ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元・乃木坂46の伊藤万理華さんに学ぶ!個性のみつけ方&伸ばし方

乃木坂46の1期生として活躍し、2017年の12月にグループを卒業した伊藤万理華さん。

 

大人数のグループの中で、ひと味違ったオシャレなファッションセンスを披露したり、PVで圧倒的な魅力を発揮して話題になったりと異彩を放ってきた。

 

そんな彼女が思う「個性のみつけ方」とは?

 

 

 

乃木坂46に入る前は、自分の個性がわかりませんでした

乃木坂46に入る前は、自分の個性がわかりませんでした

 

高校2年生のとき、乃木坂46のオーディションに合格してアイドルになった伊藤さん。もともと、アイドルになるのが夢だったの? 「私、中学生のころはモデル系の事務所に入っていたんです。

 

でも、モデルになりたかったわけでもなくて…。

 

お父さんがグラフィックとか雑誌のデザインとかの仕事をしていた関係で、なんとなく事務所に入ったんです。

 

だから当時は、自分でも『何がしたいのか』『何をしたらいいのか』よくわからなくて、オーディションを受けてもひたすら落ち続けていましたね。

 

正解がわからないから周りの子のマネをするしかなくて、自分の個性も目指しているものもまったくわからない状態でした」

そんな中、乃木坂46のオーディションを受けることになり、初めて“野心”が芽生えたという。

元・乃木坂46の伊藤万理華さんに学ぶ!個性のみつけ方&伸ばし方
「とにかく私、あがり症でオーディションになると全然しゃべれなくなっちゃうんですよ! 自分でもびっくりするくらい(笑)。

 

でも、乃木坂46のオーディションは奇跡的に書類と面接を突破して。

 

で、3次審査がダンスだったんです。

 

私、昔からクラシックバレエをやっていたので『これだけはどうしても受かりたい!』って、このとき初めて野心が出てきて。

 

どうすれば受かるのかはわからなかったけど、とにかく『受かりたい』っていう気持ちだけは強かったです」

自信があったはずのダンスにショック…!でも「好きだからこそ伸ばしたい」

元・乃木坂46の伊藤万理華さんに学ぶ!個性のみつけ方&伸ばし方

 

初めて強い意志で挑んだオーディションの結果は、みごと合格! アイドルとしての道を歩み始めることに。
「合格したときはビックリしてすごくうれしかったんですけど、今までアイドルっていうジャンルにまったく関心がなかったので『自分が(アイドルに)なっちゃった…』『歌えないしどうしよう』っていう不安も大きかったです」

唯一、自信をもてるのはダンスだけ。

 

でも、ダンスレッスンが始まってすぐに大きなショックを受けたという。
「レッスン風景を録画した動画を見たとき、『1人だけ新体操っぽい子がいるな~』って思ったら、それが自分だったんです(笑)。

 

手足の動きがやたらフニャフニャで『私ってこんなにダンス下手だったの!?』ってすごくショックでしたね。

 

でも、初めて自分を客観的に見て『人からはこういうふうに見えてるんだ』って知ったので、そこからは改善するようになりました。

 

ダンスは好きだったからこそ、『このグループの中でパフォーマンスを武器にしたい』って思っていました」

“好きだからこそ、伸ばしたい”。そう思えたという伊藤さん。

 

元・乃木坂46の伊藤万理華さんに学ぶ!個性のみつけ方&伸ばし方

 

高校では、いつも眠そうで髪の毛ボサボサな女の子!?

ちなみに、乃木坂46の活動を開始した当時は現役の高校生。

 

学校でもやっぱり目立つ存在だったの?

 

元・乃木坂46の伊藤万理華さんに学ぶ!個性のみつけ方&伸ばし方 「いや、もう全然です…。

 

私、本当に地味だったと思います(笑)。

 

乃木坂46との両立で生活のリズムが変わったこともあって、休み時間はずっと寝てましたね。

 

いつも友達に『今日も髪の毛ボサボサだよ』『寝癖ヤバいよ』って言われてました(笑)。

 

思ってることもなんにも言わないし、かといって別にイジメられもしない、普通に学校に通ってる生徒でした」

今のオシャレな印象とはまるで真逆!

 

「学校では自分からは何も発信しなかった」という伊藤さんだけど、乃木坂46としては持ち前の絵のうまさやセンスの良さを生かして、自ら加工した写真をブログに掲載。

 

アートな一面を開花させていくことに。

 

元・乃木坂46の伊藤万理華さんに学ぶ!個性のみつけ方&伸ばし方 「私は最初から選抜メンバーの常連ではなかったから、自分をアピールする場所はブログしかなかったんです。
1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。