ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【賃貸DIY】お部屋のインテリアに! 100均グッズでボタニカルキャンドルを作ろう

花と灯りに癒やされるボタニカルキャンドル

ナチュラル系雑貨店やオシャレな花屋で見かける、きれいなボタニカルキャンドル。実はこのキャンドル、自分で簡単に作ることができるのだ!

今回は100円ショップで手に入るアイテムとドライフラワーを使ったボタニカルキャンドルの作り方を紹介。好きなドライフラワーで手作りして、キャンドルの炎と花が与えるリラックス効果を感じてみよう。
こんなにオシャレで華やかなキャンドルが作れる!|【賃貸DIY】お部屋のインテリアに!100均グッズでボタニカルキャンドルを作ろう

こんなにオシャレで華やかなキャンドルが作れる!ボタニカルキャンドルの作り方

■ 制作時間 20分(ロウを固める時間含まず)
■ 制作費 732円〜
■ 難易度 ★★☆材料

仏壇用ロウソク|100円ショップ 価格:1箱108円
紙コップ 200mlタイプ|100円ショップ 価格:108円
紙コップ 100mlタイプ|100円ショップ 価格:108円
割り箸|100円ショップ 価格:108円
ドライフラワー|花材店など 価格:1束300円〜

手作りキャンドルの基本となるロウは、仏壇用の白いロウソクが最も使いやすい。100円ショップで販売しているうえに、内容量もたっぷりなのでお手軽。

ドライフラワーは花材店や手芸専門店などで購入できる(価格は花によって異なる)。また、100円ショップでも扱っているところもあるので要チェックだ。
割り箸はコンビニでもらったものなど、家にあるものでOK|【賃貸DIY】お部屋のインテリアに!100均グッズでボタニカルキャンドルを作ろう

割り箸はコンビニでもらったものなど、家にあるものでOK
好きなドライフラワーを使おう。フルーツや実ものを使ってもGood|【賃貸DIY】お部屋のインテリアに!100均グッズでボタニカルキャンドルを作ろう

好きなドライフラワーを使おう。フルーツや実ものを使ってもGood道具

鍋またはボウル
鍋つかみ(または厚手の布巾など)
持ち手つきの計量カップ(または小鍋)
新聞紙など不要な紙
はさみ
カッター

持ち手つきの計量カップ(または小鍋)はロウを溶かすので、使い捨てしてよいものを使用すること。アルミ製など熱伝導がよい耐熱性のものがベター。作り方①.ロウソクを折る

仏壇用ロウソクをポキポキと折る(長いタイプは3~4分割、短いタイプは2分割程度)。その際、中の芯は切らずにそのままで!
芯はあとから使うので、はさみなどで切らないこと|【賃貸DIY】お部屋のインテリアに!100均グッズでボタニカルキャンドルを作ろう

芯はあとから使うので、はさみなどで切らないこと②.ロウソクを湯煎して溶かす

①のロウソクを、持ち手つきの計量カップ(または小鍋)に入れ、熱湯を入れた鍋に浸けて湯煎で溶かす。
熱湯や溶けたロウで火傷しないよう注意!|【賃貸DIY】お部屋のインテリアに!100均グッズでボタニカルキャンドルを作ろう

熱湯や溶けたロウで火傷しないよう注意!③.芯を取り出す

ロウが溶けてきたら芯を取り出し、不要な紙の上などになるべく真っ直ぐになるよう置いておく。
捨ててもよい割り箸などを使って取り出す|【賃貸DIY】お部屋のインテリアに!100均グッズでボタニカルキャンドルを作ろう

捨ててもよい割り箸などを使って取り出す④.紙コップをセットする

③で取り出した芯を割り箸に挟み、写真のように100mlの紙コップの上にセットする。
芯の先端が紙コップの底に着くように|【賃貸DIY】お部屋のインテリアに!100均グッズでボタニカルキャンドルを作ろう

芯の先端が紙コップの底に着くように⑤.ロウを流し入れる

④に溶かしたロウを、芯にかからないよう注意しながら流し入れる。
溶けたロウで火傷しないよう注意!|【賃貸DIY】お部屋のインテリアに!100均グッズでボタニカルキャンドルを作ろう

溶けたロウで火傷しないよう注意!⑥.ロウを固める

平らな場所に置き、しっかり固まるまで2時間ほどおく。
ロウが固まるまでなるべく動かさないこと|【賃貸DIY】お部屋のインテリアに!100均グッズでボタニカルキャンドルを作ろう

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。