のステージに立つことが目標とのこと。

他にも、当時REBECCAやBOØWYのコンサート・プロモートを担当していたディスクガレージの中西健夫のインタビューを皮切りに、土橋安騎夫(REBECCA)、大友康平(HOUND DOG)といった名だたるアーティストが登場している本企画。番外編としてライヴ・フィルム『1985.12.25 REBECCA in 渋谷公会堂』のレポートも公開しているので、ぜひあわせてチェックしてほしい。
 (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy