体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

帝王切開の翌日は、笑うのもしゃべるのも激痛…私がたどりついた楽なベッドからの起き上がり方 by ウラク 

手術翌日に歩行開始。

先生曰く、癒着や合併症の防止の為、早めに歩き始めることは大切なのだそうです。

なるほど、理屈はわかる。

理屈はわかるんですけど。

f:id:akasuguedi:20180313175748p:plain f:id:akasuguedi:20180313175800p:plain 前回エピソード:出産後に感じた寒気は、出血が原因だった!「それなら私の血を…」母の優しさはやんわりと… by ウラク

痛い、想像以上に痛い。

お腹の傷の痛みはもちろん、子宮収縮の痛みがものすんごい。

あと手術痕がなぜか熱い。例えるならば、腹筋一万回した後の筋肉痛にガソリン撒いて火をつけられ、ぞうきん絞りされている感覚です。(←今見返すとワケが分かりませんが当時のリアルな感想。)

笑うのも、しゃべるのも、くしゃみするのも辛い…。 とにかく腹筋を使おうとすると激痛なので、ベッドからどう起き上がったらいいかわかりませんでした。

ざっとですが、私がネットであれこれ調べてたどり着いた、一番楽な起き上がり方を紹介します。

電動ベッドでよかった…。

f:id:akasuguedi:20180313175827p:plain f:id:akasuguedi:20180313175843p:plain f:id:akasuguedi:20180313175852p:plain f:id:akasuguedi:20180313175859p:plain f:id:akasuguedi:20180313175909p:plain

手術後は痛みが怖くてなかなか動けません。

産む前に、簡単にシュミレーションしておくことをオススメします。

(お腹に無理のないように…!)

立ち上がったあとは、カタツムリの速度でゆーっくり歩きます。お腹を押さえて、息をながーく吐きながら歩くのがコツです。

f:id:akasuguedi:20180313175943p:plain 関連エピソード:「歩けないとNICUに行けませんよ」帝王切開後の痛みに耐え、まだ見ぬ我が子のもとへ f:id:akasuguedi:20161202162307p:plain

著者:ウラク

年齢:27歳

子どもの年齢:1歳

2015年に二卵性の双子(姉弟)を出産。「双子育児、大変すぎて全然覚えてない!」ということにならないよう、インスタグラムに育児絵日記の投稿を開始。ボールペン1本で綴る双子との毎日を絶賛公開中。

【新刊情報】話題のふたご育児日記が待望の書籍化!『ウラクさんちのふたごちゃん(セブン&アイ出版)』

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

帝王切開術後、翌日から始まった怒涛の歩行訓練。痛みのピークから回復まで by pika
出産予定日から遅れに遅れ、帝王切開に。精神的にまいってしまったお産体験
布越しに耳にする産声で味わった双子誕生の瞬間。あれ、ふたりめの産声が聞こえない…? by pika

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。