ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうやって洗濯してる? 帽子の正しいケアテクニック

f:id:ponparemall:20170213135614j:plain

身に染みる寒さの中でもファッションを楽しみたいのが女心。特に「寒さが厳しい」と言われている今年の冬は、頭からオシャレに防寒できるニット帽など、帽子を積極的に取り入れていきたいですよね。

でも、「一度も洗ったことがない、汗と汚れまみれの帽子を実はかぶっている」…なんてことになっていませんか? 帽子の洗濯方法って意外と知らないもの。そこで今回は、ニット帽をはじめ、様々な帽子の洗濯テクニックについて、洗濯王子の愛称で知られる中村祐一さんにお話をうかがいました。

縮んだニット帽がリンスで復活!?

まずは冬の定番アイテムであるニット帽の洗濯方法から。一番の心配は洗濯による縮みですが…?

「ニットが縮む一番の原因は、水の中で動かしすぎて繊維同士が絡まり合ってしまうこと。なので、洗濯機洗いだと縮む可能性が高いので、手洗いするのが賢明です。その場合も、ゴシゴシ洗ったり振り回したりは絶対にダメです。具体的には“5回押して1回持ち上げる”動作を5セットが目安。水が繊維の間を通り抜けていくイメージを持って、洗剤を溶かしたぬるま湯の中で行いましょう。温度が高すぎると繊維が縮みやすくなりますし、逆に低温すぎると汚れ落ちが悪くなります。水温は、繊維が緩み過ぎず汚れが浮きやすい30℃ぐらいがベストです」(中村さん・以下同)

さらに使用する洗濯洗剤にも気をつけると、縮みをより回避しやすくなるそうです。

「洗濯洗剤は、素材を守る働きを持つおしゃれ着用の中性洗剤がオススメです。市販のもので代表的なものだと『エマール』などですね。このタイプの商品は、刺激性がほぼゼロの界面活性剤が入っていたり、繊維をヨレや縮みから守るために柔軟性を与えるシリコンが入っていたりと、素材の風合いや色合いを守るための成分で構成されているのです。だから洗濯ダメージが気になるニット帽のようなデリケートな素材でも安心して使えます」

f:id:ponparemall:20170213135724p:plain

エマール/348円(税込/編集部調べ)

在庫をチェックする⇒

f:id:ponparemall:20170213140512j:plain f:id:ponparemall:20170213140523j:plain f:id:ponparemall:20170213140530j:plain

中村さんのアドバイス通り、ニット帽をぬるま湯の中で押したり、上に持ち上げたりする動作を5セット行いました。

途中で、「こんな弱い力で本当に汚れが落ちるの…?」と思いましたが、ゴシゴシ洗いしたいのをグッと我慢。すると、だんだん水が濁り、汚れが出てきました! キレイに汚れが落ちていたみたいです。

次は、ぬるま湯で押し洗いする“すすぎ”の工程へ。ここでさらにひと手間加えると、ニット帽をかぶったときに嬉しい影響が出るとのことです。

「柔軟剤を使うことで静電気が起こりづらくなります。 実は柔軟剤には繊維の表面を滑らかにして摩擦を起こりづらくしたり、層を作って電気を溜めづらくしたりする効果があるんです」

すすぎを終えたら洗濯機で脱水し、後は干すだけ。干す際にも縮み防止のポイントがあるそうです。

「繊維は水をくぐると元の大きさより縮んでしまうので、干す前にしっかりと伸ばしながら形を整えることが重要です。干すときは、型崩れを防ぐために平干ししましょう」

洗濯に失敗してすでに縮んでしまっているニット帽がある…という方、いらっしゃいますよね? そんな場合でも、復活させることができる裏ワザがあるのだとか!

「髪用のトリートメントを溶かしたぬるま湯に、縮んだニット帽を漬けおきしてみてください。トリートメントには滑りをよくするジメチコンいう成分が含まれているものが多く、繊維同士の絡まりをほぐして衣服を伸ばすのに効果的です。そのため、リンスを使えば縮んだニット帽を元どおりに復活させることができますよ」

スキーなど冬のスポーツで活躍するニット帽は、雪や泥で汚れることも。そんな場面での応急処置はありますか?

「どちらも風通しの良い場所に干して自然乾燥させましょう。泥汚れの場合、無理に水をつけて落そうとすると泥が解けて細かい粒子となり、余計繊維の奥まで入り込んでしまいます。なので、いったん乾かしてからはらったほうが、泥が固形になっていて落ちやすいですよ。

また、ズブ濡れになったニット帽も、自然乾燥することで縮みや型崩れを避けられます。早く乾かそうと暖房器具の前に置いたり、ドライヤーの温風を当てたりする方がいますが、繊維から急激に水分が抜けると縮みの原因になってしまうのでやめたほうがいいです 」

キッチングッズでベースボールキャップの型崩れ防止‼

では、ここ数年流行りのベースボールキャプはどうでしょう? ニット帽に比べ、ベースボールキャップは丈夫な素材のため縮みの心配はありませんが、型崩れには注意が必要。そんなとき、あるキッチンアイテムが役立つそうです。

1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy