体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優、岩永徹也インタビュー 「物おじせず自分を開花させる場所、才能を発揮できる場所を作ってほしい」

俳優、岩永徹也インタビュー 「物おじせず自分を開花させる場所、才能を発揮できる場所を作ってほしい」 岩永徹也 岩永徹也

フジテレビ系「テラスハウス」で“王子”と呼ばれ、初のテレビドラマ・テレビ朝日系「仮面ライダーエグゼイド」で演じた檀黎斗(だん・くろと)役から“神”と呼ばれている岩永徹也さん。186㎝の長身を活かし、メンノンモデルとして活躍したほか、認定薬剤師、世界人口上位2%を有する者だけの団体「JAPAN MENSA」の会員認定を受けるなど“インテリ王子”としてマルチに活動している彼が、待望の1st写真集「Messenger」をリリースしました。写真集に込めたメッセージ、そして、今後のビジョンや仕事観を語ってくれました。

 

等身大の岩永徹也を26個のメッセージとともにつめ込みました

岩永徹也

――写真集の出版、おめでとうございます!どんな内容になっているんですか?

僕が今、興味をもっている事柄をA~Zのキーワードになぞらえながら、26個のメッセージとともに、等身大の岩永徹也を写真に詰め込んだ作品です。短期間で撮ったとは思えない写真の量とクオリティで、自分でもビックリしました。「僕のお墓の表紙にしたい」と言えるほどの自信作です。

――「お墓の表紙にしたい」とは独特の表現ですね(笑)

「お墓の表紙にしたい」というのは、自分が生きてきたなかで思い出に残っているものをすべてお墓につめ込みたいという僕の願望からきているものです。この写真集は僕の人となりや、これまで歩んできた半生を皆さんに知っていただくのに、もっともふさわしいものになったと自信をもっています。

――ちょっぴり気の早い話ですね(笑)。初めての写真集ということで、緊張などはありませんでしたか?

モデルをやっていたので、緊張はありませんでした。現場でもカメラマンさんをはじめ、ヘアメイクさんやスタイリストさんなどプロフェッショナルな方々がサポートしてくださったので、すべてお任せ。僕もお客さんの一人として完成を心待ちにしていました。

――等身大の岩永さんってどんな方なんですか?

興味のあることだけに一生懸命です。

――興味がないことには?

いっさい無頓着。

――ハッキリしていますね(苦笑)。では、そんな岩永さんが今一番興味をもっているのはどんなことでしょう?

子供の頃から漫画を描くことが好きで、今も描いているんですけど、これまでは鉛筆で下書きをしていたんですよ。それが今年のお正月にiPad Proを買ったので、ドラマの空き時間などいつでもどこでも描くことができて、時間短縮になりました。目下、漫画を描くことに夢中です。

 

もし、失敗したとしても、次につなげる

岩永徹也

――今回の写真集もそうですが、モデルや俳優など、初めてのことにチャレンジするときって怖くなかったですか?

僕は果敢に飛び込むタイプなんです。そこに関しての緊張はありません。もし、失敗しそうになったとしても、どうしたらうまく失敗できるかなっていうことを考えています。

――「うまく失敗できる」というのは、失敗の中からも学びとれるものを見つけ、次につなげるということですか?

そういうことです。

――おおっ、ポジティブですね!それでは普段、お仕事をしているうえでこれだけは譲れないっていうことは?

自分らしくいるということでしょうか。「普通はこうするじゃないですか?」って言われても、自分がしないことだったら「しません」って言いますし、同調はしません。勉強についても「普通は嫌いじゃないですか」ってよく言われるんですけど、僕はそんなふうに思ったことがないんですよ。

 

人とのコミュニケーションは、提案で会話を弾ませたい

岩永徹也

――そうすると、場合によっては相手と人間関係がギクシャクしてくる可能性もありませんか?

人とコミュニケーションをとる時、僕が常に念頭においているのは提案で話を弾ませたいということ。相手のダメなところを指摘するだけだと、そこで終わってしまって会話が広がらなくなってしまうので、そんな場面に出くわした場合には「こうしたらいいんじゃない?」と提案するように心がけています。

――なかには否定してくる人もいたりしませんか?

そうですね。でも、水掛け論になって結論が出ないのは時間がもったいないですし、僕はイヤなんですよ。

――効率の悪いことは嫌いなのでしょうか?

効率が悪くなると自分のよさを出せないので、自分のこういうところを使ったほうがいいと相手に思わせたいんです。身のない会話をしていても時間がもったいないので、そんな時は話題を変えるようにしています。

――ということは、俳優業やバラエティー番組において、スタッフさんとの会話でも「僕はこういうことができます」とご自分からアピールしたり…?

はい、そのほうが僕にとっては楽チンなんです。プロの方であればあるほど僕のよさを引き出してくださるので、そんなふうに会話をつなげたほうがやりやすいんですよ。今回の写真集がまさにその完成形で、僕はアイデアを投げただけなのに、2ヶ月後にはもう形にしていただいて、力を貸してくださった皆さんのことを尊敬しました。

 

オーディションを受けたのは編集部に近づきたくて

岩永徹也
1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。