体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

専門学校に必要な学費はいくら?入学金から授業料まで、学びたい分野別にチェック!

 

<柔道整復>

入学金28.7万円 授業料103.8万円 実習費3.3万円 設備費12.9万円 その他1.1万円

合計149.9万円

 

<はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧>

入学金38.5万円 授業料104.0万円 実習費2.6万円 設備費15.5万円 その他2.0万円

合計162.5万円

 

<歯科技工、歯科衛生>

入学金26.0万円 授業料70.0万円 実習費17.1万円 設備費3.7万円 その他12.0万円

合計128.8万円

 

専門学校に必要な学費はいくら?入学金から授業料まで、学びたい分野別にチェック!

 

衛生関係の学費

栄養士、調理師、製菓衛生師など食に関わるプロを養成する分野と、美容師、理容師、ヘアメイクアーティストなど美容に関わるプロを養成する分野。

<栄養、調理>

入学金18.3万円 授業料61.4万円 実習費32.1万円 設備費20.5万円 その他8.2万円

合計140.5万円

 

<製菓>

入学金20.4万円 授業料60.4万円 実習費51.9万円 設備費21.1万円 その他11.4万円

合計165.2万円

 

<理容、美容>

入学金11.1万円 授業料56.9万円 実習費25.0万円 設備費20.2万円 その他22.7万円

合計135.9万円

 

 

教育・社会福祉関係の学費

幼稚園教諭や保育士、介護福祉士、社会福祉士など、福祉事業に携わる人材を養成する分野。

<保育、教育>

入学金15.0万円 授業料62.2万円 実習費7.9万円 設備費17.3万円 その他8.6万円

合計110.1万円

 

<介護福祉>

入学金14.2万円 授業料66.3万円 実習費10.4万円 設備費15.1万円 その他4.1万円

合計110.0万円

 

<社会福祉>

入学金13.0万円 授業料76.1万円 実習費12.8万円 設備費12.8万円 その他2.5万円

合計117.2万円

 

商業実務関係の学費

 

商業実務関係の学費

経理・簿記関係の学科や、旅行・観光・ホテル・ブライダル業界を目指す学科など、さまざまなビジネス分野で即戦力となる実践教育を行っている分野。

<簿記・ビジネス・IT>

入学金14.5万円 授業料64.0万円 実習費5.5万円 設備費15.5万円 その他3.8万円

合計103.4万円

 

<旅行・ホテル・観光>

入学金10.3万円 授業料79.9万円 実習費8.8万円 設備費17.6万円 その他3.2万円

合計119.8万円

 

<医療秘書、医療管理事務>

入学金10.5万円 授業料67.8万円 実習費6.0万円 設備費16.6万円 その他4.9万円

合計105.7万円

 

服飾・家政関係の学費

デザイナーやパタンナー、スタイリスト、マーチャンダイザーなど多岐にわたる職種を目指す分野。

<服飾・家政>

入学金18.5万円 授業料59.3万円 実習費3.1万円 設備費16.4万円 その他6.8万円

合計104.2万円

 

専門学校に必要な学費はいくら?入学金から授業料まで、学びたい分野別にチェック!

 

文化・教養関係の学費

デザイン・写真などのアート系、映像・放送・音楽・声優・ダンスなどのエンターテイメント系をはじめ、語学系やスポーツ系、トリマーや動物看護士のペット系など、さまざまな分野がここに分類されている。

 

<語学>

入学金11.8万円 授業料86.3万円 実習費1.4万円 設備費12.8万円 その他1.4万円

合計113.6万円

 

<美術、デザイン、写真>

入学金17.1万円 授業料77.5万円 実習費9.7万円 設備費19.7万円 その他2.9万円

合計126.9万円

 

<音楽、演劇、映画、放送>

入学金16.6万円 授業料74.3万円 実習費12.9万円 設備費35.5万円 その他0.5万円

合計139.8万円

 

<法律行政>

入学金14.6万円 授業料68.1万円 実習費9.5万円 設備費4.4万円 その他7.6万円

合計104.0万円

 

<スポーツ>

入学金13.5万円 授業料64.0万円 実習費9.1万円 設備費20.5万円 その他3.6万円

合計110.7万円

 

<動物>

入学金20.3万円 授業料54.1万円 実習費21.3万円 設備費24.3万円 その他14.9万円

合計134.9万円

 

<アニメ、声優、ゲーム>

入学金13.4万円 授業料73.1万円 実習費9.9万円 設備費27.9万円 その他1.3万円

合計125.5万円

 

<総平均>

入学金16.9万円 授業料70.0万円 実習費12.3万円 設備費19.9万円 その他5.1万円

合計124.2万円

 

※私立専門学校初年度納付金平均額(東京都)

平成28年度 昼間部 東京都専修学校各種学校協会調査統計部調べ

注:各科目ごとの平均値を集計しているため、合計は一致しない。金額表示は千円以下四捨五入。

学校選びは、「卒業までにかかる費用」「学ぶ内容」「環境」を合わせて考えよう

専門学校に必要な学費はいくら?入学金から授業料まで、学びたい分野別にチェック!

 

専門学校は分野ごとに大きく学費が違ってくるので、どの分野に進もうか迷っている場合は、入学から卒業までにかかる費用を計算して比較してみるのもオススメ。

 

最近は国内外の研修旅行を実施する学校も多く、学費以外に研修費などがかかる場合もあるので、学校のホームページやパンフレットをよく見ておこう。

 

ただし、学費が高くても校内の実習施設・設備が充実しているなどお金を支払うだけのメリットが得られる学校も多いので、単純に学費が「高い」「安い」だけで判断するのではなく、学べる内容や環境面も含め、総合的に判断することが大切!

 

分納制度や奨学金制度を上手に活用しよう!

初年度納付金や2年目以降の学費は、まとめて払う『一括納付』だけでなく、前期と後期など2回に分けて納付する『分納』が認められている学校も。

 

また、大学や短大と同じく、専門学校への進学する場合でも『奨学金』を利用することができる。

 

奨学金は、国・都道府県・市区町村が運営する公的なもののほか、学校独自のものや民間団体が運営するものなど種類もさまざまだ。いずれも、返還義務がある『貸与型(利子なし/利子あり)』と返還の必要がない『給付型』があり、対象者や条件がそれぞれ異なることも覚えておこう。

 

奨学金制度について詳しくは下記リンク先をチェック!

 

■大学、専門学校の学費が心配…。そんなキミに奨学金制度をわかりやすく解説

『奨学金』はじめてナビ

 

■専門学校を探す

 

取材協力/東京都専修学校各種学校協会

投稿専門学校に必要な学費はいくら?入学金から授業料まで、学びたい分野別にチェック!は【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信の最初に登場しました。

関連記事リンク(外部サイト)

親と?友達と?一人で?目的別オープンキャンパス同伴者ガイド【保護者編】
プログラミング+αが必要?日本の将来を支えるIT人材になるために大学で学ぶべきこととは
オープンキャンパスって何!? 入学前に必ず行っておいた方がよい理由とは

前のページ 1 2
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。