ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【藤原和博×西野亮廣の未来講座②】「お金」とは何か

お金の話を避けて通るな

西野:

クラウドファンディング、みんな知っているってことでいいよね?

 

その前に、学校が何を教えてくれないかを把握しておいたほうがよくて、お金のこと全然教えてもらっていないと思うんだよね。

 

なんとなくお金ってなんか汚い、と思ってない?

 

これがヤバいと思っていて、お金音痴になったらヤバいと思うんですよ。

 

なぜなら社会に出たら必要だから。

 

 

25歳でつかんだ栄達、だったが…

さっきいろんな企画があがっていましたけど、企画を実現するときにお金は必要なのに汚いものとして敬遠しているのがヤバいと思っていて。

 

お金をどうやってつくるか、どうやって使うか、

まずはなんで自分がお金のことをきっちり考えようと思ったかをお話します。

 

遡ると、20歳のときに「はねるのトびら」がスタートして、25歳のときにゴールデンにあがって視聴率も20%を超えて、売れた感覚がありました。

 

冠番組もいくつも持って、朝はおはスタ、昼はいいとも出て、夕方はグルメ番組や自分たちのロケやって、夜は音楽番組、はねトびやって、各局で番組持って、大阪では漫才やってという風に、こうなりたいなって自分に25のときに行けたんだけども、なんか確かに生活はよくなったし、ちやほやされるようになったし、収入も増えたし、いろんなものが揃ったんだけど、スターにはなっていなかったんです。

 

芸能界の順番が変わっていなかった。

 

この山を登ったら景色が開けると思ったけど、結局登ってみたらそこにあったのはたけしさん、さんまさん、タモリさんの背中だった。

 

【21世紀型スキル総合コース 第2回】藤原和博×西野亮廣による「お金」とは何か

風は瞬間最大風速は吹いているし、この上ない状況まで行っているのに突き抜けてないということは、この分野では突き抜ける才能がないんだと思ったんです。

 

僕の目標は、ウォルト・ディズニーを倒すことだから、たけしさんを超す前に躓いている場合じゃないと思って、どうしたもんかな、と。

 

それで早々にテレビから軸足を抜いて、相方の梶原くん、吉本の方やテレビ局の人みんな呼んで、25歳のときにテレビやめるって話をしました。

 

それで空いた時間でなんかしなきゃなと思って、しかも先輩方がやっていないことをやらないと逆転はない。

 

何しようかなぁ、と考えていたときにタモリさんに呼び出されて、「お前、絵描けよって」。

 

それからですよ、絵を描くの(笑)。

 

大人が子どもをナメすぎている

絵を描けと言われたけど、絵が得意なわけでも、美術専攻でも、趣味で描いていたわけでもないんだけど、たまたま絵本の話になったの。

 

絵本はおもしろくないよねって、タモさんと。

 

何というか、大人が子どもをナメすぎているって話をしていて。

 

僕の絵ってすごい細かいんですよね。

 

それで親御さんによく聞かれるんです「これ子ども向けですか」「何歳児向けですか」って。

 

僕ももしかしたら使ったことがあるかもしれないけど、よくよく考えたら随分ひどい言葉だよね。

 

それって、自分よりも理解力の低いこの子でも理解できますかってことだよね?

 

かなりの偏見を孕んだ言葉。

 

それは言っちゃだめ。

 

そもそも僕ら子どものころって、そんな子どもだったっけ?

 

僕は4人兄弟で家はあまり裕福じゃなくて、幼稚園のときにお正月に親戚中まわってお年玉をもらうんだけど、「母ちゃんに渡して家計の足しにして」というのはわかるんだけどさ、そんなことしたら誰が傷つくって、母ちゃんだよね。

 

子どもに気を遣わせているって。

 

で、どうしようかといろいろ考えて、「母ちゃんこれ預かっといて」って言って忘れる。

 

誰も傷つけずお金を渡すことができる。

 

【21世紀型スキル総合コース 第2回】藤原和博×西野亮廣による「お金」とは何か

 

小学校1年生のときのこともよく覚えていて、西野家では年に1回外食するんだけど、父ちゃんは好きなもの食えって言うんだけどさ、食えるわけないよね。

 

ステーキだって2000円もするしさ、4人兄弟で行ったら結構な金額になるでしょ。

 

でも安いのでいいよって言いたかったけど、それを言ったら父ちゃんが傷つくよね。

 

だから肉よりも野菜のほうが好きってことにしてさ。

 

そうしたら誰も傷つかずに、父ちゃんの財布も傷つかずに済む。

 

これでいいだろうと。

 

そういう話をすると子どもの頃からしっかりしていたんですねって、言われるんだけど、でも考えてみたらみんなもそうだと思うけど。

 

幼稚園のときを振り返ってみると、あっちのグループに入ったらいじめられるからこっちにいようとか、結構今の自分たちがしていることを幼稚園のうちからやっていたの。

 

つまり僕たちは姿形はかわったけど中身はさして変わっていない。

 

それが大人になったときになんかわからないけど、すっぽり忘れちゃって。

 

子どもというのはこういうものが好きで、丸いものが好きで、カラフルなものが好きで、とかよくわからないマーケティングで、“子ども向け”といって大人が発動する。

 

それが顕著に出ているのが絵本。

 

小学生のころ、プラモデル屋によく行ってたんだけど、パッケージをよく見ていたの。

 

戦艦とか戦闘機とかよく書き込まれた写真みたいなやつね。

 

超すげー!って。

 

それで家ではラピュタとかナウシカとかを見ていて。

 

ジブリの作品はすごいでしょ、書き込みが。

 

宮崎駿すげー!って。

 

【21世紀型スキル総合コース 第2回】藤原和博×西野亮廣による「お金」とは何か
1 2 3 4次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき