ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

渋谷歩いて謎を解け!カップラーメンQTTAからの挑戦状

ダウンタウンの松本人志さんが出演する、ほっこりCMでお馴染みのカップラーメンQTTA。渋谷を舞台に、3月29日から4月1日(開催時間11:00〜20:00/受付〜18:00)の期間限定でイベントを開催中です。

内容は、今公共機関や商業施設でも話題の「リアル謎解きゲーム」。街中を歩き回って手がかりを見つけ、謎を解いていきます。

スタートはQTTAエールプロジェクト特設ページ(https://yell-project.qtta.jp/nazo)の謎を解いて、「#QTTAshibuya(井の頭通り交番前)」へ。スターターキットを手に入れると冒険が始まります。参加者は勇者(主人公)となって、不治の病にかかってしまった姫を救うのが目的。姫の病を治すには、“ひとたび口にすればどんな病も治すことができる伝説の秘薬”「究極のQTTA」を探し出さなければなりません。所要時間は1〜3時間程度。NAZO×NAZO劇団(株式会社ハレカゲ)が制作を手掛けました。

頭と体、五感をフルに活用して渋谷を歩きます。普段よく行くあの店が、思わぬ情報を握っているかもしれません。

立ちはだかる問題の傾向も様々。ヒントになるパネルは写真やメモで保存し、それを元にクロスワードや計算を解いていくのです。物語の途中、街には「究極のQTTA」の重大な情報を握っているかもしれない情報屋も登場。この人に会うことが謎を解く鍵になりそうです。

雑踏の中、気分は名探偵!

渋谷という活気にあふれた街中を隅々まで探索して、ヒントを見つけていくこの企画。まるで名探偵になったような気分になります。そして、手がかりを発見した時の喜びや、それがきっかけにスルスルと謎が解けていく快感はヤミツキに。

もちろん、無事に事件が解決した後はQTTAを1杯。この至福の時間こそ「食った〜」と言ってしまいそうです。

 東京ウォーカー 2018年4月号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。