体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイドル・矢倉楓子さん(NMB48)インタビュー 「NMB48での経験は大きな強み。力に変えて新しい場所でも頑張っていきたい」

アイドル・矢倉楓子さん(NMB48)インタビュー 「NMB48での経験は大きな強み。力に変えて新しい場所でも頑張っていきたい」 矢倉楓子 矢倉楓子

NMB48の中心メンバーとして活動してきた矢倉楓子さんが出演する「女々演」が公開されます。色白でふんわりしたイメージの矢倉さんが演じるのは、負けず嫌いなスポーツ少女、蒼生。作品の見どころと、この春をもってNMB48を卒業する現在の心境や仕事を通じて得たものを直撃してきました。

 

男勝りの女の子を演じるのに悪戦苦闘

矢倉楓子

――作品をさっそく拝見させていただきましたが、矢倉さんのビジュアルがいつもとあまりにも違うのでビックリしました。

細かく編み込んだあの髪型は毎回1時間ぐらいかかってたんですよ。インパクト大ですよね。鏡を見るたびに自分でも「ワッ!」ってなってました(笑)。

――ボーイッシュな蒼生に恋心が芽生え、変化していくサマが可愛かったです。

監督さんからは「男っぽく」と指示されていて、メイクもほぼすっぴんに近い感じでやっていたんですけど、普段NMB48ではキャピキャピってしたり、可愛らしく見えるようにとやっているので、どうやったら男勝りのサッカー少女に見えるんだろうって、その役作りが難しかったです。そんな蒼生がリップをぬって、女の子らしくなっていくところは私もお気に入りのシーンです。

――LINEグループのトーク内容は結構過激でしたよね。

演劇部の仲間でありながら、そこにいない子の悪口をみんなで言っていたり、近くにいるのにわざわざLINEで会話したり、今の時代ならではですよね。私が高校生の頃はガラケーでメールの世代なので、ちょっと恐ろしいなって思っちゃいました。

――沙彩(福原遥)と美紅(齋藤美咲)の乱闘シーンはキョーレツでした。

お互いにぶつけ合うワードもえげつないですからね(苦笑)。あのシーンはリハーサルから白熱していて、そのケンカを私が止めに入るんですけど、2人とも本気でやっていたから、私もその場に入りやすかったです。それこそ蒼生の気持ちそのもので、「やめて!」って叫んでました。

 

センターは誰にでもなれるものではない

矢倉楓子

――劇中劇で披露した“王子様スタイル”はカッコよかったですよ。

そう言ってもらえてよかった。ちゃんと衣装を着こなせているのか不安だったんですよ。演じている最中のシーンを何カットか撮ったんですけど、普段、アイドルとして歌って踊ってるせいか、私の動きは「違う。それはミュージカルやで」って皆さんからツッコまれてました(笑)。

――矢倉さんにも、演劇部員たちのようなヒロイン願望はありますか?

ヒロインというのはグループでいうとセンターですよね。女の子なら誰でも持っているものだと思います。私もNMB48に入った頃や、これまでも活動をしながら「目立ちたいな、一番になりたいな」という思いは抱えていました。

――“センター”という言葉にはやっぱり敏感?

誰でもなれるものではないですからね。みんな口には出さないけど「誰がなるんやろ?」っていうのはあると思います。

――「女々演」をどんな人たちに見てほしいですか?

ポスターには女の子5人しか写っていませんが、たった一人の男子部員も出てくるので、男の子が見ても面白いと思うし、私よりも上の世代の方は「最近の高校生ってこんなん!?」ってビックリするかもしれません。同世代の女の子は「もしかして、うちらも…」ってドキッとするだろうし、老若男女いろんな方に楽しんでほしいです。

 

最後の握手会で皆さんの愛を実感しました

矢倉楓子

――そして、3月21日に最後の全国握手会を行いましたが、どんな心境で終えたんですか?

NMB48に入ってから7年間、毎週のようにファンの皆さんとお会いする時間があって、それがもう今日で最後なんやって思ったら寂しかったです。だけど、達成感みたいなものもあって、握手会のたびにパワーをいただいたり、もっと頑張ろうっていう気持ちになったりして、そんな大切な場所を大切な皆さんと最後まで走りぬくことができて感謝しています。本当に幸せだなって思いました。

――“ふぅちゃんレーン”は長蛇の列だったと聞きましたよ。

久しぶりに来てくださった方もいて、「最後だから来たんかいっ!」って思わず言ってしまいました(笑)。私は14歳でこの世界に入ったんですけど、ずっと応援をしてきてくださった方と「これまでこんなことがあったね」とか思い出を振り返りながらお話できたことが嬉しかったです。ファンの皆さんがいてくれたから私は続けてこられたんだって、改めて実感しました。

 

卒業コンサートでは成長を感じさせたい

矢倉楓子

――4月4日の卒業コンサートでついにアイドルを卒業ですね。

セットリストも自分でやりたい曲を提案させてもらってスタッフさんと一緒に考えたので、ファンの皆さんには「ふぅちゃん、成長したな」と感じていただけるものになっているんじゃないかな。当日は“涙”というより、「矢倉楓子を応援してきてよかった。楽しかった」と思っていただけるような時間にしたいです。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。