ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

50〜60年代の北欧ヴィンテージ家具が約150点「クラシックファニチャーコレクション」開催中

arround-vintagetable-classicfurniturecollection_01 デスクやドレッサーも使い勝手のよいコンパクトなサイズ感

メンテナンスの実演も

2018年1月25日(木)から3月13日(火)まで、東京・新宿の「暮らしのかたち」にて「クラシックファニチャーコレクションーヴィンテージのテーブルを囲んで」が開催されます。

暮らしのかたちは、北欧と日本の家具・日用品を取り扱うインテリアショールーム。本展は、暮らしのかたちの前身「ノルディックフォルム」時代から続く恒例企画で、状態の良いヴィンテージ品が揃うと人気です。今回は北欧デザインの黄金期と言われる1950~60年代に製造された家具約150点が展示販売されます。

半世紀ほど前の品々でありながら、改めてメンテナンスをおこなっているためコンディションは良好。スタッフが毎年デンマークへ買い付けに出かけ、数ある中から日本の住まいに調和するものだけを厳選したそう。特に今回は人気の高い丸型のダイニングテーブル、ネストテーブル、ガラスのキャビネットを多数入荷しています。

店頭では家具のほか、ロイヤルコペンハーゲンなど名窯のイヤープレートも展示され小物類も充実。日本のうつわとのコーディネートも紹介しながらヴィンテージのある暮らしを提案します。

会期中はヴィンテージ家具のメンテナンス実演やYチェアのリペア実演も行われます。ぜひスケジュールをチェックしてお出かけください。

※写真は全てイメージ

arround-vintagetable-classicfurniturecollection_02 ラウンドの拡張式テーブルは使う人数に応じて使い分けられると人気 arround-vintagetable-classicfurniturecollection_03 パーソナルチェアやチェストにもヴィンテージならではのデザインが arround-vintagetable-classicfurniturecollection_04 ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレート

クラシックファニチャーコレクションーヴィンテージのテーブルを囲んで

販売期間:2018年1月25日(木)~2018年3月13日(火) 10:30~19:00 ※水曜休館

会場:暮らしのかたち/東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE 5F

詳細:https://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/429

Yチェア リペア実演

オーナー本人による木部のメンテナンス

日時:2018年2月10日(土)

ヴィンテージ家具のメンテナンス実演

日時:2018年2月17日(土)11:30~ / 15:00~

職人によるペーパーコード張り替え

日時:2018年2月24日(土)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

西日本最大規模の人気骨董市「京都アンティークフェア」開催
什器もセール対象! BRICK & MORTAR大幅リニューアルに伴う「断捨離セール」開催
ミナ ペルホネンが6日限りの「小さなデパート」をオープン! 特別アイテムも登場

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。