体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

99年前の旅客機、リモワの手で復活再生産開始

99年前の旅客機、リモワの手で復活再生産開始

 2018年3月28日(欧州中央時間)、驚くべき発表がなされました。1919年に初飛行した旅客機が、現代の技術によってよみがえり、再び生産を始めるための型式証明を取得したというのです。仕掛け人は、スーツケースで知られるリモワ(RIMOWA)の社長です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ドイツのユンカースが開発し、1919年に初飛行したユンカースF.13。世界初の全金属製旅客機です。現在のような主翼が1枚の「単葉機」と呼ばれる形式で、当時の航空技術からすれば10年は進んでいた先進的な旅客機でした。型番のFは、ドイツ語で「飛行機」を表すFlugzeugの頭文字。最大で4名の乗客を乗せることができ、全部で322機が生産されました。

 ユンカースF.13はドイツのルフトハンザ・ドイツ航空(源流のひとつにユンカースが設立した航空会社もある)をはじめ、ヨーロッパやアメリカなど、世界の主要国で運行され、日本でも使われていました。航空技術が急速に発達する1920年代にあっても、その設計の先進性から長く使われ、最後の機体が路線から引退したのは1938年と、当時の飛行機としては異例の長さである18年もの運用期間でした。当時の機体はドイツ、フランス、ハンガリー、スウェーデンの博物館で保存・展示されています。

 機体を製造したユンカース社は、F.13の後「タンテ・ユー(ユーおばさん)」の愛称で知られる輸送機Ju52/3mや、「シュトゥーカ(スツーカ)」の名称で知られる急降下爆撃機Ju87などの名機を世に送り出します。戦後はいくつかの合併を経て、現在のエアバスとなりました。「ユンカース」の名称自体は、現在は商標として、時計(ポインテック社)などに使われています。

 今回、ユンカースF.13復活生産プロジェクトの中心となったのは、リブの入ったアルミ合金(ジェラルミン)製のスーツケースで知られる「リモワ(RIMOWA)」の社長、ディーター・モルシェック(Dieter Morszeck)氏。元々リモワのスーツケースの特徴となっている、強度を増すリブ入りの意匠は、F.13やJu52などユンカース製飛行機の特徴だった、リブ(コルゲート加工)で補強したジェラルミン製外板に注目して、ディーター氏の父親である先代社長のリヒャルト氏が採用したもの。ある意味、リモワの社長がユンカース機復活に取り組むのは自然なことだったのかもしれません。

 プロジェクトがスタートしたのは2009年。フランスのル・ブルジェ航空博物館に保存されている機体(アメリカ向けに8機作られたユンカース・ラーセンJL-6のうちの1機)をレーザースキャナを用いて計測して部品を製作する、リバース・エンジニアリングという手法が用いられました。

 当時は降着装置に緩衝装置(オレオなどのショックアブソーバー)やブレーキがないなど、様々な部分で技術が未発達だったため、そのままでは現代の航空安全基準に合致しません。現代の航空機の安全基準に合わせて改良を施したため、形式的には「レプリカ機」となりますが、可能な限り当時と同じ機体を再現しています。ユンカース機の特徴であり、この機体に採用されているリブ入り(コルゲート加工)ジェラルミン外板は、現在では製造技術が失われていたので、技術者らはスイス航空当局の監修のもと、再現に成功したといいます。

 ユンカースF.13は、ユンカース、メルセデス、BMWの液冷直列エンジンや空冷星型エンジンが搭載されたサブタイプが存在します。この当時は当たり前のことだったのですが、型式証明を取得するには、1種類のエンジンを選ぶ必要があります。検討の結果、今でも多くの個体が残っている1930年代の空冷星型9気筒エンジン、プラット&ホイットニー(P&W)R-985ワスプ・ジュニア(450馬力)を採用することにしました。実際にP&W製エンジンを搭載したモデルも、4機生産された記録があるそうです。

 また、初飛行を行う際にも難問がありました。ユンカースF.13の操縦経験がある人は、すでに亡くなっていたので、飛行特性などの操縦に関する手がかりがなかったのです。このため試行錯誤のテストが続けられ、2016年9月15日、オリバー・バッハマン氏と、自身も30年以上のパイロット経験のあるディーター・モルシェック氏によって初飛行に成功しました。操縦特性は非常に良好だそうです。この初飛行には、ユンカースの創業者フーゴー・ユンカースの孫、ベルンド・ユンカース氏の他、87年前の6歳の時にユンカースF.13に乗って空の旅を楽しんだ男性も出席しました。

 復活したユンカースF.13は、製造・販売のために「ユンカース航空機製造株式会社(JUNKERS FLUGZEUGWERKE AG)」をスイスのデューベンドルフ(チューリヒ近郊)に設立。すでに予約をしているアメリカの3名に、予価250万ドル程度(約2億7000万円)で製造・販売される予定です。もちろん、新規顧客も募集中だとか。この他にも1人乗りの縮小版レプリカ製造・販売の予定もあるとのことです。これからの詳しい予定は、現在開設準備中のユンカース航空機製造株式会社公式サイトで公開されるとのことです。

Image:JUNKERS FLUGZEUGWERKE AG

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

韓国空軍向けF-35A初号機が完成
イギリス海軍のヘリ空母、女王に見送られて退役
1964年東京オリンピック開会式を支えたブルーインパルス編隊長らのスペシャルインタビュー公開

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。