体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅先での「再会」が、旅と人間関係をもっと素敵にしてくれる

旅先での「再会」が、旅と人間関係をもっと素敵にしてくれる

どうも、ワクワクに素直に夫婦で世界一周中のteriyakiです。

旅の魅力の1つとして「新たな人との出会い」があげられることが多いですが、今回は新しい出会いではなく、旅先での「再会」に焦点をあててその魅力を記事にしてみようと思います。

 

旅先での再会とは?

photo by pixabay

旅先では、新しい人との出会いが注目されがちです。もちろん、それも旅の醍醐味。現地に行かないと会えないローカルの方との出会いや、宿での旅人との出会いなどは、旅の中でも忘れられない出来事になることが多いです。

ただ、僕が今回注目したのは、旅先での「再会」について。

世界一周をしていると、ルートが似ていたり、同じイベントに参加するため、同じ時期に同じ場所を訪れたりと、実は旅先で出会った旅人と「再会」することがよくあるのです。

 

また、旅先で苦楽を共にした人とは、もう一度会いたくなることも多いもの。

連絡を取り合ってどこか別の地でジョインしたり、どうしても会いたいあの人に会うために一度訪れた国をまた訪れたりと、実は旅人は結構な割合で「再会」を果たし、「再会」に魅力を感じているんです。

 

実例を紹介 僕が経験した「旅先での再会」

とはいえ、「再会」がどんな風に起きるのか、ピンと来ない人もいるかもしれません。

また、後ほど紹介する「再会の魅力」をリアルにイメージしてもらうためにも、まずは僕が実際に旅中に経験した「再会」を2つご紹介します。

 

カンボジアで知り合った旅人とNYで年越し!

photo by teriyaki

1つ目の再会は、同じく世界一周する「旅人」との再会です。最初の出会いは、8月のカンボジアの日本人宿。共有スペースで話をしたり、遺跡ツアーに一緒に行ったりするうちに、僕たち夫婦とその方は仲良くなりました。

そして、再会を約束して別のルートへ。旅の途中で近況を連絡するうちに、年末のNYで合流できそうなことが判明。年末のNYは宿代がバックパッカーには衝撃の価格になるため、airbnbで宿を借りてシェアすることに。

結果、NYでは同じ屋根の下で年末年始を過ごし、年越しはNYの宿で3人で鍋をつつきながら迎えたのです!(カウントダウンは寒すぎて、参加せず……)

2017年の元旦には、全く見ず知らずの他人同士だった僕たちが、2018年への年越しをNYで迎える奇跡!あのNYでの年越しは、僕たち夫婦の旅の中でもランキング上位に入る思い出の1つです。

 

タイで出会ったプロサッカー選手を応援しに、クロアチアへ!

photo by teriyaki

続いては、世界一周前の旅で出会った方に、世界一周で「再会」しに行ったお話です。

世界一周に出る前の年に、タイのプーケットを訪れた僕たち夫婦。宿泊した宿で出会ったのが、タイでプロサッカー選手として活躍している日本人の方でした。

話を聞くうちに、海外でプロサッカー選手として活躍されるその姿の虜になり、勝手にファンになった僕たち夫婦。世界一周中に応援に行くことを「夫婦の旅100のリスト」に追加したのです。

 

その後、クロアチアのチームに移籍したとの連絡をいただき、僕たちがヨーロッパに行く時期と、リーグのシーズンが運よく重なっていたのでクロアチアまで応援に行くことに!

観戦させてもらった試合は、ランキング上位のチームに見事4-0の圧勝!日本人選手2人も大活躍で大興奮の試合を堪能させてもらいました。

 

応援に行ったはずが、試合で興奮させてもらい、家に泊めてもらい、チームの祝勝会でお酒をご馳走になり、試合の翌日には街を案内してもらいと至れり尽くせり。

チーム関係者や、地元のサポーターの方達にも優しくしてもらい、応援するはずが、パワーをもらい逆に旅の応援をしてもらうことに。

 

ガイドブックにも紹介されていない「ネデリッシュ」というクロアチアの小さな町で、普通の旅ではできない貴重な体験をさせてもらう機会に恵まれた僕たち夫婦。これも旅先での「再会」がきっかけで起きたことでした。

 

他にもたくさん!あげだすとキリがない旅先での「再会」の数々

photo by teriyaki

具体例を2つ紹介しましたが、その他にも忘れられない「再会」がたくさん。

ドイツのオクトーバーフェストで一緒に乾杯した仲間と「再会」して、違う国の観光に一緒に出かけたり。連絡を取り合ったわけでないのに宿でばったり「再会」したり。英語留学で出会ったタイ人の友達に、バンコクを案内してもらったり。

ここで全てを紹介すると文字数がとんでもないことになるので、泣く泣く割愛しますが、「旅の再会」は全てが旅の思い出上位に入る、僕たちの旅のハイライトです。

旅先での再会の効果と魅力3選

photo by pixabay

さて、実際に僕たち夫婦が果たした「再会」の実例を紹介したところで、「旅先での再会の効果と魅力」を3つご紹介したいと思います。

 

旅人同士の絆がさらに深まる

photo by pixabay

旅先での「出会い」が旅の魅力の1つだとするならば、旅先での「再会」はその喜びが倍になる瞬間です。

「世界での再会」という特別な出会いを果たすことによって感じた喜びは、「旅人同士の絆」をより強固なものししてくれること間違いなし。「再会」は旅人同士をより深く、強く、結びつける魅力を秘めているのです。

 

自分が旅してきたことを再確認できる

photo by pixabay

「再会」から得られるもう1つの効果として、「旅の軌跡が確認できる」こともあげられます。

普段は次の旅先や、明日の宿の確保など「先の予定」について考えることが多い旅。そんな中での「再会」は僕たち旅人に、過去の旅を振り返る機会を与えてくれます。

「あの時宿でこんなことがあったよね」「別れたあと、違う国でこんな素敵なことがあって」。普段はなかなか振り返らない過去の旅を、お互いの旅の思い出話が振り返らせてくれるのです。

 

振り返り、自分の旅を再確認することで、紆余曲折ありながらもお互いちゃんと旅をしてきたことを確認し、自信が生まれ、次の旅に繋げられる。「再会」にはそんな良い循環をもたらしてくれる素敵な効果もあるんです。

 

「再会」の約束が旅を頑張る原動力に

photo by pixabay

旅中はいいことばかり起きるわけではありません。移動が億劫になったり、旅を辞めたくなったりすることも起きるもの。そんな時、違う国での「再会」の約束があれば、それが原動力になることもあるんです。また、偶然の「再会」でテンションがあがれば、旅はさらに加速します。

初めての出会いでは得ることのできないそんな効果があるのも「再会」の魅力の1つ。旅先では、「再会」が大きなイベントになるんです。

 

旅人との再会だけじゃない!日本の友人や家族とも再会!

photo by teriyaki

今回は、旅人との「再会」に焦点をあてて書いていますが、旅中の再会はそれだけではありません。日本で仲良くしていた友達と「再会」したり、職場の元同僚、お世話になっている人、家族が旅先まで旅の応援に来てくれたりすることも。

僕たち夫婦も、世界一周中に日本の友達や元同僚、家族やかつての留学先の先生との「再会」を経験しました。これもまた最高の時間で、「旅人との再会」とは違った魅力があるんです。

気心しれた人たちと、日本とは違う環境で、同じ時間を共有する。そんな素敵な「再会」もぜひ旅の中で経験して欲しいことの1つです。

 

旅先での再会で人間関係が深く広くなる

photo by pixabay

今回は旅先での「再会」に焦点をあてて、その魅力を記事にしてみましたがいかがだったでしょうか?

旅先での「再会」は旅を盛り上げ、人間関係を深める効果がある、「旅の人間関係作り」には欠かせないもの。

これから旅に出ようとしている方も、すでに旅中の方も「再会」に焦点をあててみると旅がさらに面白くなること間違いなしです!ぜひ、この記事を参考に「旅先での再会」を企ててみてくださいね!

 

関連記事リンク(外部サイト)

長期旅行中にホテルで使える9つの裏ワザ
「スターアライアンス」の世界一周航空券を120%使いこなす方法
日本人の良さを再認識!私が世界一周中に触れた思いやりの心。
世界一周から帰国する前に準備しておく5つのこと

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。