体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベルベル人は怖い?そんなイメージを払拭したモロッコでの出会い

ベルベル人は怖い?そんなイメージを払拭したモロッコでの出会い

こんにちは、AYAです。110日間世界一周に出かけ、帰国してからかれこれ数年が経つのですが、あの楽しい日々をよく(しょっちゅう?)思い出します。

特に世界一周中訪れた国の中で、三本の指に入るお気に入りの国の一つがアフリカ大陸のモロッコ!

photo by AYA

なぜモロッコに訪れたかというと、世界一周前に作ったしたいことリストのうちの一つが砂漠でラクダに乗りたい!だったからです。

ワンワールドで世界一周航空券を取った私は、もちろんモロッコもプランに入れました。でもどこで乗るかは……未定。

「とりあえずどっかで乗れるやろー!」のモチベーションで出かけたAYAの、ラクダに乗るまでの行き当たりばったり旅を今日は紹介します。

 

アトラス山脈を超えてワルザザードへ

photo by AYA

ヨーロッパ周遊中、5日程旅程を取ってやってきたモロッコ・マラケシュ。

食べ物も文化もヨーロッパとは全く違い、新鮮な気持ちで空港に到着。しかしタクシーはあまり信用できなかったので、ほぼ徒歩で中心部まで目指すという波乱万丈な幕開けのモロッコ旅行でした。

photo by AYA

モロッコでしたいことは、ワルザザードに行き、そこからアイトベンハッドゥーを観に行くこと。そして砂漠でラクダに乗ること。

宿で「アイトベンハッドゥーまで行けばその辺でラクダに乗れるよー!」と言われ、次の日にバスで向かうことに決めました。早朝バスに乗り込み無事ワルザザードに着き、タクシーの値段交渉しながらアイトベンハッドゥーを観光。

photo by pixabay

満足しながらも宿に帰るも……砂漠はどこ?ラクダはどこ?

 

あれ、砂漠は?ラクダはどこ?

photo by AYA

ワルザザードは名前的に砂漠っぽい!と、勝手にイメージしていたのに、砂漠の砂一つ無い小さな町のワルザザード。宿で相談するも「ラクダや砂漠はメルズーガでしょ!」と北を指差され、え?ここではラクダに乗れないの?と落胆しました。

もうこのままラクダに乗る夢を諦めるべきかと迷い、夕飯を食べて宿のロビーでくつろいでいると、受付に旅行会社の人らしき人が。

 

フレンドリーに話しかけてくれたので、少し会話をしていると、

「どうしても砂漠に行ってラクダに乗りたいの?う〜ん……じゃあマハミドなんてどう?」と地図で指さしました。それは、アルジェリアとの国境付近の小さな町。

「マハミド?聞いたことないけど……でも、砂漠でラクダに乗れるなら!」

 

そんなこんなで、迷いながらもバスを調べ翌々日にはマハミド行きのバスターミナルへ。まさかの聞いた予定時刻が間違っていたのか、バス停で4時間待ち、遂にマハミドへ出発しました。

 

電灯のないサハラ砂漠の夜を駆け抜け辿り着いたマハミドでの出会い

photo by AYA

入り口付近にモスクがあり、土壁の小さな家が立ち並ぶマハミド。バスからミニバンに乗り換え夜のサハラ砂漠を駆け抜けてたどり着きました。着いた日は夜だったので、たまたま見つけたゲストハウスで就寝。

元々モロッコでの日程は1週間足らずだったので、マハミドで1日を過ごして翌日帰る旅程になりました。

夜とは全く違う雰囲気の町。ラクダに乗りたかったのですが宿主には高いツアーしか進められず、またまた諦めかけてサハラ砂漠へと散歩に出かけ始めていました。

photo by AYA

ロバが珍しくて写真を取っていると、2人の陽気なベルベル人が話しかけてきました。

photo by AYA

どうも2人はこの町の人みたい。とんでもなく陽気で、私が持っていた砂漠の人のイメージとは正反対。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。