ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スヌーピーの魅力を徹底解剖。雑誌「Pen+ みんなのスヌーピー」が発売

スヌーピーやチャーリー・ブラウンでおなじみの漫画「ピーナッツ」が3月30日発売の雑誌「Pen+(ペン・プラス)」で特集されます。「ピーナッツ」はアメリカ合衆国の漫画家チャールズ・モンロー・シュルツさんの作品。主人公のチャーリー・ブラウン、飼い犬のスヌーピー、カナリアのウッドストックなど、日本でも誰もが知るキャラクターが登場します。

同誌では「ピーナッツ」の魅力を、各界のファンの声を通して徹底解剖。俳優・片桐仁さん、イラストレーター・平澤まりこさん、野球選手の山﨑康晃さん、小説家の長嶋有さんなど、「ピーナッツ」の世界に魅了された著名人たちのインタビューや対談を掲載。絵本作家・荒井良二さんの描き下ろしミニ絵本も登場します。

さらに六本木のスヌーピーミュージアムの企画展「ともだちは、みんな、ここにいる。」の公開ミーティングもリポートし、楽しむための秘密を探ります。そして「チャーリー・ブラウンと仲間たち、人物相関図。」では、チャーリー・ブラウンのまわりにいる愉快な仲間たちを紹介。名前のある登場人物を中心に、姿は見えなくとも存在感のあるキャラクターも紹介します。

他にも「3つのテーマで読み解く、シュルツの視点」では、なぜ「ピーナッツ」は大人も魅了する物語になったのか? 物語に深みをあたえた「宇宙」「音楽」「言葉」といった3つの視点で読み解きます。さまざまな角度からその奥深い世界をひもといた、スヌーピーの魅力が詰まった1冊。ファンの方には必見となっています。

雑誌「Pen+ みんなのスヌーピー」は3月30日(金)発売です。Pen(ペン) 2018年4/1号 (2018年03月15日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。